この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-05-30 02:05:00

「GT-R:日産」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

日本を代表する名車、スカイラインGT−R古い車愛好者の私から観ると、素晴らしく高性能車です。

日産札幌ギャラリーで展示しているGT-Rを見に行きました。GT-Rは3グレードあるそうで、展示しているのは中間に位置するBlack editionだそうです。

実にいいですね、あの丸目のテール。いかにもGT-Rですね。無駄にでかい、4本だしのマフラー。この重厚感たっぷりの色。

ほんとに噂には聞いていましたが…中身はステルス戦闘機そのもの…シートなんか硬いったらありゃしない…

次男の好きな車はGTRなのだそう街中でちょいと見かけたスカイラインのなかでもGTRをすばやく選別している。

今度は本当に自分のがきました。子供産まれるのとかぶったせいか感動はありませんが早く乗りたいです。

当時22才の若造が、中古なのに鬼の60回ローンで買った、R32型スカイラインGT-Rです。

これをスーパーカーと呼ぶに相応しいかは「??」な感じですが、最近のスカイラインはエレガント志向だったので、R32の頃の様にちょっと悪な感じは交換が持てます。

昨日仕事して居たら、前をスーパーGTとゆうカーレースのseftey carが目の前通ったよ!

あのテールランプ…うわっ!!新しいGT-Rじゃん!!!これはちょっとスゴいです。まず、形がスゴい!そして、地を這うような走り。レーシングカーやね!!

NISSAN SKYLINE GT-R R35の記事を書きたいと思います。一番新形のスカイラインGT−Rですが、いままでのモデルと比べて大幅にデザインが変わってますよね〜

お客様のお店で New GT-Rを発見しましたp(^^)q シートに座らせてもらったり(^O^)/ エンジンもかけさせてもらいました(^O^)/

日産ブースの隅のほうにガンメタGT-Rが置いてありました・・・カッコいいです。あとその近くにカットモデルが・

20インチ、285/35ポテンザは・・・同乗者からブーイングの嵐だろう。リミッターはGPSでサーキット場に入ると解除されるらしい。

走り出した瞬間に感じたのは、思った程荒々しさが無く超〜が付く程スム−ズなエンジンに驚いた事をハッキリと思い出せます

デティルは、スカイラインを想起させるような形状なのに厚みがあって、量感・迫力あるというか、存在感ありますね。

「スカイラインGT-R」は、R32・33・34のメジャーな第2世代ではなく、「ハコスカ」・「ケンメリ」と呼ばれていた第1世代時代の「スカイラインGT-R」である

色は衝撃的なレッド!あのイタリアのお馬さんにだってひけを取らない派手なエクステリア。かたまり感がサイコーです。

今、GT−Rを見積もりしてきました。(ネットで)すべての装備(オプション)をつけ一番高いプレミアムエディションを選ぶと・・・

今回もGT-Rについてだらだらベラベラ得意げに話したいと思います^^←この顔文字は使われると結構むかつくときがある

すぐさまピットインお目当てのもとへ・・・いや〜すげぇ〜そこには私を迎えていたかと思うくらいにピッカピッカのGT-R

GT-Rを運転させてもらいました♪こりゃーバケモノですね(^_^;)足回り、カッチカチ!けどシートはエエ感じ♪クラッチが無いんですよね〜セミオートマ?

マジかで観る初GT-Rは、思ったよりワイドだった 見積もりしてませんがなにか!?

以前ご紹介した法人のお客様のGT−Rです。流石の存在感、迫力ありました!

今日初めて気が付いたことが。それは、タコメーターの中に帯状の表示部と思わしき謎の部分を発見したのです。

最近の国産車の話題をさらった「新型GTR」。確かに魅力的ですが、ひと世代前の直6エンジン搭載の32〜34GTRも良いクルマでした。

今回のGT−Rの特徴でもあるマルチファンクションメーターについては詳しく載せてあるのを見たことがないのでご紹介!!!

今回は『45年式4ドアGT−R』です。この車輌も45年式ですね。ナンバーは3ケタだったので、レストアが終わったばかりか、納車されたばかりだったんでしょうか。

ご存知ですが店頭に鎮座している、このGT−Rの凄さを「スペックV」・・・史上最強・最速のGT−Rなんです

今日、ちょっと暇だったので自転車でそこらへんを走っていたら、シルバーの車が見え、何かなーと思ったら新型GT-Rでした。

この子 GT-Rですがエンジンルームからいやぁーな音がするどんな音かってピチピチとどうやら、エキマニが割れてる感じ A/Fの数値もずれてきた。

この頃、33GT−Rで通勤してたときのガソリン代は月2万5千円〜3万円。ロングドライブした月は4万〜4万5千円(;゜Д゜)

今回の車!スカイラインの名は消えましたが、伝統の丸型テールランプは継続されましたが、Rの名前の通りそのままレースにも出れてしまう車なのです〜

これは新型GTRのエンジンです.スタッフに中を見せてほしい旨話したところすぐに開けてくれました.

福岡のショールームで日産GT−Rを見てきました言うまでもないがこの車・・・化け物です。機械の化け物・・・

スカイラインじゃない方のGT-Rに。そう書くとセリカ?とかファミリア?とか言う人もいるけど、正真正銘日産のGT-Rだから!ベレットでもないから!

幻の「GT−Rパトカー」 子供たちに大人気交通安全教室で披露された日産「スカイラインGT−R」のパトカー

GT−R 大人の乗り物ですね。たまに見るオーナーは結構高齢。高性能=余裕の有る方の乗り物が最近の考え。余裕は金銭と気持ち両方。

動かないGT−Rに、試乗してきましたぁ〜。キーが入ってないんで、メーターもシートも動かへんけどね。

今まで雪が積もった日に車で走るという事が、GT−Rを購入して3回程度。転勤前の通勤距離は20km以下だったので、積雪時はトロトロとゆっくり走って通勤

今日、中古車店にて100万前半のBNR32を見てきた。ネットで見た時はキレイ。さて実物は・・・

たしかに 実物は 確かに凄みがある。でも 美しいことはない。こんな 車が日本に必要なのかなあ!

「SpecV」はサーキット走行を熟知したメカニックが必要となるため、全国7カ所の「SpecV」取り扱い店のみ販売らしい。価格は¥1575万円

先日、GTRのエンジンをかけるとタイヤの警告灯が点き、「タイヤ空気圧を確認して下さい。」と表示が点いたので、ディラーに持ち込んでみて貰った。

まさか この北海道で specV見れるなんて思いませんでした。北海道では買えないが見てみたいと言う 要望で

今時の日本車界では特に異彩を放つNISSAN GT−R。GT−Rに上位モデルのSpecVが登場。2009年2月2日より1575万円。

受付の女性の方は気持ちよく対応してくれて、気兼ねせず写真を撮らせてもらった。怒涛の55枚。

このクルマは2シーター。ノーマルGT−Rを購入してNISMOの(575万)上記パッケージ組み込んだら4シーター。

Rはその点は何とかクリア 加速後の安定感は問題無しでした

スカイラインのホイールベースを約20cm延長し、強力なグロリア用6気筒を、半ば強引に積み込むことで誕生したスカイラインGT。

待ちに待ったGT−Rの納車日が決定した。今週の30日か31日ということで日産のディーラーに市内の某整備工場の社長とGT−Rを取りに行ってきます。

今回は、R32という型式も出たことから予想がつくかと思いますが、GT-R(35)です。 正面、別のアングルから撮影したものです。

34R Vスペック 2 ニュールと言うRなんですが、前は自宅に来て助手席に乗っただけだったんですが、今日は運転してきました。凄く早くて(足がツル状態

ともあれ平成9年10月、めでたく私の元にGT-Rがやってきた。 もう嬉しくて嬉しくて、会社までの数キロが物足りなくてしょーがない。

開発責任者に嫌いだと言われた、可哀相なスカイライン(笑)。 しかし、運命とは皮肉なもので最も売れたスカイラインであり、現在では最高値が付くスカイラインです。

お正月明けに久しぶりにエンジンをかけたR35 GT-Rですが、いきなり今まで見かけなかったサインが点等!!どうもインテリジェントキーの電池残量の警告灯のようです。

ハイパフォーマンスモデルが発表された。「SpecV」はカーボン素材を多用したことと、後部座席を取り除いた事などで、60kgの軽量化を実現したとか。

昨日、友達がGT-R止まってる所教えたると言われて行って見ました!!そしたら・・・普通の家に止まっていたんですよ(笑)

ボディのゆがみを感じることなく、ミシリっとも言わない高剛性のマシンに驚く。そういった高性能がいっそう僕を傲慢な過信へと追いやり暗黒面への道を作っていく。

テールランプとボディの形からみてR35のレッドでした!加速も、さすがパドルシフトでかなり速かったしクラッチが無いので音が途切れずに加速していきました!

世界中の注目を集めた和製スーパーカー「NISSAN GT-R」ですが、かねてから噂のあったハイパフォーマンス・バージョン「スペックV」がいよいよ登場しました

昨日はS2000に乗っていましたが、今日からの相棒はこの車、日産GT-R(R35)です。905サーキットを流してみましたが、速い。

カテゴリ:日産|テーマ:GT-R:日産|更新日時:2017-05-29 09:05:03

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>