この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-09-10 18:09:32

「ウィンダム:トヨタ」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

11年目になるため、今回はディラーへと考えたが、基本料金の差額で幾つものオプションを付けられたので、前回に続き フランチャイズ車検へ

義父の車種は8年落ちくらいのウィンダム。塗装も傷だらけで傍目には、ぼちぼち買換時かなといったところ。

これ、20系ウィンダムオーナーさんだったらわかると思うけどBピラーのパネルプラスティック部分の色がよく剥げるんだよね。

私がチェイサー(ホワイトパール)からウィンダムに乗りかえてから4年が経ったんです。

この車種とこの車がアタリだったみたいで、0年で40万kmも走ってるのに小さな故障もまったく出ません。

本来はインチダウン派のたろさですが、手元にあるホイールがスイスポのときに使っていた16インチしかないので、インチアップになりました。

あのゴージャスなセンティアに変わって、乗り換えたのが、Are you WINDOM?でおなじみのやつです!

10年位前の初代ウィンダムに乗ってます(親父所有)。乗り心地は最高です。でもあちこちにガタが・・・

アメリカンダイナーの定食みたいなクルマですが、装備の良さというスパイスがあり、極楽妻の好みに合ったようです。

ウィンダムは、発売当初(平成3年9月)にはなかなかの人気を誇っていたのですが平成18年2月を最後に、絶版車となってしまいました。

ウィンダムは値段以上のインテリアの造りこみ、それとエクステリアデザインのシャープさが魅力です。

当時は高級車といわれていた(と思う)トヨタ・ウィンダム3.0Gです。3ℓモデルのエンジンはV型6気筒DOHCで、出力は200PS、28kg・m。

修理がそろそろ終わる頃かと思って自動車ディーラーに確認電話をしてみたところ・・「現在の処、部品の調達が出来ず修理の目処がまったく経たない」との回答であった

本当に乗り心地のいい、身体にも優しく、本番前後の心を落ち着かせてくれるすばらしい車です。

ウィンダムも例にもれず純正ホーンは・・・ショボショボ・・・できれば、私の大好きなドルチェホーンにしたいとこですが、いかんせん予算がありません。

トヨタのウィンダムっていうクルマです。年式はたしか平成5年ぐらいで距離が8万キロ。

カーナビ付き・36500km走行の中古で買った車ですが、私の代になってから、5年目にして10万キロを超えました。

どうせなら今度は『レクサスES300、日本名「レクサスES300」って同じかよ!』なんて具合のCMをさま〜ず三村にやらせて欲しい。

新車で買ってから、もう、10年目になる愛車の「ウィンダム2,5G」ブラックです。走行距離も14万kmを越えました。

愛車のウィンダムくんは、長らく洗車してないもんだから、パールホワイトがダーテイゴールドの如く汚れてしまって…かわいそう(>_<)

いつも書いておりますが、私のウィンダムは・・・ポンコツです。なにしろワンオーナーでも13年の月日がウィンダムを蝕んでおりおります。

いきなりウィンダム購入 さらに驚きなのが俺の就職先での購入だから社員割引で高田さんもビックリの価格である

『老兵WINDOM』32万km突破!先月ジョイントパーツの劣化でオーバーヒートしたものの、交換後は快調そのもの。

ウインダムじゃないですよー、ウ”ィ”ンダムです。アメリカでは、セルシオやアリストとともにレクサスとして売られていた車種。

年初の予想より約二ヶ月早く老いぼれWINDOMが見事に35万Km走破の偉業を達成した!

買い物後RRの隣に憧れのWINDOM・MVC10系が・・・・LEXUSが国内で販売されるず〜っと依然、発売当時CMからして格好良かった!!

ウィンダムという車をおとんが買い、そして、オレが譲り受け2年と3ヶ月。走行距離約128,000辧

今回紹介するクルマは「トヨタ・ウィンダム」です。この「ウィンダム」、僕は「2代目」の‘‘前期型(?)’’の方が好きですね!

カテゴリ:トヨタ|テーマ:ウィンダム:トヨタ|更新日時:2017-09-21 12:09:49

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>