この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-07-16 03:07:26

「ロードスター:マツダ」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ロドスタをもう少し気持ちよく走らせるために、少し修理しようかと思い出した・・・まずはブレーキ。

クルマが来ました。平成5年式のマツダ ユーノスロードスター中古車店で買うよりかなり安く買えました。

ロードスターとの出会いは1989年の暮れ、新聞広告を見たことから始まります。その広告で近くのユーノス店を確認、ロードスターの実車を見に行ったのです。

我が家のマツダロードスター(NB1 RS)が10歳の誕生日を迎えました。数年前から通勤専用車となってしまったこのロドスタ

第2弾はマツダのロードスターだ、ハタチの頃、最初に就職した会社の1コ上の先輩が乗っていて仕事の帰りにちょっと横に乗せてもらった。ユーノスロードスター

マツダ、ユーノスのロードスター。国産車の中でも、お好きな方からは名車と呼ばれる車ですね。

今日は、マツダ・ロードスターです。試乗したのは真っ赤なロードスター。一目見てカッコいい。特にハードトップは開閉時間が非常に短くとても便利です。

当たり前なんですが、アテンザと全く感じが違いますね。なにしろ軽い!そして、反応がものすごくクイックで、シフトチェンジが楽しいこと楽しいこと。

ロードスターに試乗してきました。パワーリトラクタブルハードトップでグレードは最上級のVS プレミアムパッケージ、ミッションは6MTでした。

僕の欲しいロードスターは。。。まず、、軽くて安い。。(300万以下)NAエンジン。。。NA1600ccなら180馬力仕様・・・・

専門学校卒業後、一目惚れ購入H10年に購入H4年式 5MT 走行距離68,000辧 〜躋曖沓伊円(もちろんローン)

今回が初めてではなく2回目の試乗。その間にもロードスターは2005-2006日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝くなど功績を残した。

そして、来年は、ロードスターが発売開始から20年らしいですね。マツダなら、絶対に記念モデルを出してくるでしょう。

久しぶりにロードスターに乗りました。先月の5日から乗っていなかったから約1ヶ月ぶりです。エンジンはぐずることなくすんなりとかかりました。

マツダロードスターにCCクーペが登場。幌でもええとおもうんですけど、時代はやはりハードなシェルを要求するんですね。

代休を頂いてロードスターでドライブ。ちょうど、1年前に中古で買っていろいろな所を直して、いろいろな所へ出かけたけどよく走ってくれています。

色々と走り回ってきちゃいました。これは楽しいクルマですねぇ♪まず感じた事は…古い車だなぁ^^;いろいろこれは手がかかりそう!?でもかなり愛着がわきそうです♪

新しいデザインになったロードスター。今までのどうしようもないフェイスのロードスターよりかはちょっとマシかも・・・

んでもって早速試乗!!ロードスターってなに?っていうかたのために・・・概略を説明しよう。

ロードスターに試乗させてもらいました。3代目ロードスターに乗るのははじめて。運転席に座ると。。。結構タイトですね。そして着座ポイントが低い!

マツダのロードスターがカーオブザイヤーを受賞しましたね。なんでもマツダはカペラ以来23年振りの受賞なんだとか。

久しぶりの受賞だと思いましたが。意外とロードスターは今回が初めての受賞だったんだですねぇ。乗ってみたいな車の1台でもありますがねぇ・・・

ロードスターには初代から興味があり、今回の三代目も楽しみにしていたのだが、スタイリングがちょっとな〜って感はあった。

着くと一回には4台のロードスターがいました。赤いNA。50万台記念のオレンジのNB。赤いNC。みんなの名前が入った青い10thリミ。

“ロードスター君(まこの)がバルバル言ってます”と―暫らくして―「バルバルって何?」という電話がかかってきた。

ちなみに、H10年式のマツダ ロードスターです。完全に趣味の車です。良い車ですが、この際仕方ありません。

この車はマツダの「ロードスター NRリミテッド」という車で、1999年か2000年に発売になった限定車だそうです。

ついこの間、車検を済ませてきたロードスターくん。まだ走行距離3万8千キロ。

レクサスを押さえての受賞は走りの本質や運転する楽しさと言う車の本質部分が、上質や高級という車の付加価値よりも高く評価されたと言うことだろう。

エンジンOHの慣らしも終わり、ビンビンに回る快音に酔いしれつつ帰宅していると、何やらブチッだかバキッだかの異音が聞こえたような気がしました。

「NCロードスターの試乗準備が出来たので良かったらどうぞ!」と声をかけてきます。まぁせっかくなので、試乗させてもらうことに。

ディーラーでロードスターを見てきました。悪くないですね、写真で見るよりもいい!トップもこれまでと違い、簡単に片手で開閉が出来そうです。

今週末「うめばちロードスター」のエンジンオイルを交換する予定です。前回交換から3ヶ月、ここ3週連続で片道100km以上の走行をしたし・・・

若い頃からの夢であった、オープンカー。今、やっと叶う!中古ではあるが、念願かなってやっとマツダロードスターのオーナーに!

現行ロードスターが発売されて3年、いよいよ今秋にMMCされると噂されているようです。私はマツダのスキャンダラスな話はよく知りませんが(笑)

これはロードスターをオープンカーにした状態です。夏は、昼間は信号待ちで暑いので、夜の走行は最高に気持ちイイですよ。

まぁ、新型ロードスターはライトウェイトというには、排気量2000ccで車重1100kgですから、ちと大きいですが・・・(^^;

宜野座で写した写真です。マツダのロードスターって車はなんだか懐かしい雰囲気がありますな。

今日NEWロードスターに試乗にいってきました。実はこれで2回目。気晴らしに乗りたくなるのよねー。試乗マニアかも。

店員「やっぱりロードスターはいいよ〜。スポーツカーは流行らないからロードスターに決めよ!ね!」

ドイツでも、毎日2〜3台は見ました。マツダのロードスターは、ギネスブックに載っているのですね。3代目も、欧米では人気のようです。

生活スタイルの変化と、大きな車田と店頭の看板を隠してしまっている事。(笑という事で。マツダロードスター(NB3のRS)です。

気になっている車マツダ・ロードスターを試乗してきました。地元のディーラーには置いてなくて、ドライブがてら隣の町まで行ってきました・・・

平成2年式NA6CE。名前はゲコ号。名前の由来は、蛙に似てるから。色からして、たぶん、毒矢蛙だろう(笑

先日、ロードスターに試乗してきました。やっぱり、屋根のない車は良いですね。307より開放感があります。

現在進行形のF6Aのエンジンが終わったら 後輩の ロードスター ターボ化計画を すたーとすべく ピストンが届きました。(オーナーがオークションで落札)

ロードスターが受賞!このスポーツカー冬の時代に、唯一今年発売されたロードスターが受賞ですよ。

空き時間があったからMAZDAでロードスターに試乗してきた。タイプはトップグレードのRXにマツダスピードのエアロが付いたもの。

愛車 マツダ ロードスターNB1のサイドウィンカーにリングを付けました。ホイールを純正のパフ掛けホイールに変えてからですが

僕はこの初代モデルが一番好きですね。でも、最近あんまり見ない気がします。ガソリン高の影響かな。

営業の方が「試乗車があるのでNCに乗ってみませんか」と言ってくれた。欲しいけど買えないんでよね^^;でも、せっかくなので試乗させてもらいました。

私の通勤は、ロードスター。勤め先の人に、朝の挨拶と伴に「若いね〜」と言われてしまった。私のロードスターは、17年前の車だ!

初代ロードスターが誕生した当初は、まだ世の中はバブル期にあって、マツダも世相の勢いに乗って販売チャンネルを拡大。

購入しました!!!![マツダ ロードスターRS-NB8C 1800cc MT]です。納車からかれこれ2週間ほどたちましたが(-。−;)

新車購入時から30ヶ月間のメンテをパックにして、お得な価格で提供してくれるものです。ロードスターの場合、通常47,250円が31,500円になります。

市場でのオープンカーのイメージを変えたマツダ・ロードスターです。現行型では三代目ですかね。

運転の楽しさを味わわせてくれたロードスター。今でも、本当によい車だと思っています。運転者を選ばない懐の深さは大きな魅力のひとつでした。

私の乗っている2代目ロードスターは、初代ロードスターがベースになっているので、年式のわりには装備はシンプルです。

ユーノスロードスターが来ました!私も以前NA型の1600とM2の1028を持っていましたが、今乗るとなかなか面白い車ですよね!

キャンペーンにつられて近くのディーラーにロードスターの試乗に行ってきました。新型は2LのDOHCですが、やはりトルクフルでした。

私の愛車はマツダのユーノスロードスターという車で、このブログの第1回投稿の時の、走行距離は199378舛任靴拭(既に、すごい距離です 笑)

愛車NA8Cロードスター(ラグラブルー)との出会いと決めた理由をふと思い出した 一年前スポーツカーに乗りたくなった

超が三乗つくほどロードスター史上唯一の不人気限定車! みんカラや各ブログに雑誌記事を読んでもそう絶賛?されるロードスターSGリミテッド。

マツダ初代ロードスターといっしょに。限りなく低重心です。ルーフはソフトトップ。

ロードスターとはマツダのスポーツカーで、2シーターのオープンカーです「お客様から乗っていいよ」と言われて、遠慮なく試乗させてもらいました。

でも、このロードスターはどうかな?しかし、欲しくなるスポーツモデルですね。でも、高いですね。

深いワインレッドのボディカラーと、乗った瞬間に過去のモデルと全く同じ乗り味を感じさせてくれたせいか、再びお気に入りの1台となってしまった。

代車として、マツダのユーノスロードスターが私の足車となった。

私エムジェイが愛をもってクルマのスタイリングを語るブログ、第6回目はマツダ渾身の3代目“ ロードスター ” だ。

ロードスターの内装を色々変えました パネルの所にカーボン調のカッチングシートを貼り コンソールのところは木目調のカッチングシートを張りました

新型ロードスターに試乗しました。初代のユーノス・ロードスターは車重1トンを少し切る程度のライトウェイトスポーツなので好きな車の一つでしたが

車高調おもいきって、おごちゃいました。選定にあたってはアルミケースで車重が増えないばねレートが硬すぎない

……今秋発売の週刊アスキーでマツダ、ロードスター開発主任の記事が!思わぬところで!

最近ハイブリット車ばかりで手軽に楽しめるスポーティーな車が少なくなってきました。そんな中マツダはすごいですねNA8Cはかなり昔の車なのですが・・・

先日、ロードスターを引き取りに行って来ました。引き取りに行くまでガソリンタンクと燃料ポンプがダメでヤフオクで両方とも落札。

色違いのロードスターが2台置いてある。色は黄色とシルバー。思わず、座ってみました。いーなー。

今年最後の試乗は、先頃マイナーチェンジしたばかりの、新型ロードスターとなりました。試乗車のグレードは、RS RHT 6MTです。

新車のロードスターを自慢するのが目的です。最近のマツダの顔つき。上級グレードらしいです。車体のみで290万円もするそうです。標準で足まわりはビルシュタイン

この白いのは、屋根が幌ですが、RHTロードスターと言う、電動で鉄板の屋根が動くロードスターがあります・・・。いつか乗ってみたいものです・・・・

NA, NBの幌のキャッチ。NA6CE初期型からNBの最後まで変わらず採用されていた優れもの

私の愛車も・・平成2年式の・・マツダ★ロードスターです!(写真は、阿蘇草千里で・・撮影しました)当時は・・「ユーノス」という社名でした・・

街中でいきなりエンジン停止もあれば、アクセル一定なのに勝手に激しくエンジン回転数が上下する事も。。。

5万キロを越えて、7年を経過しましたが、NAロードスターでの走行距離も合わせるとロードスターで10万キロ以上は走っていることになります。

アクセルとクラッチにはもう慣れた?納車当初、気をヌケば「ストン」とやらかしていたエンスト。最近はあまりやってない。

カテゴリ:マツダ|テーマ:ロードスター:マツダ|更新日時:2017-07-08 09:07:29

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>