この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-05-15 02:05:28

「CLクラス:メルセデス・ベンツ」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

一番わかりやすいのは加速中で、飛行機が離陸するときの様であったり、赤外線カメラによるナイトビューアシストはまるで軍需車輌のようである。

メルセデス・ベンツAMGの情熱と技術そして揺るぎないCLクラスの風格が生み出したトップパフォーマンスモデル・・・それがCL 63 AMG・・・

今度はCLベースのチューニングカーである。こちらはちょっとマッチョな感じ。

スペシャルインポートカーショーでADVANのブースに展示されていた、BRABUS CL-T13です。簡単に言うとベンツの現行型のCLクラスの凄いやつです

メルセデス・ベンツの中でも高級ラグジュアリー・クーペの位置を占めるCLクラス。去年の秋にフルモデルチェンジ。

「1993年 ベンツ CL600」を拝見させて頂きました。LT-1エンジンスワップに始まり、エアサス、ボディドロップ、かなりスムージングがされ、実にスタイリッシュ

BRABUSのC216 CLベースのチューニングカーです!(^^)!何とも言えず過去良しですね(^。^)y-.。o○

ダイムラーは、この春にCLKをモデル廃止してEクラスクーペを発表しましたが、現C216のCLは、来年のマイナーチェンジを期にSクラスクーペと名前を変えるようです。

CL550 AMGパッケージ。最近のベンツはスポーツ指向のデザインですが、クーペはよりスポーティでかっこいいですね。

ドアを閉めるとシートベルトを付けなさ〜い!とニョキニョキ出てくる装置は、SECの発売である1981年当初、すごい装置!と感動したことを覚えています。

おはようございます。僕のCL(550AMGパッケージ)を、オイル交換しました。

僕の愛車、メルセデスベンツCL550ですが、自宅マンションの駐車場が写真の通りタイヤ幅がギリギリなんです。

勝手に「〜3〜」と、メルセデスベンツCL550第3回目ブログネタとして名づけてしまいました。僕の愛車、CL550はデジーノなので内装が写真の通りです。

車はベンツのCLでフルスモーク、タイヤもインチUP(たぶん22インチ位)、エアロも写真のよりもっとワイルドな感じだった。

¨Sクン¨のCL500が昨日納車になりました。ブログでもよく紹介させてもらっている¨リバティウォーク¨さんで購入した車です。

初ブログです。CL500をここまでカスタムした人はいない??1.内装アルカンタラ張替え2.HDDナビ&モニター

CL500ですね。たぶん、新車なら1500万円くらいするんじゃないですか?

本日は、いつの時代も美しく他を圧倒する魅惑のクーペ!!メルセデスベンツCLクラスに付いてです。

メルセデスベンツ・ベンツCLクラスにデジーノによる特別な限定車「100イヤーズオブザトレードマーク」登場。

ママの大好きなベンツママはやっぱりベンツが大好きこれは結婚する前に買ってもらったCL

CL600ですけど・・・こんな車です。ね?キマッてるっしょ!?車高はトーゼン、ローダウン!この手のベンツってエアサスキット入れたら車高が自由自在で便利っすよね

最近、モデルチェンジする予定らしく、丸目4灯のCLが好きなんですが、新型もいいかも!まぁ、新車じゃ手が出ないです。

CL65 AMG!それだけの風格があります。リヤのフェンダーのふくらみが、はるか昔のハコスカGT−Rのオーバーフェンダーを思わせますね。

ずっと前ですがCLがリリースされましたね。前作よりは好きです☆前作はW140がカッコヨスギでW220のCLはかなり貧弱で安っぽかった。

メルセデス・ベンツの最高級クーペ、CLクラスが日本でも新型になりました。最近、駅の近くで新しい白のSクラスをよく見ます。

CL500やCL600 AMGのCL55などグレード的にはかなり上ですが、中古車の相場が下がってまして、購入としてはかなり狙い目かと^^

一世代前 F1のペースカーに使われたCL55 F1 限定車です。

最近のお気に入りが、このベンツCL600!やっと、カスタムが完了して試運転をしていたのだが・・・・かなりローダウンしたため凸凹道はやっぱりいまいちかな〜!

先日納車したベンツCL600 V12ツインターボ車、もの凄い車だった。AAの通常の与信枠も軽く越える金額もさることながら走り、装備ともに未知の世界を感じた。

今回はCL600を紹介します!!!!Sクラスの2枚ドア!!!カッコイイですねーー!!

CL55AMGが修理から戻ってきました。『やっぱりベンツはこうだよね!!』という足回りの感覚。全長5mの割には、コンパクトカーのような取り回し。でも燃費は極悪

CLは2ドアであり、しかも6Lであること、ツインターボ自体は日本車ならけっこう出ていますが世界的にはレアな装備でもあります。

僕も、55コンプレッサーシリーズは、よく試乗する事がありますが、65はほとんど無く、かなり希少です。CL55Kとは違うワンランク上のオ〜ラがあります

メルセデスが送り出す2ドアクーペの最上級モデル「CLクラス」の新型がデビュー。行CLクラスが登場したのは99年。

いい車です。実は、私が狙ってました。。。私個人的には、やっぱりCLなんですよね〜スタイル、大きさともにgoodです!

ついに納車の日がやってきました♪♪納車までにカスタムしたのは後期のヘッドライトミラーウインカーBRABUSスタイル

トラベルティンベージュ(シャンパンゴールド)という色と、ワンオーナーで走行38千キロの極上車だったので、思わず衝動買いでした

メルセデス・ベンツはこの秋発売を開始するCLクラスのオプションとして、レーダーを使用した新しいパークアシスト・システムを設定。

シフトレバーがパーキングの位置から動かなくなり、どないもこないもならなくなったCL。

頂点に位置するクーペ、それがCLクラスです。エレガントでダイナミックなクーペフォルムのなかに広がる、贅を尽くしたゆとりの4シーターキャビン。

その中の1つに、メルセデス ベンツ クーペの頂点に位置するCLクラスに、4MATICを搭載したモデルが公開されることが明らかにされました。

カテゴリ:メルセデス・ベンツ|テーマ:CLクラス:メルセデス・ベンツ|更新日時:2017-05-28 04:05:10

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>