この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-07-17 08:07:17

「ティーダ:日産」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ティーダ1800に6速マニュアル追加 しかもスポーツバージョンで無くて上級グレードに普通に追加しただけ

先日MCしたTIIDAにはCVTのほか6MTが設定された。やっと日産が消費者の欲するところを分かってきたみたいw

革っぽいギチギチ感(合皮のソファーっぽいカンジ)をイメージしたのですが、フカフカ〜♪スベスベ〜♪気持ちいい〜♪ってカンジです。

息子もティーダが、見たいとの事で昨日の日産じゃなく、日産神奈川へ足を伸ばす。そこにあったティーダは、ゴールドっぽいティーダだ!

最終的に日産の新型ティーダにしました。車の色は「シャンパーニュ・ゴールド」。内装色は「サンドベージュ」。

実は中国ではレースにも出ていきなり優勝するぐらい走りの素性も良い車です。

前のウイングロードに比べて、ブレーキペダルやステアリングの力の入れ具合、アクセルの加速の具合などが微妙に違うので、少々戸惑いながら慎重に運転した。

この子が今回の相棒の、日産のティーダくんです。1.5リッタークラスなので、予定より1グレ上の車のようです。

それはそぅと・・先日 入院して復活してきたティーダちゃん・・

「ティーダ〜」のほうは、コンセプトカーらしく、バンパーに埋め込まれたLEDのフォグランプや下部が大きく突き出たバンパーが特徴。

フロント周りのデザインを変更し、よりダイナミックに、またリヤのデザインを一新し、ボリューム感とダイナミックさを強調している

1ヶ月間の走行距離と、ガソリンの燃費を計るのに満タンから満タンまでを計ったりと、いろいろ使い分けができる。

日産ティーダ!可愛かった代車のフォルクスワーゲン ジェッタ(たぶん80年代製)ともお別れ。気密性が高すぎて、エンジン静かすぎて、車乗ってる気がしません!

新車は「ニッサン ティーダ」です販売店駐車場にて。旧車プリメーラ → 新車ティーダ

今日はトーエイホームの社用車の  ティーダ・ラティオ新車購入後初の6ヵ月点検です。朝一に日産ディーラーの担当営業マンが弊社にクルマを引き取りに来ました

グレードは15M。1.5LのHR15DE+CVT搭載の2WDで、おそらく一番の売れ筋ではないかと思われます。

ティーダを契約しました(親のクルマですけど)HDDナビとインテリジェントキーをメーカーオプションでつけた15M。

不満点は、シートがややソ フト過ぎる点と、路面の凸凹を通過した際に、リヤシート下部付近から、きゅっきゅと異音がする点です

続けて、CMでよく見るティーダ。こちらはエンジン等の部品もノートと共通で、動力性能的には変わるとことはなく、走らせた感じも全く同じ。

一言で言うと、「非常に良い!」まず内装関係に高級感が溢れている。コンパクツ・ミーツ・ラグジュラリーは伊達じゃない!

遂に納車の日がやって参りました!ティーダちゃんです☆色はシャンパーニュゴールドと言ってとても上品な色。

ティーダが車検を迎える。勿論、当面乗り続けるので受検するのだが、最近は殆ど近場の映画館通いに使うのみで、ロングドライブもご無沙汰という状況だ

出だしがちょっと悪いかな?と思いますが走り出すと加速もよく”あっ”ちゅうまにグングンスピードがでるので、スピード狂の人は注意が必要かも?

通勤快速使用車のティーダの燃費報告です。こんな感じですよぉ。走行距離 294.8km給油量  28.81ℓ燃費   10.23km/ℓ

新車が来ました。日産のティーダ・ラティオというセダンです。内装は前の車より高級感があります。なんといってもナビがついているんですから

早速見学に行き、そして昨日試乗して、アッサリ決めちゃいました(^o^)。ティーダの新色・ゴールドで内装もベージュです。

何度か旅行などで利用しましたが、シートの座り心地が良く、ひじ置きもあるのであまり疲れません。これは小さい車ほど重要なことではないでしょうか。

小さな高級車をしっかりやっています。マツダから同じようなコンセプトで『ベリーサ』が出てますが、雲泥の差です。

シートの座り心地はソファーのように抜群でした。運転席、助手席はふわっと包まれるような感じです。

ティーダに代替えして1ヶ月。オイル交換後 車載の平均燃費計が 一般道路で初めてリッター17.2劼魑録した。

ティーダに乗って一週間、さまざまな発見あり。これはいいよねという点。・エンジン音がとても静か。・燃費がリアルタイムで出るから、エコを意識せざるを得ない

ティーダの中古車です☆試乗車・展示車のもので、グレードも一番上のものでした。始めは母と姉が一目惚れをした赤のティーダでしたが、中古ということ

パルサーのときは左のドアミラーは「ちら見」でも見えたけど、ティーダは自動車学校のようにしっかり顔ごと向けないと見ずらい。

車種は、日産ティーダこの車は現在、世界で一番売れている車種らしいのだが、その売れる理由が解る気がしました。

台車としてティーダに乗ることに・・・。 乗ってみた感想としまして、この車、めちゃくちゃいいよこれ!Σ(゚Д゚)うひょ〜!(そう来たかっ。・笑)

ティーダのコンセプトは「SHIFT_ compact quality」コンパクトの質をシフトする!ん〜、深いね〜。愛車のティーダ、結構いじっちやってますね〜。

インテリジェントキー採用。カギを持っていれば、鍵穴にそれを突っ込まなくても、ボタンを押すだけで開錠、施錠が出来る!これは便利。

ティーダが車検になりました。早いモノでうちにティーダがやってきてもう3年も経ったんです。走行距離は86000キロになりました(笑)。

ティーダの1ヶ月点検へ。まだ600キロも走ってないんで少々早めだけど、新車馴染みの調整と持ち込みでのオイル交換してもらって、担当さんと談笑している間に1時間

制動灯のバルブソケットの潤滑剤が不適切で、最悪、発熱により樹脂が変形して制動灯が点灯しなくなるとのこと。

このコンセプトが成功の大きな要因だと思うが、もうひとつあげるとサニー、パルサーという名前を思い切って捨てたことだと思う。

評判どうり、シート、ドアの内張り、ダッシュボードは上質と言う言葉があてはまる。後部席も中型車並に広い。

素材はプラスチック なんと!ビスが刺さった状態です。何かを固定するためにビスを打ってしまったようです。かなり、もりあがっています。

リコール対象車(車体番号)以外でも一度見てもらったほうがいいかもしれません。必ずしも一致はしていないようです。

日産ティーダが愛車になりました。車が小さくなった分今までのように地を這うような重厚感はありませんが、ハンドルの皮が手に馴染んできて走りは快適になりました。

先日、代車で1週間ほどニッサンのティーダに乗っていました。ニッサンもあんな車作ってたら終わりです。潰れますよ、ホントに。

嫁さんも私も、まずデザインが気に入りました。好みの違う二人が同時に気に入るのは、非常に稀なことです。

ちょうど1週間前に中古車を購入した。JAMSのクラシファイドで見つけた日産のティーダ。2006年モデルで走行距離は15000キロ弱。

実はあまり期待はしていなかったんだけど、これが室内空間。けっこう広くてビックリ。後部座席もかなりゆったりしていて快適です。

大きさと内装で、買うならティーダ。ただ、足回りがいまいち。なんかヒョコヒョコしてた。マイナーチェンジしないかな。

アベニールとくらべて全長が40cmくらい小さくなったから、まぁしょうがないか。でも、室内はかな〜〜〜り広いっすわぁ。

ティーダを買いました。FFの・・・ではなく車のティーダです。赤色のにしました

軽くインプレを。良いところ・加速は1,5ℓ車とは思えない良さ。・ブレーキのタッチもしっとり、しっかり。・ステアリングは適度な重さ、かつインフォメーション

修理に出してる間、レンタカーとして来たのが、日産のティーダ 初めての日産車w 乗りやすさと、見た目よりも室内の広さと静かさ

キューブは乗り降りがしやすく、振動がかなり信号待ちでも感じられた出だしもゆっくりで、ティーダは内装がソフトで上質な内装信号待ちは、静か加速も良かった。

秋に検討し始めて、1月にやっとこさ購入を決めたティーダですが、先日、無事納車されました。

代車で来たのはマイナー前のティーダであった。デモカーで使われていたのか2万キロ弱のオドメーターを刻んでいた。

手頃な価格と、乗り易さと、なんといっても、コンパクトカーなのに、ラグジュアリー車並みの広さが、これだけ広まった要因なんではないかと・・・・カーライフ

ティーダにやられてしまった!モダンコレクションという特別仕様車があり、内装がとってもかわいく、シートの質感が気持ちいい

今回のパートナーは日産のティーダ。セダンタイプのラティオはちょっとだけ運転したことがあり、その時は不満なく特に面白みもなかったのですが…。

エンジン音静かだしさ、ウィンカーつけても、つけてるのかつけてない位の音だし,なんて言ったってシートが気持ちイイィィ(☆。☆)

さて、新しい車は 日産のティーダ(最近世界累計の販売台数が100万台突破したんですよね)です。

日産ティーダでした。プレミアムがつくとはいえ、コンパクトに属するはずなのに…レンタカーではデミオより格上!

初めて乗った時には船酔いしてしまう様な感じさえした程でしたので、今度のティーダの足回りの堅さは嫌になる程堅く感じます。

やはりティーダってシャシーの剛性が低い気がするということ。曲がるときに、シャシーがよじれている感覚が明瞭に運転者に伝わってきてしまうのである。

これまでにダイハツ・コペン、トヨタ・ヴィッツ、トヨタ・プリウスがエントリーしていたが、今回新たに購入候補が追加されたその名は「ニッサン・ティーダ」

さてさてフィットの次は日産「ティーダ 15M」!!レッドステージとブルーステージに行ってきました。.譽奪疋好董璽己

昨日納車したティーダに色々してやりました。まずはガソリンの補給。まあ、ちょっといっぱい入りすぎそうだったので満タンにはできませんでした

日産のティーダという車に決めました。ハイブリッドじゃないけど一応エコカーということで、後から10万戻ってくるらしいです。この際だからHDDのカーナビも付けて・・・

おすすめグレードは、1500ccのM美しいスタイルと、品質感のある内装を持つ車!燃費もOK(18.2km/リットル)

ティーダに乗ってます。選んだ理由は、燃費が良い・取り回しが楽・室内が比較的広くて豪華ってところです。

ティーダです小型車の中では高級志向の車らしいです内装は確かに少し上級ですし、細かいところを見るとドア部のウェザーストリップもワンランク上のものが使われています

今、日産ティーダに乗ってます。ご存知のとおり、コンパクトカー。そこに、巨漢、チャイルドシート、ジュニアシート×2、嫁が乗り込みます。

カテゴリ:日産|テーマ:ティーダ:日産|更新日時:2017-07-17 12:07:24

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>