この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-10-25 05:10:47

「センチュリー:トヨタ」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ランドクルーザープラドTX・・・通称プラド。先日、お別れが正式にきまったプラドくん。このプラドくんとまいどのふたりっきりの最後のデートです。

これはとにかくすばらしい車だった。1972年式 VG20 センチュリートヨタ2000GTよりも当時は高価だった。あたりまえか・・

日本最高級車と言えば、トヨタセンチュリー。輸出は考慮せず、日本国内にて皇室や官公庁、企業などでの使用を見込んで作られている車種です。

でも、さすがの乗り心地で、エンジンの音も揺れもないし、とにかく静か。高級感があって落ち着いた空間でした。 

判り易い記事を見つけました。どうぞ!パパも一度乗りたいっす。だって、セルシオだらけになったからさ。

発奮して会社を起こし、確か僕が小学校2年生くらいのときに最初の中古のセンチュリーを買ったんだそうです。

「センチュリー」よく大企業社長とかがのってるやつです。せっかくだから、いつもは乗れない車がいいからね。それにしても静かでスムースな車でした。

デイムラー・ダブルシックスにトヨタ・センチュリー。前回取り上げたネタだけれど。やっぱりV12というのは究極のエンジン形態であるね。

トヨタのフラッグシップサルーンとなる現行センチュリーがデビューしたのは1997年4月で、従来モデルの気品と安心をより進化させることを念頭に開発されました。

七宝焼きのエンブレムが高級感を演出しているトヨタセンチュリーです

2981ccがV型8気筒OHVで、最高出力150ps、最大トルク24.0kg−mだけど…3400ccのタイプは…どうなんだろぉ〜?(大汗)

選んだ車種はセンチュリー☆2周のコースをゆーっくり運転していただきましたさすが1千万超える車……

☆皇室御用達 センチュリーロイヤル☆        後席の広さ、重厚さ、雰囲気、内装色、どれをとっても一般のセンチュリーとは一線を画していますね

仕事の関係で ちょっと運転する機会がありましたトヨタの高級車 センチュリー!セルシオとは違うこの感じ

2008年2月28日は、香港の元朗安寧路へ出かけった時、トヨタセンチュリーリムジンを発見しました。驚きだと思いました。

ファイル0326 トヨタセンチュリー。車好きの方なら一度は耳にした事ある車かな?

トヨタセンチュリーの中は基本的にはVIPとかハイヤー用の移動席だが、池袋アムラックスでは静止状態で室内チェックができる。

ボンネットが長く、大きい車が好きである。横から見た姿が薄く長い姿、初代シーマ(Y31)や先代センチュリーL(G45)が私がかっこいいと思うスタイルである。

FC(燃料電池)等の新技術を搭載すると、もっとお金が掛かっても、まぁ良いんじゃないのかなって思います。

朝から後輩が遊びに来たので、僕のセンチュリーと後輩のセンチュリーを2台並べてみましたセンチュリーを2台並べると、さすがにゴツイね同じナンバーだし

新御料車"センチュリーロイヤル"の概要が発表された。納車(?)は7月7日だったそうだ。

センチュリーこそ、一章乗る事はないだろうな、試乗もできないだろう。運転手に自分がなるなら

見ていたらいろんな人がセンチュリーに乗っていたのだけど、なぜか後ろに乗るんだよね

先代型は一度、乗せてもらった事がありますが、やはり高級車ですね。マッサージ機がついていて当時、ちょっと感動しました。

トヨタ センチュリー 1000万円オーバーっていう最高級車。よく総理大臣とか、議員さん乗ってる車に乗ってきました

今回はトヨタを代表する一般人向けではない高級車!センチュリーですコレ、、マジでデカイっす実はコレ好きなんですよね〜♪ビッグセダン♪

初代のデビューはなんと1967年に至り、1964年の2代目クラウンに設定されたワイドボディ仕様のクラウンエイトの後継車としてデビューしたクルマです。

トヨタの誇る最高級車センチュリーです。エンジンはセンチュリー専用設計されたV12ですエンジンルームの写真を撮り忘れてましたが・・・

いや、にるこむ様のページ見て思ったんだけどね大体レクサス(笑)なんか買える金あるんだったらセンチュリー買おうぜ

「センチュリーロイヤル」は8人乗りのリムジンで、車内に天然素材をふんだんに使い、低燃費、低公害車ということです。

トヨタのセンチュリーのハイヤーに乗って羽田空港までお客さんをお迎えに行くことになりました。まずは、東京駅丸の内北口にて運転手さんと待ち合わせ。

見た事有るような、無いような…。調べて見ると、天皇御料車の 『 トヨタ センチュリー ロイヤル 』 と、言う車でした。

皇室なんかも御用達な、センチュリーも座ってみたんです。座り心地のいいのなんのって!

昨日あふたーから帰るときトヨタのセンチュリーって車のタクシーにのったの。すっごかったぁ!

好きな人は一発でわかると思いますが、ボディカラーは「摩周(ましゅう)」です。個人的にすごく好きでした。

その乗りあじは・・・まさにセンチュリーな気分でした・・・  ドアを閉める時の音・エンジンをかける時の音・車内の静けさ・・・etc。

センチュリーって実はTOYOTAのフラッグシップモデルなわけだが(セルシオではない)、レクサスが出たらだうなるんだろう?

びっくりしたのは助手席と後ろの座席の両側に灰皿とシガーライターが内蔵されてるわけですよ。

運転席との間も足を組んでも十分のゆとり本当に音もなく滑り出すとはこういう事を言うのだろうと思いました。

日本を代表する最高級フォーマルサルーンとなるトヨタセンチュリー。国産乗用車系としては唯一のV型12気筒DOHCユニットを搭載する。

●エンジンスタートキーを捻るがセルモータが回りエンジンがかかるという感覚が感じられない。エンジン始動自体が無音で行われている感 覚です

ちはやの家にある車です。父は、「公用車」ってよんでます。父がお仕事に行くときに使っています。

前を走っている車に追いつきました。車種はトヨタのセンチュリーですよ、センチュリー。

昭和42年に豊田佐吉生誕100周年を記念して、初代「トヨタセンチュリー」が発売されました。

トヨタの1000万を超える最高級乗用車のセンチュリー 。そのボディーカラーの名称がおもしろかったので紹介します。

大阪市が市長や助役の高級公用車6台を売却した。約1000万円で購入した市長用のトヨタセンチュリーが430万で落札。

ある意味そこらのベンツより高いし快適。世界のトヨタの最高峰車。レクサスとは格が違うわ。

トヨタのセンチュリー改でした。改といってもエンジンやサスを変えている風ではなく,単に後部を貨物用にストレッチしただけのようで,静粛な室内とワイドな車体

トヨタ センチュリー平成16年 4.1万Kmワンオーナーで、ビックリするぐらいピカピカの内外装です。 V12 排気量5000ccが生み出す静粛性は、独特の世界観を生み出します

センチュリーやプレジデントは、かなり旧世代に属する社長車と言わざるを得ない。

通勤で急いでいる私の目の前に、なんとセンチュリーのタクシーが現れた。

トヨタセンチュリーは運転手さん付き自動車。価格は1千万。V12。片方こわれても走れる能力あり。

この車両はコンピューターを多用していて、それぞれを光通信しているという旧年式の割りにハイテクな装備をしています

画像はご存知トヨタ・センチュリーです。昭和42年(1967年)に発売されまして、平成9年(1997年)までフルモデルチェンジをしていませんでした。

2代目センチュリーに試乗しましたのでプチインプレッションをお伝えします。1回300円で専用コースを2週することができます。

またしてもいい感じの物件を見つけてしまいました。トヨタ・センチュリーの中古車です。センチュリーといえばトヨタピラミッドの頂点に立つ車で、いわゆるVIPカーです

上の画像は「トヨタ/セルシオ」との並び、下は「トヨタ/センチュリー御料車(7料)」との並び。

今さら題名のトヨタの凄さについて触れたいと思いますが、トヨタのセンチュリーは国産唯一のV12です。

カテゴリ:トヨタ|テーマ:センチュリー:トヨタ|更新日時:2017-10-26 03:10:01

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>