この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-05-22 20:05:52

「i:三菱」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

三菱のi のエコノミー使用 i MiEV(Mitsubishi innovative Electric Vehicle)電気自動車です

今日初めて電気自動車運転した三菱i当たり前だけどエンジン音しないスピードはけっこう速いです

三菱自動車技術センターに出向いたところ思いがけず、『 i MiEV 』を運転することが出来ました。(^_^)今回は、この夢体験をレポートします。

三菱から 電気自動車ですこの車で最大130キロは出せるとか 100ボルトで14時間充電で100キロ走れる

三菱自動車が今発売するというiMiEVが近くの販売店に来てて、試乗もできるというので、ちょっと行ってきた。

アイは新鮮な感覚でした。 ハイスピード気味にコーナーを曲がるとリアがずりずりと滑るような感じとか、ロールするときの重心の位置とか明らかに違いました。

最近三菱のiが良いと聞きます。いつものショップの足車がiなんですが、結構恰好良くまとまってるんです。

今回はただの流行では終わらなそう。フル充電で150キロ走り、電気代1キロ一円以下で走る。CO2削減、環境にも凄く優しい。

このiに 乗ってまる二年。 右ウインカーが 戻らない時がありまして…。冬は調子よく…夏の暑い日になると調子が悪くなることがわかりました

実際にプリウスのようなハイブリッド(ガスと電気の両方)というよりも、完全に電気!フルエレクトリックな車に是非是非のってみたいと思うのが普通。

このブログでお馴染みの新婚・K山が車を買い換えるというので、そのお付き合いに・・・ 買い換える車は「三菱・i」!!

日本橋三越に観にいきたいなぁ〜。欲しいなぁ....。でも価格は210まんだそうです...Σ(T▽T;)

いよいよ、i−MiEV の発売が秒読みに入ったのだ。 そう思ったが、事情は少し違っていた。 i−MiEV は、三菱 iをベースにした電気自動車。

今年の夏に市販予定の電気自動車プリウスと違って、エンジンはありません100%電気で走ります

三菱自動車から「i Miev(アイ・ミーヴ)」という、家庭用のコンセントで充電できる自動車が発売予定だそうです。

充電に時間はかかるし、出先で充電場所をさがすのが難点だと思ったけど、iは、一回の充電で、160kmぐらいはしるらしい。

i−MiEVはまだ市販段階にはなく、実際に街中を走らせて実証実験するための実証走行試験車ですが、その完成度は高いものがありました

MIVECターボエンジン搭載の三菱 アイ、微妙な雪道も走った!!エンジン搭載位置が後輪の直前という、つまりミッドシップなわけですね。

スピード出すとケツがもってかれる時がある。(ルーフスポイラーが必要かどうかは検討の余地あり)

今日は出会いと別れの日でした。先日お知らせしていた奥さん用ニューウェポンの納車の日だったのです。

viva6x6(あえて強調)が撮影した三菱i(アイ)!!隣に置いてあるタクシーのランプの位置と同じぐらい背が高いのだ!!

アイちゃん、おひさでした!ピットインしたi号にお客さんたちが取り囲んでいる様子は、懐かしい風景を思い出されて胸がキュッとしました。

i MiEV(アイミーブ) は電気自動車です。ディーラーの人に聞いたら今年中には発売らしい…(∩´∀`)∩

三菱i(アイ)はすっかり家族の一員、と言うよりは立派な社用車になっています。 毎日、旦那が喜んで事務所への通勤に使っています。

この車がどんなものかを簡単に書くと、軽自動車の ”i ”をべ−スにしていて通常のエンジン(リヤ)、トランスミッション

ピンクに塗った「i(アイ)」があり やっぱりソリッドカラーがカワイイと再確認です

日本車離れしたデザインで某ドイツ車に似ているという説もありますが大変良い車です。輸入車にお乗りで奥様用で軽自動車というとここ最近この三菱のiの話になります。

小さな電気自動車は、おもちゃのように見えるかもしれない。しかし、ちょっと発音しにくい名前を持つこの軽自動車は、素早く、小回りが利き、都会の通勤にはもってこいだ

三菱が2009年に電気自動車を発売するそうである。原油高高騰、二酸化炭素排出ゼロ・・・様々なメリットがある。

アイちゃんと一緒にお出かけしてきました♪アイちゃんというのはもちろんわたしの彼女・・・ではなくて・↓ わたしの愛車、三菱のi(アイ)のことです。

ついに三菱の電気自動車が実用化に向けて進み出しました。

三菱自動車の軽自動車タイプの電気自動車、i MiEV。これまでに何度かとりあげてきたが、ますます注目度がアップしているようなので、ちょっとまとめてみました。

代車はなんと新車の『i』走行距離30キロちょっと無理をお願いしたかな?珍しかったので市内をちゃっかりドライブ!そして勝手にインプレッション

昨日、ミナママの車、三菱iがついに納車されました。やっぱりデザインが個性的で目立ちます。

納車になりました!購入したのは?! 三菱のi(アイ)です!軽自動車でも、十分って感じで購入です。多少、手を入れるところがあるかな?!

ノンターボの私のアイちゃん、オイル交換推奨時期は5000キロ毎もしくは半年後となのだが、運転頻度などを考慮して、5000キロでの交換とした

三菱iから発生したデザインですが、これはプリウスを凌ぐ?エコハイブリッドカーである。とにかくデザインがいい!

車検の代車と言うことで貸し出されたのがなんと「三菱 I(アイ)」と言う前々から気になっていた車です。

業者向けの発表会があったときに実車を見てきましたがサイズはやはり大きめでした。

今話題の軽自動車といえば、三菱i(アイ)でしょうね。そこで、早速試乗してきた感想を書いときますね。

昨日私の愛車三菱i(アイ)ちゃんを車検に出しました購入してから3年が経ちます

まずEVで最も気になる航続距離。一応、カタログデータによれば「160km」となる。この数値は理論値だと考えて欲しい。

安全性を考えると、リアエンジン車を再評価したくなります。三菱のiは本当に優れた車だと思います。

新入りが入りました三菱のi(アイ)ですなかなか渋いお色ですね一応シャンパンゴールドらしいんですが・・・

代車の三菱i(アイ)ともお別れなので最後に高速道路に乗ってみることにした。アイの静粛性には驚いた。

パールホワイトが良かったのですが、シルバー限定で格安で売り出されていたものでしたので我慢しました。

先月30日に三菱i(アイ)を購入!3.0リッターV6エンジンのスポーツカーから軽自動車へ。考えた末の「ランクダウン」理由はいくつか。

今日は近所に三菱の電気自動車が来てたので偵察です。iベースなのでこれも軽登録しているそうです

北海道では台数があまり伸びていないようですが、それでもずいぶん街で見かけるようになってきました。

しかし「i」が210万円とは・・・とても高価な価格設定だこと(笑)なにはともあれ、がんばれ!三菱!

思いきった レイアウトにより ほかの軽自動車とは 一線を画した よいデザインと思う

ギャランがエアコンの故障中でその間乗っているのがこの三菱「i」これがなかなかいいんですよ。ターボ付で加速がスムーズ。

何で、この車が売れないのか?疑問ですね・・・(>。<)可愛いし、後輪ミッドシップエンジンなのにね!高い???いや〜、どのメーカーも高いのは高いよね。

昨年12月に買った車の納車昨日、やっときました三菱の軽自動車「i」アイです5ドア 4WD ターボなんすよ。

いや〜、やっぱりターボはパワーがあるばい(´Д`)あと内装のデザインがいいですね。メーター周りなんかセンスがいいっす。

待ちに待った三菱 iターボ が納車された。まったく、三菱の関係者でもないのに、これで三菱車3台目になる。

FEMとはなんぞや・・・・と思ったらアイのナンバープレート下から見えるあれ

さて。今回は『三菱・i(アイ)』のウィンカー音です。⇒「カッチカッチ」と「ピコピコ」が混ざってる…? 正直、爐Δ襪気げ鮫瓩任垢諭帖

“iMiEV SPORT”のデザインをブラッシュアップした“iMiEV SPORT AIR”が3月にスイスで開催されるジュネーブショーに出展されるそうです

オープンカーかどうかはともかくとして,いかにも特撮映えしそうなデザインではありますね(笑)やっと時代が追いついてきた感じがいたします。

今回のマイナーチェンジはグレード集約と女性に人気の装備を追加って・・・女性向けですか。軽自動車ってなんでみんな女性向けばかりなんですか???

バッテリーの寿命が13万キロくらいだと本などに書かれていましたが、仮にそうだとして超えてしまった場合、バッテリーを交換したほうが良いのでしょうか?

コンセプトだとほんと……未来形ですよねそれよりも、現実的な仕様で見てみたいよ

このミッションが実はエボやGT-Rなど高級スポーツカーにしか搭載されていないと思いきや!!アイという軽カーにも4ATで搭載されていたっ!!

おいちゃんのセカンドカ−♪として乗ると仮定しての?(笑)使い勝手&どのグレ−ドの i (アイ)を買うか?まずは〜使い勝手!♪

個人的にとても好きなデザインです。近くでまじまじ見るとやはり背が高いですね。背が高いから、洗車の時は踏み台が必要ですね。顔もおしりもかわいいデザインで大好き

カテゴリ:三菱|テーマ:i:三菱|更新日時:2017-05-25 03:05:50

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>