この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2008-03-07 07:03:37

「ティグアン(Tiguan)フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ティグアンはVWの小型SUVです。トゥアレグに続いて2作目となります。ゴルフをベースに開発されており、エンジンもTSIが搭載されています。

本日、ティグアンに「スポーツ&スタイル」が追加されました。実は先週試乗してきました。

Tiguanのリースの契約をしにVWの販売店に行ってきました。そこには3月30日にデビューしたTiguan Sport & Styleが展示されていました。

いやいやとうとう来ちゃったよ、ティグアンの Sport & Style。価格が422万円〜。Track & Fieldから+55万に抑えた。

Launches Special Edition Tiguanって どうなんでしょうか 見た目はスッキリしていて、いい感じ。室内も適度な高級感もあり、いいですよね^^

やっぱりやってくれましたね〜VW(笑)まだ発売して間もないティグアンに「Rライン」を設定するんだもんな〜

「Track & Field」ならぬ、「Track & Avenue」大径のアルミホイールや、専用エクステリア、ルーフレールもシルバーに塗装されていますネ

来ました!Tiguan 2.0TSI 4MOTION 6ATSport & Style(黒) Track & Field(白デモカー)

扱いやすいボディサイズと、なんといっても360万円という低価格でコンパクトSUV市場をぜ〜んぶ伸しちゃうんじゃないの?

Tiguan(ティグアン)だけじゃ、よほどの人じゃない限りわかりませんよね?Tiguanとはフォルクスワーゲンが出したSUV車の事です。

さっき、VWの営業さんから電話があって、ティグアンのSport&Styleが発売になったようです。

ティグアンの燃費で検索する方が多いので静岡市から白川郷の燃費を参考までに載せておきますね。行きの燃費【12.7km/l】

Tiguanに乗る機会がありました。シートとかの内装は、ちょっとチープなイメージを持ちましたがエンジン最高!

ティグアンの総評価・・・80点くらいかな外観は、私好み。内装は、安っぽい・・・随所で貧相さが目立ちます。

今日も昼からVWに行って参りました〜高速道路を試乗させてもらい、予想通り走りもちょー安定。言う事無しの車でした。(^-^)/

フォルクスワーゲンTiguanがかなりいい。今流行りのSUVだが、他のメーカーのラインナップに比べて、コンパクトだし価格もお手頃(他社に比較してね)。

ちょっと見難いかもしれませんが、この日本では受注専用レアカラーである「マウンテングレーメタリック(Z3)」がここまで深く味わいがある色とは思いませんでした。

どうやらあちきのティグアン君には持病があるかも。4月にも一回あったんだけど、Pブレーキの警告灯が点いてエンジンが切れなくなる。

Tで街中で走ると、なんだかゆったりした運転となって、性格まで穏やかなような・・・な〜んて じっさいには、走り始めが・・・重さのせいで、とろいのです・・

アウディ・ワーゲングループですから、エクステリアとインテリアの質感の次元が違う・・・勿論、アウディに比べれば、あくまでも超実用車レベルではありますが・・・

ティグアン(SS)のシルバーです。2010年モデルとのことです。色は白がカッコいいのですが、洗車をほとんどしないので、この色です。

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:ティグアン(Tiguan)フォルクスワーゲン|更新日時:2008-03-07 07:03:37

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2008-03-07 07:03:37

「パサートCC:フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

今、ヨーロッパの主流になりつつある「クーペスタイルのセダン」 その中の1台VW Passat CCです。

パサートCCは試乗会に行き損なってしまい、ちょっと気になるクルマでしたのでここで乗せてもらいました。

あんまりセダンには興味を持たない私ですがこのスタイルにはやられてしまいました。調べてみたらこれパサートCCって言うんですね。

フランス車乗りの二人組がパサートCCに試乗してきました。なかなかの乗り心地で、ドイツ車の中では今一押しです。

メンズクラブ2月号で取り上げたパサートCC。知的でスマートなブランドとして、人気のフォルクスワーゲン。新型車種のパサートCCに乗ることができました。

こないだパサートCC初めて見ました。おー、けっこうカッコいいじゃないですか。メルセデスのCLSよりこっちの方がいいね。

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:パサートCC:フォルクスワーゲン|更新日時:2008-03-07 07:03:37

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2008-03-07 07:03:37

「ルポ:フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ルポ GTI元来VWゴルフのスポーティーグレードとして設定されてきた GTI がルポにも設定された。

ちょっとかがんでこの角度から見るルポがお気に入りだった。この「ヌメッ」とした感じと塗装、ボディのツヤがなんともいえないかわいいヤツでした。

フォルクスワーゲンルポGTI君の足下を冬仕様にしました。プリっとジャッキをかまし。別アングルから。あまり上げすぎますと、フロントタイヤも持ち上がります

久々にLUPOカップカーに乗ってみました・・・という粗大ごみを出す為に会社の軽トラとトレードしてきただけですが中々面白い車ですね〜

後継車的存在のFOXは日本市場に導入されませんでしたが、ガソリン以外を動力源とするモデルで必ず戻ってくるはずです。

マイカーは ルポGTIって、小さな車です。なんかもふっとしてるし、丸目がキュートでかわいいし、軽くてきびきび走る、なかなかなやつです。

僕の家は、ポルシェ カイエンの他にVW ポロスポーツを所有していますが、本来ならルポ GTI が欲しかったです。

今日、新しい車きました!!ワーゲンのルポです。軽四ぐらいの大きさで初心者の私にぴったんこカンカン。

性能で車選ぶのは当然ですがこっち(デザインやカラー)優先で選ぶと楽しいデスね。年配の方にも好評です

LUPOを出した時、、左前タイヤの空気が良く抜けるので、、チェックしてもらったら、、パンクではないが、、もしかしたらヒビからもれているかも

タイプR購入時に競合した車のひとつがルポGTI。ルポ自体、フォルクスワーゲンのエントリーモデルで、日本の軽を一回り大きくしたような車格。

今日駅前で色鮮やかな小型車を見ました。今は無きVolkswagen Lupoの黄緑色です!!

何年も前から一度乗ってみたいなぁと思っていた車である。小さいボディーに秘められたパワー!!みたいなのが大好き。軽並みのボディーに1600ccのNAエンジン

家にVWルポGTIがやってきて、はや3年3ヶ月が経ちます。おかげさまで「ノートラブル」です。去年は無事に初車検もパスしました。

その最右翼がVWルポGTIだ。このカタログは03年のもの。1.6LDOHCエンジンとレビントレノを彷彿とさせる。

ルポのGTIを見ました。格好良いです。目つきがたまらんです。またあの車体の短さがとても引き締まって見えて、たまらんです。

ルポGTI購入から3年が経ち、先日初の車検に出してきました。車検に出すにあたり、通常の車検整備メニュー以外に以下の4点を依頼しておきました。

『VW ルポ』 さんであります因みに この『ルポ』さん、右ハンドル仕様でして 約3ヶ月振りに右ハンドル車を運転した『おっさん』

ネットのカタログ見たら、3m60たらず、でも、デュアルサイドエアバッグ、ABSなど、 どっかのお国の「かんばん」方式で生産される車とちがい、安全性十分なようで。

本日、ルポ様のオイル交換ですケンズガレージオリジナルの100%科学合成オイル〜1500で2480円にしようとしたが。安くて怪しいので今回はパス。

遂に念願のマイカーを手に入れました。車種はワーゲンのルポです。

まだまだ飽きずに楽しく乗れるルポ君、もう5年なんです。そして2回目の車検、かなり憂鬱です。一体いくら掛かるやら…

さてそんな中、7月から探してもらっていました、VWのLUPO!昨日めでたく納車でございました。

えっ? 何がって?そんなモンは決まってるでしょ♪せっかく30,000Km突破したってのに、あっさり壊れよる。。。

オールアルミ製のDOHC1,400cc75psで、国産同サイズのコンパクトカーとの比較でも遜色はなく、ジャスト1トンの軽量ボディーのおかげでCoolな走りが堪能できる。

ドイツ フュッセンで見かけたフォルクスワーゲン ルポ 1.4 のPhotoです。日本にもインポートされてきました同グレード。

VWにルポというポロより小さい車が2005年頃まで売られていた。今日スーパーで駐車しているのを見かけて雑誌の広告を思い出した。

VWルポ? 入庫するまで、全くしりませんでした、この車。ポロを少し、小さくした感じです。

現在、フォルクスワーゲンのラインナップで最も小さなモデルはポロだが、少し前まではルポというモデルが存在した。

運転席側のパワーウインドウが動作しなくなりました(;^_^A アセアセ…

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:ルポ:フォルクスワーゲン|更新日時:2008-03-07 07:03:37

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2008-03-07 07:03:37

「ポロ:フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

「ウォルフィ」はフォルクスワーゲン ポロ1.4フェリーチェ(既に終売)と言う限定車です。

今日のお客様Polo GTI Cup Editionを撮影!なぜか私のトゥアレグもお隣に並べさせていただきました。

歴代の通勤車はサニー、フェスティバキャンパストップ、VWベントそして現在のVWポロである

フォルクスワーゲンさんちのポロ君です。ランプバルブのシェードがヘッドマーク型になってる。

フォルクスワーゲン(VW)のスポーツモデル「ポロGTI」をベースにした、200台の限定モデル、カップエディション。

先月でしたでしょうか、フォルクスワーゲン・ポロに国内200台限定でGTIカップエディションという限定車が出ました。

もちろんMT 運転するのが楽しそうでも足が短い、MTのクラッチが届かない私には縁が遠いクルマ・・・

ついに発表されました!新型POLO。全長3952×全幅1682×全高1454mm。

安くてオシャレなのがいいし♪基本4駆とかSUV系が好きなんですが車検や重量税がどうしても高くなるし(;一_一)

で、新型だ...昨今のVW定番メニューとなったラインナップ。TSIとDSG。あとは車としてどのくらい愉快に仕上てあるのか??

VWポロ、約3年半の付き合いでしたが、処々の事情で一時休眠。今月限りで車検半年残しでナンバー切を決めました。

最近フォルクスワーゲン ポロのCMがよく流れておりますが、YAHOOの知恵袋などフォルクスワーゲンは、ひどい書かれようですな

代車は、VWポロ。 しかも、まだ走行6000km程度で新車の香りが漂っている。様々な意味で、ALFAとは対極にあるクルマだけど、いざ乗ってみると、これが快適!

NさんがCROSS POLO って言うんだ〜^^都会的で洗練されたポロと、アクティブな遊び心をクロスオーバーさせて生まれたクルマ、クロスポロ。

プジョーの車検に続き、ポロの12ヶ月点検がやって来ました。こちらも大きなトラブルも無く、無事一年が過ぎ3600km走行・・・・少なっ

運転席側のドアトリムに浮きの出たポロですが・・・・・昨日、ディラーへ見せた結果・・・・部品交換ということになりました。

助手席側も何時落ちるかとしばしトラウマになっております(汗)ポロオーナー君、雨降り、寒い時期のためガムテープは必携だと思います。

いまさらですが、VWの『クロスポロ』です先日本当に久しぶりに見かけたんですが、独自の世界観があって良いですね

これは納車後数日から気付いてはいたんですが、スピードメーターの30劼50劼里箸海蹐棒屬い靴襪靴あるのよねぇ。

3月にくるまの車検を受けました。我が家のフォルクスワーゲンポロも 5年目を迎えてますます愛着がわいてきました

リアートランク中央には、大きなVWマークが付いていますが、初代ポロ時代のVWマークは、Volkswagenのロゴと共に、小さくVWマークが入っています

フォルクスワーゲン ポロです。あとで、発売されるTSIも気になるけど、まぁ足車ならこれでも良いかな?と。

単身赴任で乗る車をあれこれ迷ってVWのポロにした。4駆も考えたが狭い道を毎日のように走るので小型の車に決めた。

○動力性能は標準的な1.3L並み。フィールが気持ち良く、エンジン音が低音で心地よい。○燃費は、14.72km/L(山道、一般道走行)は良い方と思う。

バンパー造型もお気に入りの一つ。エアロの装着はなくても、先端の処理も凝った造りしています。アンダー部分は清流板もあってく空力処理もちゃんとされていそうです。

新型ポロが発表されたが、なかなかカッコイイっす♪GOLF 困GTIとそっくりですやん。

・・で、決めたのがVWポロ。赤や銀、紺でも良かったのですが、あまり見かけない青に結構魅了されました。

丸目の前期(9NBBY)でジャズブルー、サンルーフ付き。ただいま納車待ちなのデス。

ワーゲンポロをお預かりしています!今の日本車とは比べてはいけませんが、意外とこの質素な内装が好きなんですよね!

浮気性なボクの目に止まったのが、『フォルクスワーゲン・ポロ』である。このポロは本国ドイツでは既に発売されているものだが、日本への導入は来春になるらしい。

家のクルマMB A160が引退してVWポロ1.6スポーツラインがやってきましたかなーり、いいドライブフィーリングで運転する事が楽しいクルマです♪

代車にポロを半日出していただいた。(なかなか代車って出てこないものなのよ、VW東京の方に感謝)

で、リフレッシュした愛車とご対面。フォルクスワーゲンのポロ君です。

アストラクーペの車検中借りている代車のフォルクス・ワーゲン ポロですが、コンパクトなサイズなので、とても運転しやすいクルマです

ところが・・・普通、車の色番号はボンネットの中かドアのところにあるプレートに記載されていますが、うちのポロには書いていません。

ポロはガンガンに走るのではなく、神戸の北野坂周辺でユッタリとお洒落に乗るような車でしょうかね。

一時期Poloを考えたこともありました。Golfよりも小さい分お値段も安いので、高いグレードが狙えたからです。

納車して2週間。ワーゲンのクロスポロ。今でも、走り出しの重さになれないが、走り出すと快適。扁平40ゆえ細かい振動が伝わるが、許容の範囲だ。

その昔 ルポは試乗した事あったけどポロは無かったなぁ〜と思い試乗してきました…VWポロ

うちのポロちゃんを洗ってあげようっと!ポロちゃんは、ヨーロッパ生まれで賢そうな顔しております。

一瞬ゴルフかと思いましたが、今週から中途入社した新人クンのポロGTIでした。ポロのオーナーから言わせるとゴルフは「でかい」そうです。

助手 「所長、フォルクスワーゲンのポロ、見てきましたよ。」所長 「ほぉー、どうじゃった。」助手 「いいクルマでしたよ。」

国産・輸入車のマイナーチェンジといえば、前の形を残しつつ変える感じですが、このポロときたら、あれ!?フルモデルチェンジ?て言う感じの変わりかたです。

久々にVWのポロ。中々良く出来ています。(ドイツとかスイスでは1.4の¥エンジンで無いとチョッと辛いですね。馬力不足。)これは 最新モデルではなくてその一つ前

最近お坊ちゃまくんは、車を買いましたワーゲンの赤いポロちゃんです私はビートルが好きだけど、とにかくワーゲンに乗れるだけで嬉しい

次はワーゲンでも良いと思い始めている。ポロの何が良いか、まず、全体のフォルムだ。これは10年乗れそうだぞ。

自分が乗りこなせるコンパクトカーが希望で、自ら国内外の自動車メーカーのショールームに出向いて試乗して、そうやって決めたのがVWポロでした。

昨日は待ちに待ったポロの納車日でした。まだなれないのでどこに何があるかわかりませんが、なかなか良く走ってくれます。しかもかわいい。

今週月曜日から突然発生した警告灯今日もいつもの様に朝、エンジン掛けても消えない警告灯。走った感じはいつもの走り。ノープロブレム!!

VWポロ(9N前期型)に乗って6年が経ちました。6年も同じクルマに乗ったのは最高記録です。(←基本的に飽き性^^;)

自分の愛車はフォルクスワーゲン ポロなんです。1番手前のグレーのヤツね 見た目はカッコイイと思う。でもワーゲンはボロクソワーゲンて言われるけど故障多いっす

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:ポロ:フォルクスワーゲン|更新日時:2008-03-07 07:03:37

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2008-03-07 07:03:37

「パサート,フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

VW PASSAT CC今年の年末発売で動いているそうです。

フォルクスワーゲンの「パサートCC」は、メルセデスベンツのCLSに似た、屋根の低いセダン(というか、いわゆる“4ドアクーペ”)である

今日は、仕事を早くあがれたため、VWに出向き、今月4日から発売になったばかりのパサート・バリアントR36を試乗して参りました。

フォルクスワーゲン!!北米で開幕したデトロイトショーでぇ〜ド〜〜〜ンパサート 4ドアクーペ

アクセルを踏込むと、7000回転辺りまで一気にエンジンが吹き上がり、体がシートに押さえつけられるような加速!

2011年に販売予定の次期『パサート』。パサートの名を名乗るかどうかも分からないけど、北米生産で、当然ターゲットも北米みたい。

乗ったグレードはV6 4MOTION 4WDで500万円位の車です。V6 3.2リッターエンジンを搭載、駆動はBORAからずいぶん進化した4MOTIONです。

2800佞離┘鵐献鵑任垢、パワーは十分にあり、どんな速度域でも瞬時に加速していきますが、4WDのお陰で、安定した走行をしてくれます。

次の子も同じVW 同じPASSATなのですが、・世代は 3B ⇒ 3Cとなり・エンジンも 1.8 ⇒ 3.2となり・ミッションも 4AT ⇒ 6DSGとなり

このグレードは平成16年頃に売ってたようですが、 4リッターSOHCW型8気筒エンジンを積んでた様です。

今回はフォルクスワーゲン・パサートについて独断で偏見述べちゃる!!!・・・とは言うものの、パサートでもV6・4MOTIONオンリーやけど・・・。

なっがい名前ですがパサートのツーリングワゴンでV6エンジンを積んだ4輪駆動のインディビジュアル社が内外装に特別仕様を施した限定車です

先日、神戸へ旅立って行ったパサートですがこんな感じになって帰って来ました 何が変わったって?

パサート・ヴァリアントの走行距離はちょうど888kmとなりました。この間に給油が2回、平均燃費は8km/lぐらいかなぁ...

この色のパサートはおしゃれですね。当時からいいなぁと思ってます。

パサートが納車されてはや3週間。 走行距離がおよそ700km。乗るたびにエンジンもサスペンションも馴染んでくるのが感じられる。

我が家の次のマイカーですが、ワーゲンのパサートになりますた。見た目は普通のセダンなんだけど、うちが買ったパサートはW8 4MOTION…!!

VWパサートCC 今年の後半に日本へ入ってくるようです。全長4796 全幅1856 全高1420

ついに来たぁぁあああ!というわけで、本日パサート君が無事納車となりました。で、早速ドラポジ合わせも兼ねてぐるっと走ってきました。

2枚目はハンドル越しにて夜ってイルミネーションは大事だよね〜〜結構いけてるでしょ〜〜〜

今回は現行パサート1.8Tセダン。今まで2リッターやV6搭載モデルのパサートは試乗しましたが、ベースモデルは初めて。

昔大古車のパサートを38万円で買いました、ほんとはゴルフにしようと思いましたが、トランクが別なのでこちらにしました

棟梁待望の足がやってきました、一昨日。VolkswagenのPassat Wagon V6 4MOTION(2002)というクルマです。

愛車、フォルクスワーゲン パサート ワゴンの法廷12ヶ月点検をした。こちらの予定としてはざっとのチェックとエアコンフィルターの交換。

今回このゴルフとパサートの両車に「コンフォートライン」が設定された。が、ここで間違えてはいけないのは、同じエンジンではないということ

先日発売されたパサートTSIコンフォートラインですが、インプレッションでなかなか評価が高いですね。

VWパサートにも、低燃費なTSIが追加されましたよ〜VW パサート TSIスポーツラインを追加

丸5年を過ぎればこんなものかもしれませんが、、、夕方に店の駐車場から走り出そうとしたら、なにやらエンジンルームからウィーンウィーンと音が聞こえます。

今の所燃費を計算すると一般道で7〜8km/L、高速で11km/L位でしょうか。ぷりわごちゃんとほとんど変わらない燃費で正直驚いています

パサートにもTSIエンジン搭載か・・。パサートのサイズで1.8リッターのTSI、いいかも。

いやーー暇だったのでVWのホームページを見ていたらやっぱパサートカッコイイですね!!

フォルクスワーゲン・パサート知ってるヒトは少ないんじゃないかネ。 超マイナーだけど、当時VW社のフラッグシップモデル。

今日は、フォルクスワーゲンのパサートに追加されたCC(コンフォタブルクーペ)に試乗。

修理で戻ってきた我がパサバリ、やっぱり気になるのが、ワイパーの位置。

パサートR36を購入したので乗せてもらいました。やっぱり最新の車は違いますねぇ。特にDSGはとてもロボットMTとは思えない出来でびっくり!!!

水泳仲間がVWパサートを買いました。古い物なのであちらこちらてを入れる必要が在ります。

パサートの10月、11月の燃費を追加しました。10月は全て7km/L台を記録して良かったんですが、11月はひどいもんですね。

最近、私の愛車(VW パサート V6 4motion)を可愛がってあげていなかったので、リアモニターを取り替えてあげる事にしました。

1998年式パサートワゴンの車検整備。写真1枚目が交換するパーツ一式。タペットカバーガスケットとプラグのみ撮影前に、すでに交換済み。

パサートを2台乗り継ぎましたが年式・色・グレード・装備など全く一緒     初年度登録と走行距離が違うだけでした。

その中でも、パサートのB5(3B)です。窓枠がブラックアウト(クロームでない)し1.8ターボ150馬力もあります。

四駆で300馬力で(性格には299馬力)ワゴンで、0-100km/hが5.8秒でおまけにずっと興味をもってた磁性体ダンパー標準装備。これ、コルベットで最初に使われたんだっけ

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:パサート:フォルクスワーゲン|更新日時:2008-03-07 07:03:37

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2008-03-07 07:03:37

「ニュービートル:フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

今日の車はフォルクスワーゲンのニュービートルカブリオレです。この車が登場したのは2003年でした。

さて、愛車の「フォルクスワーゲン・ニュービートル・カブリオレ」に念願の「ETC」と「NAVI」を装着しました。

旧ビートルの駆動方式はリヤエンジン&リヤドライブのRRですが、ニュービートルはフロントエンジン&フロントドライブのFFになりました

わぁ〜〜〜〜〜い!!笑とうとう、我が家にやってきました♪VWのニュービートル「ビンテージ」♪

今日の画像は、このフォルクスワーゲンの生産する『ニュービートル』です。

世界で一台だけの、「アート・ニュー・ビートル」「押切もえさん」 がプロデュースしました。

親父の車の「2代目ニュービートル」まだ、来て間もなく、毎朝通勤時のみに使用だから、長距離はまだでろくに慣らし運転もしていないな。。。

乗り味・エンジン音・共にゴルフ4GLIですが見た目・・魅力のある車種かと思います。外観と内装の広さに加えよく走り、燃費もよく、2.0ですし税金が安めなど良い

娘が帰ってきましたので今日は1日、車を替えてニュービートルに乗ってみました。久々のガソリン車・・・早〜い。

フォルクスワーゲンのニュービートルが6速AT化されました。従来の4ATから一気に6ATになったおかげで燃費が4〜7%改善されるそうです。

毎日、暇さえあればyahooでニュービートルで検索のありさま。。。確実に、NB病が体の中に増殖しているみたいです

昨日脱皮したところをUPしたのが このNEWビートル当然、type気澆燭い剖冷じゃなく・・・・

昨日から丸ビルのイベントスペースに展示されています。ニュービートルの発表だとか(^_-)朝のニュースで押切もえちゃんがこのビートルと一緒に映っていました♪

2年くらい前欲しいなー♪と思っていたニュービートルのグリーン!!かなり近所(駅で2駅)で販売されていることに運命を感じたモモン

インポートカーショーで撮った、ビートルのピックアップ。決してVWが造ったものでは無く、どうやらピックアップ専門誌が改造したものらしいです。

フォルクスワーゲンのニュービートルは私も知っている。フォルクスワーゲンといえばドイツの外車で、昔の名車ビートルをモダンにしたような車である。

ニュービートルです♪買ったのは自分ですけど、実は使用してるのは僕ではなく妻です^^;遠出する時はよく使ってますけどね☆

2012年にニュービートルがモデルチェンジをするらしい。クーペボディとカブリオの二本立てらしいのですが、より多くのスペースを確保する為に大型化してしまうらしいんです

先々週の点検で、パワステとブレーキの配管からの軽微なオイル漏れが見つかったので、それの修理をしてもらいました。

昨日買ってきたニュービートル予想以上に程度のいい車でした。残念なことにETCが付いていなかったので在庫不足ながら同業者から分けていただきました。

しかし安心のハズのニュービートルだが、高速の途中でエンジンルームから異音が・・・ん!?カラカラとディーゼルみたいな音が????

ニュービートル‥たぶん名前合ってるかな お友達が憧れの車を買ったそうです

VWから(欧州市場で)限定車登場。その名もズバリ「オレンジ&ブラック」。先のM3といいオレンジ流行中ですが、さっそく合併によるポルシェの資産活用か

ニュービートルがやってきてからというもの、ドライブが楽しくて仕方ない。とはいえ、まだ数回しか乗ってないのですがね・・・

ニュービートル プラス ちょっと古い00年型の右ハン。 前だけちょびスポイラー付きグレードがプラスなので、レザーシートとサンルーフが標準装備! 

ニュービートルのメーターです。燃料満タンにしました。トリップメーターもゼロにしました。ちょっと燃費でも計ってみようと思いまして。

このニュービートルもう生産開始されて、10年になりますがとてもかわいくて、愛らしくて、癒されるというか、なんといいますか・・・。

ツイに買っちゃいましたまだ家には届いていませんが多分今週末には来るかな?

車を購入検討中なんだけどデザインでは昔からニュービートルが好きでほしーんだけど・・・燃費とか気になるから調べてみた

夫の愛車ニュービートルのエンジンがかからなくなった  しかもこれが初めてじゃないからむかつく

たまに違った車です  よくダメになるみたいでリペアーkitが出ています、ドイツ車のこの手のワイヤー式は良く壊れます

昔からビートルに乗るのが夢で、この頃その思いがマックスなんです。 欲しいのは、新車のハーベストムーンベージュ色(2.0)です。

「10年乗れる車を」との思いで、いっしょになったニュービートルです。9年と6ヶ月で、夢の10万キロを達成しました。

代車が来ました。ニュービートルです。中は意外に広く、ツードアでも前部シートが大きく前に倒れるので後部への乗り降りは楽でした。なかなか面白い車でした。

ニュービートルのエアコン修理を出しました。先日、前もって原因追及をさせていたので昨日は交換して「直りました!」という声を聞きたかったが・・・

ワーゲンのニュービートル可愛いなぁ。パステルっぽいイエローが何とも言えず。 ミニクーパーの次に好きかも。

ちょっと寄り道したあと、エンジンが始動しないビュービートルが入庫しました。少しおくと、また再始動するみたいです。

もともとドイツ車でサンルーフをつけるのが間違っていたのか、この車はよく雨漏りがする

愛車のニュービートル。3年目での、初の車検!!金額は14万円なり。たっかーこんなものなんかもしれんけど高いよぉ。

新入社員の分際でニュービートル買っちゃいましたよwグレードはEZですがそんなの関係ねぇしかも新古車だぁ!

ニュービートルにビンテージがラインナップされましたね。ウインドウからかすかに顔を見せる、ボルドーレッドのヘッドレスト。

やっぱり特別仕様車はお得感あるねえ。クーペとカブリオレが選べます。このカラーだったらカブリオレがいいかも。

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:ニュービートル:フォルクスワーゲン|更新日時:2008-03-07 07:03:37

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2008-03-07 07:03:37

「トゥアレグ:フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

今回アウトシュタットで行われた環境ワークショップの目玉は、2010年に市販される「トゥアレグ」のハイブリッド車と、次世代ディーゼル技術である。

そうするうちに、三上さんの友達が3.2L/V型6気筒を積んだフォルクスワーゲン・トゥアレグに乗って登場。運転席に乗せてもらいました。

”TOUAREG”、日本語表記しますとトゥアレグです。

お待たせ致しました。本日可也ご機嫌に納車させて頂きましたVWトゥアレグのお披露目です♪

トゥアレグに乗り込む母親が、「高くて乗り降りしにくい」  ・・って、結構苦労してました。確かに、車高高いから、乗り降りしにくいのかも。

ワッペングリルと涙目(?)のライトがフォルクスワーゲンの一門であることを証明しています。

普段から決して見る機会が少ないワケでもなく、デモカーならいつでも自由に(?)ハンドルを握ることが出来るTouareg

気になる車・フォルクスワーゲンのトゥアレグです!V8の4.2Lがいいですよねぇ〜!以前、試乗だけしましたが広いしのんびり運転できていいですよぉ〜!!

Touaregって、黒か紺ばっかりで、最近でこそ新色の白とか見かけるようになったけど、これは受注生産色の色なんだよ!

今日は、ちょいと早く切りが付き久々にトゥアレグ登場です!連休前は忙しく、連休中は暑すぎてサボリ気味の洗車!

実際、運転してみるとかなりどきどきしますよね。かなり、迫力がありますしね。色は、紺色でレザー仕様です。エンジンは、V8ではなくV6です。

VWのトゥアレグです。もの凄く高級な4WDです。。。どんだけぇ〜って位の豪華な装備。ある意味、感心しながら眺めてしまいました。(笑)

VWトゥアレグです。購入前に一緒に試乗に行ったのですが、V6モデルのパワーに物足りなさを感じた兄に無理矢理V8モデルを選ばされたようです(笑)。

大きな変更点としては、きのこミラーといわれるフロントにとってつけたような大型ミラーが付いてますが、それが外れるようです。

マイナーチェンジでフロントがワッペングリルに変わったトアレグは何気ないデザインだったその外観が威厳のある感じにかわり好印象です。

我が家の愛車をご紹介します。フォルクスワーゲントゥアレグ(VolkswagenTouareg)です。購入は去年の3月。旦那と私の一目惚れで購入しました。

トゥアレグを買って1ヶ月。車を乗り出したらいろいろやりたくなって来るものです

こちらがW型12気筒を搭載したトゥアレグです。もう中古でしか手に入りませんが僕も欲しいクルマです。

それぞれに好き嫌いが分かれます。僕が好きなのは・・・トゥアレグですね〜。カイエンやQ7には無い無骨さがイイカンジです。

その結果、、、、最初は、リッターあたりが、9.0だったのが、、、、、徐々に伸びて行って、、、、10.0を超えて、、、、10.5を経て、、、、

VWトゥアレグに乗ってきました大きさはのってしまうと気にならないです。結構内装は派手ではないですが高級感があります。

本国では2002年から、日本では2003年夏から販売されているトゥワレグは、VWがブランドの革新を進めるための象徴的なモデルとして位置付けられる高級SUVだ。

発売前は、VW初の大型SUV販売に対して、売上げを危惧する関係者も多かったというPL71プラットフォームの「トゥアレグ」。

しかも色はカンパネーラ ホワイト前のモデルに、ホワイトが無かったのですが昨年の夏にビックマイナーチェンジして、ホワイトが登場しました

なんだか、デカイ車だわー。荷物がたくさん乗りそうでいいけどーわたし、これを乗りこなせるかしら心配でたまりません

フォルクスワーゲンのトゥアレグ。先日運転中に目を奪われた。前々からいいなーと思っていた一台。

ノーマルのトゥアレグは欧州車なのに、欧州車独特の足の良さが無いと思います。 まるで少し前の日本車。 フワフワ。

愛車のトゥアレグちゃん、とっても気に行っててイイ車なんだけども、燃費が悪いのと、フロントのタイヤが異様に減るの早いのがタマにキズ

トゥアレグも、09モデルより毒キノコが廃止されカメラになりました。このカメラが、意外に邪魔なんです。

トゥアレグΣ(゚д゚;?! お値段650万以上〜!!こんな高い車を代車に寄越すなんて・・・恐るべきディラー。怖くて運転できないよ〜!

一枚目は、納車後の初運転を車内からパシャリ。二枚目は、午後になったら晴れたので、買い物に出かけたとこで、パシャリ。

トゥアレグで登場  エンジンはアウディ『S4』用の3.0リットル直噴V6スーパーチャージャー。

この間試乗した、VWのトゥアレグの見積をしてみた。外装はガラパゴスアンスラサイトメタリック 内装は革で、ラテマキアートレザー。

内側がウインカー、その後ろがスタティックコーナリングライト。外側がバイキセノンヘッドライト&ダイナミックコーナリングライト。ポジションは一番外側。

フォルクスワーゲンのディーラーさんからトゥアレグのカタログが届きました。今とても心が揺れています。

VW トゥアレグ V8  ご存知 ポルシェ カイエンとは共通のプラットホームです。

今回はトゥアレグです。よく見かけますが、なかなか隣りに停まることができませんでした。

自分は普段乗らない4駆のトゥアレグ V6に乗ってみる。乗ったとき、電動でシートが動くのにまず驚いた。加速はいまいちだが、普段より車高が高いし、でかいし

こちらのトゥアレグはV6ですので、フロントにR36のエンブレム(要加工)を装着され、純正デコラティブモールディング(裏メニューで人気)も装着されました

早いものでトゥアレグに乗り始めてから3年経ちました。で、最初の車検となりました。購入したディーラーで総額15万4千円でした。

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:トゥアレグ:フォルクスワーゲン|更新日時:2008-03-07 07:03:37

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2008-03-07 07:03:37

「ジェッタ:フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ちょっと旧いVW好きの方は、まだ覚えていると思います。2代目ジェッタ。前期モデルはほとんど絶滅状態ですね。

ジェッタの右ドアミラー、見づらいんですね左ハンドル車と同じ鏡面を使っているみたいで、外側4分の1くらいが湾曲して見えるんですよ・・・。

JETTA TDI購入するかどうか迷ってますが一応調べ物だけはしておきます。北米仕様のジェッタ、実はアメリカだけでなくカナダでも購入できます。

VW自慢の新エンジンユニットが、ゴルフファミリーの4ドアセダンをどのように変化させてくれるのだろう。好奇心が、いやがおうにも高まってくる。

2.0リッターということもあり、エンジンの音が大きかったり、内装をみると、自分の車の贅沢さが感じられました。

今は乗っていませんが 旦那の愛車ジェッタです(^^)☆この車 知ってる人はいませんかぁ〜^^?

今回も「ゴルフGTIもどき」。しかも、ゴルフGTIだけに認められた様々な特殊装備を、軽々しく他車に転用している。

ジェッタの車検が近づいてきました。現在も我が家の純粋な足として活躍してくれていますが、この時期は買換えについて・・・悩んでしまいます。

実家のジェッタを乗ってきてくれましたので比較してみました。当方の車は2009年式ジェッタTDI、M君の実家の車は2006年式ジェッタ2.0です。

我が愛車2代目1989年ジェッタGTも10万キロ5年前に6万6千キロで我が家に来てからようやく10万キロ達成!!

ジェッタGTの点検整備の続きです。 フロントブレーキパッドの残量は約7.0mm、ローターは少し錆びが出ていますが、摩耗少なく大丈夫です。

GTIを銀色ジェッタ顔にすると新鮮でカッコよくなりますが、逆パターンをやろうと思うなら380万はお得かもしれません

旅の相棒はVWジェッタの限定バージョン、「GT Sport」でした。個性的なアルミホイールにハニカムグリルの組み合わせで、かなり精悍なイメージ。

VW GOLF5 WAGONは、北米ではJETTA SPORT WAGONという名前で販売されています。

我が家の足として活躍してくれている、ジェッタ胸笋両ー蠅淵ぅ瓠璽犬任蓮埃をかぶって耐久性のある中近東のタクシーなのですが、妻の反応はいまいちです・・・

”ヴァリアント”でも”ワゴン”でも無いこの車。アメリカ仕様の「ジェッタ スポーツワーゲン」だ。

代車として赤の「ジェッタ」が待ってました。私のゴルフよりも上級グレードの 2000ccのターボ車です。(2.0FSI)しかも、オプションの本皮シートまで付いています

ジェッタ☆さん宅の愛車がぁ・・・・・一部破損しましたこれは後部座席にある「ブレーキを踏むと点等するランプ」です。

上のジェッタはその代車です 1.4Tsi走行3700km新車の試乗車です 僕のbeeより高い(・_・;こういう所がDUOのにくい所です

フォルクスワーゲンのジェッタの4ドアセダンです。一般道に高速道路、通勤に使っているのですが、印象は可も無く不可も無くというところでしょうか。

ついに新車のフォルクスワーゲン ジェッタが来ましたピカピカですが、ディーラーさんが自慢げに「ワックスもかけといたぜ」とおっしゃる通り近づくと、おもっきりムラ

「ジェッタ」っていう車を運転させてもらいました。フォルクスワーゲンの車です。ウインカーとワイパーが日本車と逆。ウインカー出すつもりがワイパー動かしちゃったよ

VWジェッタ(伊豆ナンバー)なんと言ってもこのテール。ブレーキ&テールランプがLEDなのはもちろん、ウィンカーもオレンジのLEDでした。

挙動不審な動きをするジェッタくん。発進して1速〜2速、そして3速めにシフトアップする瞬間、グゥゥ〜ンとエンジンブレーキが掛かったように急減速

ジェッタに特別仕様車が出たらしい基本はジェッタのスポーツラインで、見た目をゴルフGTI風にしたもの

その走りはビューンと滑らかな走りでした。ものすごく素人に近い感覚しかないので、プロのクルマ批評家のような気の利いた表現は出来ませんが普通に良いクルマでした。

ジェッタのワイパーブレードは純正のエアロワイパー。冬もそのまま使っていたら着氷のせいか

なんでジェッタかというと、ゴルフに行くから、4ドアでターボでミッションがいいクルマ…って探していったら、コレになったわけですね。

コレ見るとやっぱりジェッタがイイ♪(笑)次はサルサレッドのジェッタかな〜…なんて思ったりもしますが、やっぱり白がイイ♪

ジェッタの雪道での問題その1。タイヤハウスがすぐに氷や雪で埋まってしまう。

我が家にジェッタがやって来たなぜ、車を買ったのかというと、いろいろ理由はあったけど この子に決めたのは そうずっと、革シートの車に憧れていたから

COZYにとってははじめてのフォルクスワーゲン車です!色も当時大好きなガンメタでしたし、めっちゃ嬉しかったのを覚えてる。

で、車検中代車がジェッタ君(VW赤2.0TSI GT)でした。 なかなか聞き慣れない車名かもしれませんが“ゴルフ君”のセダンと説明したらいいでしょうか?

先日Bピラーを再度交換して、音が消えるかどうかでしたが、結局消えませんでしたorz。こうなると何回交換しても変わらないので放置モード。

ジェッタ(JETTA)に乗って、フロリダ    ディズニーランドワシントンDC(首都)バージニア州 リッチモンド(州都)

うちのジェッタですが、去年の冬はスタッドレスタイヤだけは、「ト」印での組み付けではありませんでした。

もうジェッタくんとは19年のつきあいになるな。。。ハンドルを握った者にしか解らないなんともいえない乗り味があるんだよね〜

距離にして往復330kmを高速で走っています。ほとんどとんぼ帰りなので休憩はありません。車はワーゲンジェッタTsi、外車ですが大衆車です。

第3回 VW ジェッタ〜1400?走るね〜ゴルフワゴンからの乗換え。

うち来て2年とちょっと、約2万3千km走行のジェッタですが、ここらでこれまでの故障と不具合をまとめてみましょう。

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:ジェッタ:フォルクスワーゲン|更新日時:2008-03-07 07:03:37

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2008-03-07 07:03:37

「ゴルフ プラス:フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

今年10月、Golf困デビューした数ヶ月後に新しいPlusが発売される予定

我が家に新しい車がやってきました。名前はゴルフプラス。廻りの人にこの名前を伝えても頭の中に??マークが浮かぶ方が非常に多い。

Golf PlusGolfの天井高を上げて、車内の居住性を高めたいわばGolfのワゴンタイプのような感じのVW車。

ゴルフ プラス!! かなり中途半端な車が来ました・・・・レアって言えばレアですね(^^;A外観はこんな感じのちょっと背の高いGOLFで

フォルクスワーゲン ゴルフ プラス現在も販売中と思いきや実は販売終了。ゴルフとポロの中間車の様に思えていました。

登場の際は、まるでこれからのフォルクスワーゲンを予感させる勢いだったけれど結局は当初の予定通り、元の姿に戻りつつあります。

NAのFSIエンジンに乗りたいという方は、今決算期にゴルフプラスを狙ってみてはいかがでしょうか?交渉次第では、かなりの値引きが期待できるみたいですよ。

ゴルフプラスを代車に借りて4日間になります。どうも燃費はジェッタ2.0Tの方が良いみたいですね。

うちのGプラスちゃんも4年目。 発売して即買ったのでFSIエンジン。まぁ、これがすべての元凶だったのだけど、それでもブツクサ言いながら愛着はわくんですね。

グレードはEで1.6ℓの6ATの車です。 乗ってみた感想ですが・・・正直、期待はずれで、一言で言うと、5・6年前の車に乗っているような印象でした。

購入したのはゴルフプラス。 知り合いに中古車屋さんがいて格安で購入。 こういった車を選ぶセンスは女性にしてはなかなかいいんじゃないか?

今日寄ったディーラーに、このCROSS GOLFがあったので弄くり回してみたけど、なんつっても背が高すぎ!

目の前にネイビーのゴルフプラス君がいました。信号で止まったのでじっくり撮影できました。

日本では販売休止になってしまったゴルフプラス。ドイツとは逆で、あまりにも質素で、日本人にはピンと来なかったらしい。

2月末に新古車(試乗車としてつかわれていて3200キロしか走っておらず)を半額近い価格で購入できた

と決めかねてたところ、ワーゲンの「ゴルフプラス」という車を発見。調べてみると、日本では人気がなくてすでに販売終了している。

ゴルフプラスに乗り換えて3ヶ月が経過しました。感想としては概ね満足ですが、細かい部分を言えば、燃費がリッター10キロを超えない。

限定車であったクロスゴルフの実物を見ることはできないので、そのベースとなったゴルフプラスの中古車を、最寄りのディーラに見に行ってきた。

さて、昨日我が家を巣立ったトゥーランくんの代わりに我が家にやってきたのは、同じくフォルクスワーゲンのゴルフ プラスくんです。

直後にフェイスリフトのようですね・・・ゴルフ佐蕕砲△錣擦襪里任靴腓Δ!?

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:ゴルフ プラス:フォルクスワーゲン|更新日時:2008-03-07 07:03:37

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2008-03-07 07:03:37

「ゴルフ トゥーラン:フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

「ゴルフボール」がトゥーラン左ドアミラーに直撃しまして、そのパーツ供給と取付けを行って来ました。被害はそこだけだったので「ほっ!」

トゥーランとゴルフの決定的な違いは、その使用用途だろう。2人〜5人までカヴァー出来るゴルフと、プラス2名の7人乗りは、その文字だけを見ても使い勝手が違う。

先週土曜に車を買いましたよ〜。GOLF Touranでーす。外車で日本車みたいなミニバンつったらこれしかないでしょう。

当初の計画では、職場まで行って、最寄りの自転車店でパンクを修理する予定だったのだが、駐輪場で何とかトゥーランに乗らないか試すことにした。

使いやすいし街乗りもOKですから。取り回しも楽にできますから、ご購入される人は多いです。

ちょっとマイナーなゴルフのトゥーランって車ですが、ここ最近のモデルは何とTSIエンジン

時代の流れからか、今ではゴルフ並みの知名度になってしまったトゥーラン。この車こそが、今後数年のノーマルゴルフを支えるベンチマークとなるでしょう。

「ところで トゥーラン かったんすか?」といわれてそもそも試乗もしてなかったのでしてきた

今日はトゥーランの納車1ヶ月を過ぎたので1ヶ月点検。ついでに前から付け様か悩んでいたリヤアンダーミラーの取り付け。とオイル交換。

新しい私の相棒は、「Touran(トゥーラン)」2タイプあったのですが、私は基本の「トレンドライン」というタイプに。

BMWが片付いたので次は主に奥さん用のゴルフトゥーランを買いに行きました。(フォルクスワーゲンが出してるミニバンです)

そこで我が家でボクはサブリミナル効果のように「次はトゥーランかな」と独り言を口にしている。 そうVWトゥーランが欲しいのです。

フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン走っていて気持ちがいいんだよね国産車とは違う重厚感とでもいいますか

紹介されたのはゴルフのトゥーラン。▼いかにもVWと言う感じですね(^^;営業マン一押しの車種です。早々に実車チェック。

トゥーランまた試乗しちゃいました。 やっぱいいですね。決まりだな。ハンドリングがしっくりくるし、なにをいってもDSG。

走行距離は10,000kmなので定期点検に出す事にしましたきっかけは他にもあり、電気系トラブルでエンジンの水温計ランプが付くようになってしまった

先日職場の先輩のVWトゥーランに乗る機会がありました。と言っても助手席ですが。ミニバンと言ってもやっぱりドイツ車です。

VW ゴルフ トゥーラン!まず1番の魅力は走りです。かわいらしい外観とは違って、とてもしっかり感のある足回りと、2.0のエンジンが気持ちよくドライブさせてくれます

トゥーラン(旧型)1600CCへこだわりの乗り換えです。どうしてもTSIの新型のワッペングリルが気に入らなくて・・・

2005年11月末に登録され、12月初に納車された我が家のトゥーラン。大きな故障もなく3年が経ち、初めての車検を受ける事になりました。

気に入っているゴルフトゥーランだが、気になるところもある。気になるその1中途半端なおりたたみのサイドミラー

買った車はこれ VWゴルフ トゥーラン GLI3列シート 7人乗りのミニバンです

1.4Lエンジンにスーパーチャージャーとターボチャージャーを用いて2.2L〜2.4Lの動力性能をだすと言う、TSIエンジン。所謂2ペダルMTのDSG。

月7日に冷却水の警告灯が点いたので、冷却水を補充したと言う記事を書きました。その後、5月20日にまた冷却水の警告灯が点灯しました。

1400ccのスーパーチャージャ&ターボチャージャー付き動力性能もあわせてチェックです。走り出しは普通。

私の場合は、FSIよりも先にTSIトレンドラインに試乗した。その後に今乗っているGLiに乗ったことになる。(新車同士で比較していない)

今度の車はゴルフトゥーラン、1400ccです。我が家ではローライダーが1番デカイエンジンとなりました〜〜!!

待ちに待ったフォルクスワーゲンゴルフトゥーランが今日納車でした、色は黒!

ガソリンが減ってきて、残りの走行可能距離が60劼鮴擇襪函▲乾襯侫肇ァ璽薀鵑裡唯藤弔法Please refuel ! ”って表示が出ます

今回の車検時の走行距離は39800キロです。 新車から1年点検を2回受けること以外の整備はオイル交換を含めてまったくせずに、満3年となりました。

まる4年経ちました。VWトゥーラン君。今日はDラーにドックイン。走行距離71,300km時。法定12ヶ月点検 + エンジンオイル&エレメント交換。

昨日の夕方トゥーランの車検が終わりました。かかった費用は、諸経費73,970円、整備費96,872円です。

トゥーランですね(^_^)、ゴルフをベースにした7人乗りのミニバンですがこれが本当にしっかりした走りをします!

8月18日にフォルクスワーゲンのディーラーに行ってゴルフトゥーランを買っちゃいました。もちろん、ハイラインです。

待望の高速道路。す・ば・ら・し〜!!!速度を増せば増すほど車体が"ビシッ"と安定。ハンドリングも同じく"ビシッ"と安定。

トゥーランを買って3年、今月が車検でタイヤもそろそろスリップサインが出てきそうなので、お盆前にタイヤ交換をしました。

フォルクスワーゲンの中でもかなり好調なセールスを記録しているのがトゥーランだ。ゴルフをベースにしたミニバン

先週月曜日に地元の整備工場に初めての車検で入庫したゴルフトゥーランは一日で無事終了し帰ってきた。

あれだけ整備されていた車。問題が無いと思いきや(笑)リアのブレーキパッドが寿命だったそうで、パッドとブレーキフルード

それはそれとして、ワタシは今回の車検受けを経て、トゥーランに乗り続ける決意を新たにしました。

フォルクスワーゲン 目黒 へトゥーランを見に行きましたデカイぞ、さすが7人乗り!

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:ゴルフ トゥーラン:フォルクスワーゲン|更新日時:2008-03-07 07:03:37

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2008-03-07 07:03:37

「ゴルフ:フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

このシロッコ。今日が発売らしい。発表と発売が同時ってのはなんか国産車並だね。

20年の沈黙を経てシロッコが帰ってきたってCG辺りが好きそうな言い回しですが、このいい意味でのガツガツしたエクステリアはいいですね。

遂にフルモデルチェンジで新型リリースですね。表参道を歩いてると、結構前からでかでかと看板が上がっていて

待ちに待ったVWシロッコが発売されましたね。 今回発売されたのは2グレードで、価格は1.4LのTSIが392万円で2.0Lの2.0TSIが447万円です。

アンダーカバーに続いて地味なパーツ第二段!!

これつけて、ナビつけて、本革にして・・・・・どうも日本で売る場合は、、豪華にしたがるみたいだなぁ。。。

04年 ワーゲンゴルフ 1.6E  走行9000キロ 意見はそれぞれあるでしょうが、ゴルフは1.6Lで十分だと思います。もっと言えば最近の1.4でも十分。

2.0TSIエンジンと6速DSGのミッションの組み合わせは素晴らしく、その加速感とパドルシフトでのギアチェンジはF1ドライバーになったような気分。

R32といってもスカイラインではありません。VW社のフォルクスワーゲンゴルフのR32です。

いやー、このゴルフ困老觜愁妊イんですね。横幅が1780mmもあります。 こんなデカイのはもうゴルフではないですね。他の名前にしてほしいっす。

6世代目の原点回帰先代のデビューから、ちょうど5年。輸入車の定番、フォルクスワーゲン・ゴルフがフルモデルチェンジで6世代目へと進化を遂げた。

新型ゴルフが既に展示されています。一時主流となりつつあったあの「ワッペングリル」はその片鱗さえありません。

来ちゃいました、来ちゃいましたよ〜〜♪「 フォルクスワーゲン ゴルフ6 」がデビューしちゃうそうです!コンセプトは「 自動車史上に誇る特別なクルマ 」

車種は「フォルクスワーゲンのゴルフワゴン」です(≧∀≦*)ノ念願の外車を購入しちゃった・・(ノ ̄∀ ̄)ノ

ゴルフ困凌啓屬任后 ゴルフって、なんだかモデルチェンジごとに大きくなってません?

ゴルフ2はエンジンがとても丈夫で、燃費もいい車なんです!(街乗り・10km/リッター以上)このまま行けば、20万キロ突破も夢じゃないですね

九州のオークション会場から 無事到着した ゴルフ権 予想通りのコンディションです★

ドイツ本国では、ゴルフが、ゴルフ5から、ゴルフ6になった。いよいよ日本でも、ゴルフ5が、、終わりを告げようとしている。

VWゴルフを購入して早3年。ついに車検。今日はディーラーにゴルフを預けてきた。

横からのスタイルだけは少し悔しいが、テールは今のほうが好きだし・・・【中は現行モデル、下はひとつ前のモデル】

フォルクスワーゲン・ゴルフ垢發修蹐修蹈皀妊襯船Д鵐!!シロッコ似のフロントマスク。

日本流に言えばミドルハッチ、世界的にはCセグメントと呼ばれるカテゴリーで定番的な人気を誇るVWゴルフ。これに待望のワゴンモデルが追加された。

ワーゲンです。ゴルフです。輸入車の中でも優等生ですよね。この車であまり痛い目にあったことはありません。

VW Golf Variant TSI Comfortline。この車、1.4ℓなので、あまり期待していなかったんですが、試乗してビックリ!!

昨日の午後、友達の彼女のご厚意で、フォルクスワーゲンのゴルフ・ヴァリアントを運転させてもらった。

我が家のニューカマーです。GOLF R32R32と言ってますが、スカイラインGT-Rではありません汗

レンタカー屋のカウンターでベンツAクラスとゴルフでちょっと迷ったんだけど、ゴルフにしてみました

VW ゴルフも6になり5のモデルも先代になりましたが、デザイン的にも一世代前と感じません。ゴルフ5はややもっちりとしたボディーデザイン。

いやぁ、コンパクトカーは燃費も良くて税金も安くて、お金がかからずイイですよねぇ。

NEWワーゲン・ゴルフです。1400ccターボなのにとてもキビキビ走ります。まだ街中であまり見ないのと白は珍しいそうです。

今回で三代目になります。といっても、二代目生産中止から、かなり年数がたっているので、復活?ってかんじ?

近所にあるフォルクスワーゲン下関で新型「ゴルフ6」の試乗をさせてもらいました^^

昨年暮れに試乗したフォルクスワーゲン ゴルフGT TSI。排気量が1,400ccという事しか予備知識が無く乗り込んだのですが、走り出した瞬間に驚かされました!

同僚に外車を運転させてもらいました。フォルクスワーゲン ゴルフ「GT」だす。

先日 ゴルフに試乗してきました・・・。今は買えないのに、かなりの無理を言いまして、高速道路と長距離の試乗をさせてもらいたいと懇願して・・・・

フォルクスワーゲン・ジャパンから、ゴルフGTIピレリが限定で発売されます。ヨーロッパでは1年以上前にデビューしているモデルです。

ターボチャージャーとスーパーチャージャーのツインチャージャーで出力を確保、小排気量だから燃費もよく、環境にも配慮しているというのが特長とのこと。

愛車のフォルクスワーゲンゴルフGTIです。テールですが車検は通ります。ウィンカーはオレンジなので・・・

それはエンジンからの異音1500〜2000回転のブースターが動く時、「ガラガラ」という音がします。

ちょっと外車で気になるのがありまして…。ワーゲンのゴルフカブリオレという車です(゚∀゚)!!やっぱ燃費とか悪いんやろか(ノω・;)でも見た目惚れてしまった♪

私の車ですが、フォルクスワーゲン ゴルフGLi94年型5ドアの黒です。まず思ったのが、最近(ちがうやろ!!)の車にしては、パワステが重ステである事です。

視力の低下が激しい私には幅の広いEGシビックにしか見えません。ていうかコレ買うくらいなら極上タマのEKシビックタイプRを買いたいですよね、普通

フォルクスワーゲン『ゴルフ』が新しくなった。今回の新型ゴルフで6代目。私のゴルフは3代目なので、もう3代も古いタイプになりますな。

さて、ここ数日、とっても気になってるのが・・・『ゴルフ后。韮圍鼻。丕蕋鬘紕譯譯蕁!!

私のゴルフはまだ大丈夫ですが、ゴルフ3とゴルフ4の定番トラブルに窓落ちがあるようです。

ゴルフのベルト交換をしました。オイルレベルゲージの隣のわっかをグイッと回せばテンショナーが緩みベルトが外れます。

結構みなさんご存知かも知れませんが・・・・。Golfに隠された機能が!?

すぐに、フォルクスワーゲン・ゴルフcox仕様を購入しました。  2000ccのGLiベースのシルバー色。  結構気に入っていました。

今日は、我が家のゴルフ(スナフキン号)の内装紹介です。これまで大人のスポーツカーを目指して、コツコツ変更&追加したグッズ達です。

我が家の車は、フォルクスワーゲンのゴルフワゴン。 以前から、いろいろ不都合がありボロくそワーゲンなんて言ってたりしました。

25日に発表されたフォルクスワーゲン『シロッコ』もまた20年という長い時間を経て新型として復活したモデルだ。しかし疑問がある。

VW ゴルフ GT TSI は走りのレスポンスがとにかくすごい。軽快というものではなく、それを超えたもの爽快!そう気分爽快なのだ。

ワーゲンのゴルフはけっこう赤とか青とかよく見かけますがこのシルバーは本当にセレブな奥様的なイメージなんですよね

VWから新型ゴルフGTIが発表されました。先代のゴルフ5シリーズでも高い人気を得たGTIモデル。

ディーラに置いてあった新型ゴルフを見て一番気にいったのはリヤワイパーの支点部のカバーに開口部がなくなったことです。

まだまだ甲斐性のない俺は予算的にあきらめてたまたま見たフォルクスワーゲン ゴルフに一目ぼれして、即契約してきました。

ちょっと古い記事になりますがGTIのディーゼル版が出るようです。最大出力は170ps、最大トルクは35.7kgm。

yasuの1991年式のフォルクスワーゲン、ゴルフ供8紊蹐離疋▲離屬折れました。チャイルドロックしてましたので、中からも開けられません。

3代目ゴルフ、通称ゴルフIIIは、1991年秋のフランクフルト・モーターショーで一般に公開されました。

<フォルクスワーゲン ゴルフワゴン GLi 1996年式 1,800cc AT>長女が乗っている車です、どうしてもこの車がいいと言って乗ってます。

GOLFで一番人気は、やっぱりGTIで赤い枠の4灯グリルは憧れでした。GOLF1は当店でも、ものすごく売れた記憶があります。

エクステリアは良いんじゃないでしょうか?国内メーカーで言えば、ホンダとマツダのテイストに似ているかな?でも、シロッコの方がデザインに力がありますね。

VWゴルフは初代儀燭箴茲辰討い伸況燭望し思い入れがあります。頼りないシフトを間違えて3速で発進した初めての儀拭

この度、僕の営業車「ゴルフ」を一部改良致しました。すばらしいフォームに仕上がりました!!

運転してて全く疲れない 乗り心地・走り心地はとっても良い 全般的に硬い作りって感じ リッター12KM以上で経済的にも良い

フロントの押しの強さの割りにリアセクションがやわらかなので、やっぱり、ニュル24時間耐久でクラス優勝した車両のようにリアウイングが欲しいところですね。

購入したのは、あこがれのフォルクスワーゲン ゴルフGTI 2003年式です。

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:ゴルフ:フォルクスワーゲン|更新日時:2008-03-07 07:03:37

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>