この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-05-25 02:05:11

「カムリ:トヨタ」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

嫁のカムリです。とある駐車場での写真15,000kmでオークネットで70万で購入、好札譽ションというベースグレード

これガチで欲しいwww 鉄チンでホイールキャップだったらもうヤバイwwwwwwwwww

セダンは横幅2メートルはある。でかいなぁ。おまけに、どっかにぶつけたら超痛いだろう。

王者トヨタが北米戦略車と位置づけ、NO1の売上を誇る車。エンジン等は全く普通なのだがボディがでがく作られている。

北米市場では、販売ランキングに、いつもあがり、ライバルアコードと争っているくるまである。

前モデルのシャープな印象は消えているのが残念ですが、それを補って余りある技術が多数投入されています。

実は友達の兄がその車を買って試乗したところ、その性能に驚いたことから急遽この車を試乗する価値があると判断!

私のトヨタカムリのタイヤの前輪が溝がなくなりすべすべ状態でゆっくりゆっくり空気もリークしていたりと雪の道を運転するのは危険なので

自慢の愛車ですトヨタのカムリです白は汚れが目立たないので歴代の車はみんな白です

新しいカムリにはオートクルーズコントロールが付いている。車に興味の無い方には、オートクルーズコントロールが分からないよね。

知り合いのss店長からオークション通して車落札してもらいましたん♪12月は相場が上がるみたいですが、見事希望通りのSPECでゲットできました♪

カムリといえばアメリカではバカ売れしている世界戦略車である。だたし、初代は’冠’から命名したことからわかるように、バリバリの国産車だった。

今日は地元の自動車販売店に車を見に行って何台か試乗してとうとう購入しました。トヨタのカムリで色は黒です。

全高を下げたことによる室内空間の縮小も気になるが、もともと広大な室内を持っていたカムリなのでその心配はいらないだろう。

今乗ってる車は、3代目カムリ。タイ製の東南アジア仕様。日本では、ないんじゃないかな、たぶん。

車の紹介してなかったね。これ、あたしが乗ってるカムリちゃん(トヨタ車、1995年。) じゃじゃん!シルバーですw

トヨタカムリセダンは、香港で人気な中型セダンです。歴代のトヨタカムリセダンは香港で人気があるのです。

本日、カムリは退役します。 記念写真をとりました。初めてのオートマでした。もう、マニュアルに戻れません。

これ、カムリだそうです。皆さんはぱっと見てどうですか?これ、間違いなく同じメーカーの車だと思いませんか?

この車は、その名の通りトヨタカムリのクーペ版です。日本で知っている人は1,000人いるかいないかのマイナーなクルマですが、アメリカではメジャー

私の愛車、トヨタカムリ。けなげに走るかわいい車ですが数日前からエンジンの音がおかしい

車の性能的には運転しやすいんだけど、なんせでかいから運転しずらかった

僕の感性が鈍いのか、取り立ててエモーショナルな部分は感じず。内装は、明るくておしゃれ。

アメリカ ナスカーレースに参戦しているトヨタ カムリの画像を入手したので紹介!

1月13日 カムリがマイナーチェンジ。価格はベースグレードが250万円(ナビなし)からトップグレードの本皮シート仕様車が350万円

アメリカのトヨタ・カムリがマイチェンされました。日本はすでにマイチェン済みです。

署長車として使っていた物はある時期からティアナにチェンジされた用ですが、最近また署長車に戻ってきたのか、最近とある署の署長さまが使用しているのを見かけます。

排気系統がどうも逝っちゃってるみたいで、ダサいヤン車みたいな音がします

昨日の朝学校へ行く途中に現行カムリを見かけました。この型のカムリは存在感があってとてもかっこいいと思うのですが、皆さんはどう思われますか?

現行カムリはなかなかかっこいい!リアフェンダーあたりが今のBMW5シリーズに似ている。

今回はハーツレンタカー(Hertz)でTOYOTAのCamry(カムリ)を借りた。燃費もいいし、アメリカではとても人気の高い車だよ。

装備はかなり満足だ。レーダークルーズコントロールの設定があれば購入リストの上位となった。

2007年に会社から支給して頂いた、カワイイ黒カムリ。しかし、ここに来て約1年の間に3回ランプが切れてしましました。

今回の相棒はカムリで、少しでも経費を節約しようと15.0km/Lを目指しましたが、結果は13.0km/L。

通勤用に車を買いました。車種はトヨタのカムリ(G リミテッドエディション)です。

高級車と銘打っているだけにデザインは頑張っている。どちらかと言えば、革新的なデザインである。

その次に登場したのが、4代目カムリでした。Cピラー辺りの「処理」がセルシオっぽくて、顔立ちは、なんか優しいカンジ。。

地味〜なオヤジセダン→アメリカだけ見てる大型FFセダン(?)と言う道を歩んでるカムリですが、初代のカムリは、何と「FRスポーツセダン」でした。。。

カムリの新型が来年1月末に出るらしい。月間自家用車に載っていた。

昨年の9月に秘書さんの知人から購入した車で、乗り心地が良いお気に入りの愛車だったのに・・・

カムリの30系がデビューしてすぐに購入しました。このカムリから始まるこの頃のトヨタは設計段階からバブル景気の最中でコストがふんだんにかけられていてとにかく豪華

昼過ぎてごそごそしていると新しいカムリがやってきました「お! うちにしては新しい車じゃなあ」と思って出てみると・・・

カムリグラシアの車検が迫って来ました。「ケロロ号」の修理代&カムリのタイヤ、ATFも交換時期となり、ディーラーでの見積金額が・・・!

トヨタ・カムリウインダムブランドを統合、カローラ店の旗艦機種である。現在8台目で、2006年1月登場。直4 DOHC 16バルブ 2.4L 167ps

カムリのイメージは【オッサン車】日本にいたら、乗らないであろう車の一つ。こんな車でも、アメリカではM家の大事な足

先日、トヨタさんのカムリを2週間 レンタルしましたが、このお値段では、『世界一の車』といっても過言では、ありません。

カナダに滞在していた期間、足としてリースされていたのが、「トヨタ カムリ 6代目 XV20型」の北米輸出仕様であった。

トヨタカムリを車検整備でお預かりしました。レアな車です。カムリという名前を知っている人も少ないかもしれません。

河童爺の車を取りにきた。愛車カムリZXの満15年の車検だ。代車として、10歳のカローラを置いて行った。

カムリはフルサイズのセダンで日本では大きい車だけれどアメリカでは大衆車ということになる。

カンボジアでもっともよく走っているクルマが、トヨタ・カムリ。ともかくその数は他車と比較にならないくらい多く、街にあふれている。

SV10型初代のFRとは正反対のFFセダンVISTAの兄弟車お名前は冠(かんむり)からの造語

某オクで凄く安くでてるカムリ・ソラーラこのデザインも独特でおもしろい。値段的にも悪くないなぁって思う。

年々燃費がよくなり、走りも快適そのもので、そのうち愛情が芽生えて『ツブレルまで乗ろう!』と思うようになっていたんです。

カムリがマイナーチェンジしたとのこと!ちょっと写真で見た限りでは、どこがどう変わっているのかはさすがにさっぱりわかりません。

今回はトヨタのカムリ、ハイブリッドです。単純な発想ですが、Rate/日が同じなら燃費が良い方が得だし。なんとなく日本車の方が安心感があります。

車内は広いしアクセルを踏み込んだときのパワー!加速力!こんな車に乗ったら欲しくなる〜(≧▽≦)

気になる燃費は18.1km/lと、プリウスの35.0km/lと比較すると約半分といったところ。

1ヶ月間で月販目標台数の1000台を大きくクリアする約4000台を受注。好調な立ち上がりを見せている。

これであと2年、カムリのお世話になる。販売店が嘆いていたが、最近の車は壊れない。

カナダに滞在していた期間、足としてリースされていたのが、「トヨタ カムリ 6代目 XV20型」の北米輸出仕様であった。

先日は原因不明のまま修理できず悩んでいたトヨタのカムリです。やっとこさ修理ができました。

うちの愛車・カムリ君は,もう20歳は余裕で過ぎています.もちろんカーナビなし!

フィリピンでもカムリはトヨタさんのフラッグシップでしたし、海外でのカムリの地位はとてーも高いらしいですね。

カテゴリ:トヨタ|テーマ:カムリ:トヨタ|更新日時:2017-06-19 18:06:18

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>