この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-08-24 02:08:10

「Sクラス:メルセデス・ベンツ」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

スクエアーデザインのSクラス。この角ぽっいところが、ボディーの大きさ、風格、存在感があります。

通勤途中にベンツの380SECを発見!最初期型のクーペでソリッドのベージュ、14インチ純正アルミ、スモークも張っていない!

ベンツのSクラスにも、とうとうEcoCarが登場しますよぉ〜メルセデスベンツ Sクラス にハイブリッド---12.6km/リットル

リッター11.2kmやそこらでエコカーなんですね偏見で申し訳ないですがこういう車に乗る人も燃費のこととか気にするのでしょうか?

前方にはメルセデスベンツS65 AMG。独特のAMGサウンドがマフラから聞こえてきました。

今回は、メルセデスベンツ W220 S500L です。非常に良く出来ている車で、快適。エンジン・AT・AC・CD・シートなど全てが快適で良く出来ている。

学校に向かう道と同じ道を走ってきたから凝視!!! この車でしたS 65 AMG long 車両本体価格\30,000,000

S400ハイブリッド」はV6 275bhpのガソリンエンジンにモーター&リチウムイオン電池で結果0-60マイル 7.3秒

1954年発表の『300SL』を、最新技術で甦らせた同社の新フラッグシップスポーツカー。 0-100km/h加速3.8秒、最高速317km/hという新しいスーパーカーの誕生だ。

メルセデスベンツの300SL 名車が復活?売れそうですねーごく一部ですが・・・昔のイメージも残しつつかっこいいですねー

すんごい車があるもんです。ベンツSクラスを基本に贅を尽くし総額6000万円近くするそうで、我がアルクスホームの家が4棟は建てれそうな感じ。

ようやく姿を現しました!!SLS AMG!! 赤のボディーカラーは意外とカッコイイですね!!

10・15モード走行燃費はS350と比較して30%アップとなる11.2km/リッターを実現。国産車なら、もう少しアップしそうだけどね。

とくに「○○クラス」という言い方もなかったのですが、1972年にデビューしたこのW116から、いまなお使われる「Sクラス」の名称を初めて「正式に」使用しました。

300SLを思わせる風貌。300SLも、あり得ないカッコ良さですが、現代風に武装したこちらもさすがの仕上がり。

AMG S63いつも同じ駐車場に停まっているこの車。かなり気になります。2000万円以上もする高価な車。

メルセデス・ベンツ S500L】 シュニッツアー仕様です。。外装色はシルバーからオプブラにオールペンでしたがオールペンしただけあって、とても綺麗でした。

Sクラスに輸入車初となるハイブリッド車がラインナップされることになりました。しかし、なんで最初に投入するのがSクラスなんだろう。1405万円。

ショッピングセンタータワーパーキングメルセデスベンツ E280 ステーションワゴン。シルバーメタリックのボディーカラー。

ついにSLSの全貌が明らかになりましたね!! このちょっと変なガルウィング、クラシカルなグリルまさに現代版300SL

1963年式メルセデスベンツ 220S(W111系)ですベンツと言えば高級車の代名詞であり、世界中の自動車メーカーが目標とするクルマ

室内も静かなハイブリッドはオーディオ的にも優れた素材ですから、サウンドパークとしとも注目の車両ですね。ナビのモニターに、バッテリーやモーターアシストの状態を表示

友人家のS55の調子が悪くなり、最近S63に買い換えとなりました。 ということでちょっと試乗させて貰いました♪

ベンツも不調みたいですね〜Sクラスってそんなに生産台数多くなさそうなのに一時生産中止って。。。

メルセデスベンツ Sクラス「S400ブルーハイブリッド」このハイブリッドはリチウムイオンバッテリーを搭載するらしい

今月、さよならした最後のマイカーです。ロリンザーSクラスです。ちなみにこのSクラスは二台乗りました。

リバースやパーキングなどすべてのシフト操作が可能なダイレクトセレクトなどなどSクラスはこの型で5代目になりました^^

で、今回ご紹介するメルセデス・ベンツSクラスARTはチューニングに関してではなく、その外観が注目です。

リークされたオフィシャルフォトとの事。 グリルの造形など昔の300SL風?とか思ったら、いわゆる”復刻版”なのですね、ガルウイング含め。

大改造?のために入院準備のためにベンツSクラスで帰っています!久しぶり乗ると優雅ですね〜♪かなり大柄のボディなので船みたいです(笑)

久しぶりにベンツでカッコイイ!と思える車がでた。石原裕次郎の愛車、300SLの現代版復刻といったところか。

メルセデスベンツがハイブリット車を発売するそうです。価格はともかくハイブリッド車でリッター11.4キロってどうなんでしょう。

ベンツのSクラスです会社で新しく車を購入したので、それまで使っていたこの車を譲っていただきました。

このスピードメーターいくらスポーツカーとはいえ一般道を走るにはメーターの針がちょっと動くだけで、、、、、

ベンツ・Sクラスのハイブリッド車価格は1405万円!ん〜いいけどなんか複雑。なにがっていうとこれがエコカーに入る事。

こんばんは。ついに本国AMGサイトで詳細出ましたね。SLS AMG 日本での価格がいくらになるか気になるところ・・。

輸入車初となるハイブリッドモデルです。時速15km以下になるとエンジンが停止し、アイドリングストップ状態となる"ECOスタートストップ機能"も搭載されているそうです

300TDTの足回りをkenkenさんに修理していただいて毎日走り回っておりますが、やはりリアの車高が数センチ高くなることでフロントのフェンダーがタイヤに当たるケース

かっこいいですね〜画像みたいにドアをオープンしていると、西部警察に出てくるスーパーZに似てますよね。

モーターショーが始まる直前に日本でも発表されたメルセデスベンツのNewSクラス。個人的には一番の注目車といってもいいぐらいの車でした!

メルセデス ベンツ の Sクラスで来てくれました\(^o^)/ふんぱつした甲斐がありました初めて乗りましたが、シートは本革シートで音も静かでした^^v カンド〜ウ

メルセデスベンツの最高級セダンSクラスのそのまた頂点といえるS65AMGが日本で発売されるみたいですね。

「SLRマクラーレン」の後継に位置付けられたこのモデルは、メルセデス史上最高の名車と言われる54年式「300SL」のリバイバルであることは一目瞭然

現行メルセデスベンツSクラスボディカラーはもちろん黒。大口径(20インチ?)のフィンタイプのアルミを履いていました。

メルセデス・ベンツの高級セダンSクラス「BLUETEC」技術を搭載した「Sクラス・ブルーテック」も出展されています。

「S400 Blue HYBRID」と呼ばれているモデルは3.5Lのガソリンエンジンに1モーターを組み合わせたマイルドハイブリッド。つまりは、インサイトと同じようなシステム

メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルである、Sクラスを購入する事になりました。あまり乗られていないベンツ

写真はSクラス(W221)ロングです。車内は広く、全席リクライニングが出来るので快適です。

中古のベンツSクラスを選ぶ時に覚えて欲しいことがあります。ベンツSクラスは、S280・S320・S500・S600と4種のモデルがあります。

やっとベンツSクラスにもハイブリットが誕生しましたよ!豪快な走りを期待します〜〜!

メルセデスベンツS550ロングAMGスポーツパッケージ特別限定車です最近前の型の白のSクラスから現行の黒のこれに買い替えましたぁ

ブランド信仰の強いニッポン人故に、レクサスの苦戦は避けられそうにない怖い存在となるのは必至。当然、エコカー減税の対象となるので、自動車取得税と重量税が100%免除

エコカーとは少ない燃料で動き、クリーンな排気ガスを出す車だと思っていました。排気量660ccの車であっても、人も荷物も運ぶことができます。

メルセデス・ベンツのフラッグシップモデル、Sクラスに乗ることができました。といっても自分で運転したわけではなく

メルセデスのフラッグシップモデルであり、かつ世界の指標として君臨し続けてきたSクラス

ついに来ました ベンツのSクラスしかもAMG

ベンツのAクラスだったらまだ許そう。でも、ベンツSクラスで、しかも黒塗りで高級感漂うタイプであるので、なおさらがっかりなのである。

ベンツSクラスにハイブリッドが加わるそうです。ベンツSクラスがデビューして、今年の秋で早4年。

なので御前崎までの2時間ほどのドライブを楽しみました。愛車のベンツS550ですが、今日の平均燃費は7kmほどです。

今回の車は、サスとショックの交換作業での入庫。Sクラスになると、スプリングの重さは他の車の倍以上はあり、交換作業には体力がいる。

台湾に行ったときは、取引先の会社がいつもこの車で空港まで迎えにきてくれます。もちろん乗り心地は最高です。何て言ったて、Sクラスですから。

メルセデス・ベンツSクラスの販売が絶好調。しかも販売の40%をS500が占めるというので驚きです。

新型S63AMGおよび新型S65AMGを発表した。S63AMGおよびS65AMGは、今回の改良でエクステリアを中心にスタイリングを刷新したほか、環境性能および安全性の向上を図っている

メルセデスを語る上でコレを外す訳にはいかない・・・と言う事で、すでに街中でも見かけるようになったSクラスについて。

私のドライビングフィーリングをものすごく刺激し続けているため、本当にベンツW220とは長い付き合いになっています。

ベンツのSクラスこの頃良く目にします。フェンダーのアーチ部分のデザインを入れることにより、車体全体が前期モデルより、かなり大きく見えます。

近所のおじ様にメルセデス・ベンツ(Sクラス)を見せて頂いたのですが、「乗ってもいいよ」というので運転席に座らせてもらいました

Sクラスはトヨタ車よりも全然小回りが利き運転し易い。逆に 従姉の乗っている ベンツのワゴンタイプだとホンダ車 を運転しているようなもの。

それにしてもベンツのSクラスは、金食い虫じゃのーワイパーのゴムだけで1万円近くするとは、

メルセデス・マガジンにメルセデス・ベンツSクラスのタクシーが載っています。Sのロングかな?と思ったら、S55AMGでした。只者ではないか...

今日はメルセデスベンツ現行型W221の紹介です。さすがSクラスだけあって、威圧感たっぷりです。

カテゴリ:メルセデス・ベンツ|テーマ:Sクラス:メルセデス・ベンツ|更新日時:2017-09-19 16:09:15

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>