この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-03-27 15:03:22

「ティアナ:日産」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

東京モーターショーにコンセプトカーとしてでていて実際に見てきましたが、市販モデルになっても実車の造形は美しいです。

従来のベルト式CVTを改良したエクストロニックCVTを開発し最大、3.5ℓまでならこれで対応出来るそうです。

2.3Lモデルなら、アテンザと同等の価格帯なNISSAN TEANA。でも、見た目は高級車っぽく作られていて、大人のセダンな感じ(勝手なイメージ)。

そこには新しいティアナが飾ってあり、色も春らしい色で、面白いことにセダンなのに観音開きなのです

モダンリビングの内装に釣り合いのとれた外観だったと思うんだけど。今回の外装を見て『クラブのママ』を連想してしまいました。

インテリアを売りにしているだけあって,内装はなるほどシンプルでモダンな個性的なものだ.

全体的なラインはきれい。前型のシルフィの雰囲気ではあるが、エレガントさもあって、余計なアクセントや抑揚もつけずシンプル。

それは「ティアナ」である。そう、あの「モダンリビング」を謳い居心地のいい室内空間を作り上げているあの「ティアナ」である。

今日は朝早くから父親の車でドライブしてきた!!てゆか良い車は違うね!!加速がスーッて感じやね(・∀・)

鍵をささなくても車内に持ち込んでブレーキを踏みながらボタンを押すだけでエンジンかかかるシステムで初めて見たときは正直びっくりしました。

シルバーのティアナが2台停まっててちょっとビックリ!一台は、もとからあった祖父の。

で、実際に回って来た車は・・・この日産ティアナ・・・日産か・・・ガッカリ・・・。 正直、車名を聞いただけでは、ティーダだのノートだのと違いがわかりません。

CMでは車にモダンリビングの考え方とか何とか言ってるが家具調の木目のダッシュパネルが大きいだけって感じがする。

本日、My TEANAが、走行距離20,000km達成です。【写真すべて】納車が2006年6月18日。ちょうど19ヶ月です。(月平均で約1,050km位)

モダンインテリアインストのデザインはC35ローレルに通ずるものがあります。かなりいいクルマかと。

カムリオーナーではあるもののティアナの方がロシア人向きの室内装飾でカムリよりパッと見た感じ良いと思います。

ネイティブアメリカンの言葉で“夜明け”を意味するティアラという車名は、新しいLクラスセダンの時代の幕開けをも担っている。

TEANAエンブレム復活させました。J32の影響ではないですが、最近また、あちこちで「この車種は?」とよく聞かれるようになった。

これは日産 ティアナです♪最近モデルチェンジしました!この車、結構好きです♪内装もモダンな雰囲気でいいですね(^_-)-☆

ティアナは過去に函館の個人タクシーを取り上げたが、こちらは東京の日個連で現行のJ32型である。

エルグランドなど高級車に装備されていた物がTEANAにも装備されています。どちらかというと欧州車に近くなった感じがします。

ティアナ アクシス 決めて来ました排気量3500ccは、初めてです。走りが楽しみです♪エンジンはZとスカイラインと同等だそうだそうです

新型「日産ティアナ」の姿が判明画像はカタログのものと思われますこの画像を見る限り……微妙

ティアナはサイドが綺麗かな?と自分では思っています。^^日産、生産完了車のセフィーロとローレルの後継車。

今回は少し戻ってまたティアナ^^スカイラインのTLアンテナに比べて、ちゃんと真っ直ぐ立ってますww

今度はニッサンのティアナ。前のに比べたらかっこよくなったよね〜。走行200kmくらいしか走ってないちょ〜新車なんだって!

昨日(10月3日)、神戸からの帰りに、ティアナが、リッター13.6キロを記録しました。もちろん初めてです。今まで、12キロが最高だったので、驚きです…

TEANAとSM5はエンジンが違います。SM5は専用の2Lエンジン。TEANAと同じVQエンジンを搭載するのはSM7です。

いかにもな感じの黒塗りティアナです。グレードは230JKですが、2が無くてグレードエンブレムが30JKになってしまっています。

車乗った瞬間にテンパッたのは初めてです(照)内装もリッチだし、3500ccなので走りもスムーズだし。

ティアナのリコール作業のついでに、今回ティアナの初車検も済ませました。早いものでTEANAオーナーになり3年になりましたが、現在走行距離37,000km。

日産ティアナホントいい車です。何がいい?やっぱり一番はデザインがすごく良いです!!フロントマスクは独特のマスクを持っています。

最近、フルモデルチェンジした日産ティアナがよく走っています。前モデルも好きでしたが、今回のモデルはとても力強くそして綺麗!!

だーりんのティアナが今日納車日でした。めっちゃカッコイィ(≧∀≦)細々とオプションこだわりすぎて…フットレストが最高にいいです♪

おもてなしがコンセプトの2代目ティアナ250XEの個人タクシーです。価格の割に室内が広いので都内では個人タクシーとしてよく使われています。

今日でお別れです。エレガンスで静かで乗り心地抜群でいて、このクラスの燃費としてはトップでした(先日も神戸まで往復でリッター13.3キロも走れました)

新型日産ティアナの、新たな生写真を入手しました。内装は、前のモデルのほうが良いような気がします。

Z3の滑かな直6は好きだしサウンドも良いが、低回転でのトルク不足が気になる。VQエンジンはノイズが少なく、鼓動感がなかなか気持ち良い。

外観、内装とも、落ち着いたカンジですねー。シートはふかふかふわふわで気持ちいい加速がホントなめらかー

今回は日産・ティアナアッパーミドルクラスとでも言うのでしょうか車格的にはトヨタ・ウィンダムなどとライバル関係になるかと思います

ようやく日産のVQエンジンに組み合わされるトランスミッションがCVTになりましたね。ライバルが多段化する中でこのクラスでCVTとは技術の日産の復活です。

ついに6月2日発売決定! 外装もスタイリッシュになって 内装もグレードアップ コンセプトは「おもてなし」

私の車「ティアナ」はV型6気筒エンジンである。この車の魅力はここにあると言っても過言ではないほど、私はこのエンジンが好きなのである。

今日、納車した 新型のティアナ♪ 随分変わって かっこよくなりましたネ。ティアナは バイパーの 取り付け♪

後期っす。外装はダメですね〜oza好みですが(爆ティアナはシンプルに、目立たないけどよく見ると綺麗で〜

車を乗り換えるたびに「ずっと乗るぞ!」と思うのだが、10年間で3回乗り換え、今の車が4台目である。今の車は「ティアナ(J31)」である。

やっと、、、、、ティアナのイカリング付プロジェクターヘッドが到着しました早速、取り付けちゃいました

と、言うことで、本日、この雨の振る中、お父様の車、ティアナ様に乗ってみることに。まず、でかい。。。

6月2日「モダンリビング」を受け継ぎながら、「OMOTENASHI『おもてなし』の空間を、クルマに。」がキャッチコピーの新型(J32)ティアナ発売。

ティアナですが、実は中国には2種類あるんですって。ダーク色のティアナはワールドワイドで展開されるものなんですが薄めのメタリック色のほうは、なんと中国専用モデル

長らく国産車は買っていないが、「おっ!!」っと思うデザインのセダンがあって、価格も手ごろだな〜、と吟味していたが、革シートの設定がない…。

今日ティアナに乗りました。上司の御使いを頼まれて、お届けものをしに。往復で30キロくらいしかなかったけど。

私のお気に入りのクルマ〜ティアナがマイナーチェンジしたので、見に行った。しかし、正直、ちょっとがっかり。(^^

先代の日産ティアナの車体設計は美しいですから、中国人は大好きです。だから、中国、香港、マカオで人気があるセダンです。

後ろのシートがまたいいっすよ。新幹線のグリーン車並ですかね。乗るなら後ろがいいっすよ(笑のび〜〜っとくつろげます。

今回は予告通り、「日産・ティアナ(2代目)」ですよ〜!前回は、初代を紹介しましたね。初代と2代目、どこが変わったのか、それを追求していきます!!

日産ティアナ(J32型)写真集、エクステリアに続いては、ティアナの売りとしている“おもてなし”のインテリアです。

セダンラインナップであったローレルとセフィーロが統合して出たのが、このティアナです、モダンリビングと題してインテリアを最も押し出してPRした珍しい?車です

ティアナの車検が終わりました。総額12万円でした。家に戻ってから、代車のキーを持ち帰ってきたことに気付きました。

微妙。何でメッキのモールディングなんて入れちゃったんでしょう?何もないほうがシンプルで良かったのに・・・

スカイラインやフーガと異なり4ATですがV6、2.3Lエンジンとの相性も良く変速ショックが少なくて日本車らしく非常に静かに走ります。

日産ティアナです。なんと、ハイブリッドだそうです。(ホント)日産自動車が極秘に開発!?というのは嘘でお知り合いの自動車屋さんが開発中の車両。

室内は広々空間で、マイナスイオンが発生する機能が付いています。久しぶりにセダンに乗ったけど、車高が低くて、周りが見えにくいと思いました。

僕の求めていた大人の落ち着きが!!そしてアクセルを踏む。驚くほどスムースかつ落ち着いた乗り心地、ホッっとする、ソフトなタッチの日産ティアナのステアリング!!

カテゴリ:日産|テーマ:ティアナ:日産|更新日時:2017-03-27 15:03:53

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>