この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-10-21 10:10:28

「ティーダラティオ:日産」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

仕事でたまに使う日産ティーダラティオです。セダンは久しぶりでバックで駐車する際は緊張します(しかもこの車新車同然なんだよ・・・もし擦ったらと思うと・・)。

この真っ赤なラティオ、メーカーOPのナビにバックビューモニターにサイドブラインドモニター、おまけにインテリジェントキーまで付いているとっても豪華な仕様。

装備が充実しているぶん、車重は重いみたいで1.5Lエンジンでは非力さを感じちゃう。

外見はもともとハッチバックから発売したティーダをセダンにしたので、随所にその片鱗が見受けられます。(Aピラー付近の処理とか・・・)

日産自動車がタイで「ティーダラティオ」を新発売するそうです。排気量1600ccで、価格は55・4万バーツ〜71・5万バーツ

新車が来ました。日産のティーダ・ラティオというセダンです。内装は前の車より高級感があります。なんといってもナビがついているんですから

土曜に借りたレンタカーがティーダラティオでした。ちょっと印象深かったのでインプレッションしておきます。・内装、インタフェース

2004年に登場したティーダラティオは事実上のサニーの後継モデルです。

日産ティーダのセダン版です。ティーダ ラティオ。実は結構好きなんですよ。この形。日産のセダンで一番しゃきっとした形になっていると思います。

コレは名古屋のティーダラティオの個人タクシー。名駅などの繁華街を中心に見掛けます。

ティーダラティオは1.5リッタークラスの小型セダンです。ライバルはカローラやシビックでしょうか。

先日納車させていただいた新車のNISSANティーダラティオ!写真ではちょっくらわかりにくいですが大変お上品な色をしております。

インチダウンしたマーチ12SRと比べて明らかに劣っているのはブレーキと小回り性能と全開加速性能くらいであとは全部ティーダが上のような気がします

今日からGWの拙者ですが、朝から所用で大阪市内まで行き、帰宅後夕方からティーダラティオちゃんのタイヤローテーションをしました。

代わりに来たのは前にも少しだけ借りたニッサンのティーダラティオです。セダンです

コチラのニッサンティーダ ラティオ☆2007 アメリカ大陸 カー オブ ザ イヤーに輝いた高級コンパクトラグジュアリーカー^^^

個人的にはもっとムラサキが前面に出たカンジが良かったんですけどね。カタログの色ではイケテたんだけどなあ〜。

インテリジェントキーを携帯するだけで、キーをいちいち取り出す事なく、ノブを回すだけでエンジンの始動が出来るという大変便利なシステムだ。

うちの車がティーダラティオです。CMでもよくやってたけど日産は内装に凝ってるらしい。

ようやくというか、やっとというか。ついに日産・ティーダとティーダラティオにMTモデルが登場。

話は変わって、ようやくティーダラティオが納車となりました。

おととい知人に預けて代車を出してもらったんですが、それが日産のティーダラティオ。1.5Lのセダンです。

パワステ/ブレーキ/ATの感触はいかんともしがたいですが、こちらは車の性格を考えれば現状でもそれほど悪くはないでしょう。

おそらく、というか確実に代車のティーダラティオです。なんですかこのクルマ欲しいんですけどwセダンいいなぁ〜いいなぁ〜

そういえば先日500km弱ほどティーダラティオで走行したりした。良いクルマだねー。良く走るし燃費も良いし。

久しぶりに乗る5ナンバーサイズ。自分の車より全幅で9cm小さく、全長で11.5cm長いのですが、こんなにも小さく感じるのか!?と驚くと同時に、その扱い易さに感激

そういえば、車ゲット!前に日記に書いたようにNISSAN TIIDA LATIOのシルバーがきました。

ティーダにトランクを追加したのがラティオなわけですが、セダンとして丹精な感じにまとまってるかなと。

諸般の事情で遠出出来なかったのですが、購入後三ヶ月目で、はじめて高速走行してみました。

室内空間に余裕があることを売りにしていて、ラティオはそのセダンタイプで基本的な所はほとんど同じように思う。

今回、ティーダラティオで高速道路と山坂道とを中心に441.3km走行し、27.54Lのガソリンを消費しました。

ダメだ、この車乗れない。ダッシュボード高過ぎてみきり悪すぎ、エンジンは力ある風でアクセルに遊びがない、パワステにいたっては全く遊びがなく軽い

これに乗ってまず感じるのは、シートの良さ。厚みがあってフカフカしてるんだよね。(スズキのアルトもそうだったな…)

AFTERそして、今回購入の車は、日産ティーダラティオ君です。今回はセダンです。

ニッサン・ティーダ・ラティオ(TIIDA Latio)について、春・夏・秋のシーズンの燃費状況を、これまでも記事にしてきました

二、三週間前に中古車センターで車を買いました19年式のティーダラティオを買いましてね新しいでしょ?

コンパクトセダン、ティーダラティオ。ハッチバックのティーダはよく走ってますがセダンタイプのラティオは近所であまり見かけない気が、もしかして希少車なのかも?

「室内が広い」とは聞いていたが、確かに広い。なんせ、普通に足が組める。内装の質感も問題無し。

このラティオ、外装色に合わせて内装色が決まっている。内装色には2色あって、ブラックとサンドベージュ。

日産ティーダラティオです(爆)仕事用の車が替わったんです(爆)以前、書いた事がありますが、前は日産のサニーでした。

今回は『ティーダラティオ』のIMPULエアロ仕様車。カッコイイじゃん。^^bですが、僕はこんなにも“派手”なエアロは付ける必要は無いかも・・・と思っています

噂通り無段階変速が気持ち良い。加速が滑らかなせいか、今までの速度感覚が狂う。

代車として我が家にティーダラティオがやってきて1週間。ということで、忘れないうちにティーダラティオの内装で感じた事をダラダラと書いてみますw

上越市柿崎区の柿崎駅前で、 ティーダラティオのタクシーを見ました。 新潟ではタクシーのほとんどが、コンフォート。 その他は、クルーをたまに見かけます。

どうですか?カッコイイですか?日産のコンパクトカーであるラティオから派生し、誕生したモデルです。

カテゴリ:日産|テーマ:ティーダラティオ:日産|更新日時:2017-11-12 19:11:42

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>