この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-02-10 16:02:34

「ゴルフ:フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ターボチャージャーとスーパーチャージャーのツインチャージャーで出力を確保、小排気量だから燃費もよく、環境にも配慮しているというのが特長とのこと。

すぐに、フォルクスワーゲン・ゴルフcox仕様を購入しました。  2000ccのGLiベースのシルバー色。  結構気に入っていました。

遂にフルモデルチェンジで新型リリースですね。表参道を歩いてると、結構前からでかでかと看板が上がっていて

これつけて、ナビつけて、本革にして・・・・・どうも日本で売る場合は、、豪華にしたがるみたいだなぁ。。。

フォルクスワーゲン・ゴルフ垢發修蹐修蹈皀妊襯船Д鵐!!シロッコ似のフロントマスク。

フォルクスワーゲン『ゴルフ』が新しくなった。今回の新型ゴルフで6代目。私のゴルフは3代目なので、もう3代も古いタイプになりますな。

まだまだ甲斐性のない俺は予算的にあきらめてたまたま見たフォルクスワーゲン ゴルフに一目ぼれして、即契約してきました。

この度、僕の営業車「ゴルフ」を一部改良致しました。すばらしいフォームに仕上がりました!!

待ちに待ったVWシロッコが発売されましたね。 今回発売されたのは2グレードで、価格は1.4LのTSIが392万円で2.0Lの2.0TSIが447万円です。

25日に発表されたフォルクスワーゲン『シロッコ』もまた20年という長い時間を経て新型として復活したモデルだ。しかし疑問がある。

ワーゲンです。ゴルフです。輸入車の中でも優等生ですよね。この車であまり痛い目にあったことはありません。

愛車のフォルクスワーゲンゴルフGTIです。テールですが車検は通ります。ウィンカーはオレンジなので・・・

VWゴルフは初代儀燭箴茲辰討い伸況燭望し思い入れがあります。頼りないシフトを間違えて3速で発進した初めての儀拭

今回で三代目になります。といっても、二代目生産中止から、かなり年数がたっているので、復活?ってかんじ?

6世代目の原点回帰先代のデビューから、ちょうど5年。輸入車の定番、フォルクスワーゲン・ゴルフがフルモデルチェンジで6世代目へと進化を遂げた。

我が家の車は、フォルクスワーゲンのゴルフワゴン。 以前から、いろいろ不都合がありボロくそワーゲンなんて言ってたりしました。

ゴルフ2はエンジンがとても丈夫で、燃費もいい車なんです!(街乗り・10km/リッター以上)このまま行けば、20万キロ突破も夢じゃないですね

ちょっと外車で気になるのがありまして…。ワーゲンのゴルフカブリオレという車です(゚∀゚)!!やっぱ燃費とか悪いんやろか(ノω・;)でも見た目惚れてしまった♪

VWゴルフを購入して早3年。ついに車検。今日はディーラーにゴルフを預けてきた。

来ちゃいました、来ちゃいましたよ〜〜♪「 フォルクスワーゲン ゴルフ6 」がデビューしちゃうそうです!コンセプトは「 自動車史上に誇る特別なクルマ 」

同僚に外車を運転させてもらいました。フォルクスワーゲン ゴルフ「GT」だす。

視力の低下が激しい私には幅の広いEGシビックにしか見えません。ていうかコレ買うくらいなら極上タマのEKシビックタイプRを買いたいですよね、普通

アンダーカバーに続いて地味なパーツ第二段!!

エクステリアは良いんじゃないでしょうか?国内メーカーで言えば、ホンダとマツダのテイストに似ているかな?でも、シロッコの方がデザインに力がありますね。

フォルクスワーゲン・ジャパンから、ゴルフGTIピレリが限定で発売されます。ヨーロッパでは1年以上前にデビューしているモデルです。

20年の沈黙を経てシロッコが帰ってきたってCG辺りが好きそうな言い回しですが、このいい意味でのガツガツしたエクステリアはいいですね。

ワーゲンのゴルフはけっこう赤とか青とかよく見かけますがこのシルバーは本当にセレブな奥様的なイメージなんですよね

04年 ワーゲンゴルフ 1.6E  走行9000キロ 意見はそれぞれあるでしょうが、ゴルフは1.6Lで十分だと思います。もっと言えば最近の1.4でも十分。

私の車ですが、フォルクスワーゲン ゴルフGLi94年型5ドアの黒です。まず思ったのが、最近(ちがうやろ!!)の車にしては、パワステが重ステである事です。

レンタカー屋のカウンターでベンツAクラスとゴルフでちょっと迷ったんだけど、ゴルフにしてみました

近所にあるフォルクスワーゲン下関で新型「ゴルフ6」の試乗をさせてもらいました^^

日本流に言えばミドルハッチ、世界的にはCセグメントと呼ばれるカテゴリーで定番的な人気を誇るVWゴルフ。これに待望のワゴンモデルが追加された。

2.0TSIエンジンと6速DSGのミッションの組み合わせは素晴らしく、その加速感とパドルシフトでのギアチェンジはF1ドライバーになったような気分。

3代目ゴルフ、通称ゴルフIIIは、1991年秋のフランクフルト・モーターショーで一般に公開されました。

運転してて全く疲れない 乗り心地・走り心地はとっても良い 全般的に硬い作りって感じ リッター12KM以上で経済的にも良い

R32といってもスカイラインではありません。VW社のフォルクスワーゲンゴルフのR32です。

昨年暮れに試乗したフォルクスワーゲン ゴルフGT TSI。排気量が1,400ccという事しか予備知識が無く乗り込んだのですが、走り出した瞬間に驚かされました!

ゴルフ困凌啓屬任后 ゴルフって、なんだかモデルチェンジごとに大きくなってません?

VW Golf Variant TSI Comfortline。この車、1.4ℓなので、あまり期待していなかったんですが、試乗してビックリ!!

いやー、このゴルフ困老觜愁妊イんですね。横幅が1780mmもあります。 こんなデカイのはもうゴルフではないですね。他の名前にしてほしいっす。

私のゴルフはまだ大丈夫ですが、ゴルフ3とゴルフ4の定番トラブルに窓落ちがあるようです。

購入したのは、あこがれのフォルクスワーゲン ゴルフGTI 2003年式です。

このシロッコ。今日が発売らしい。発表と発売が同時ってのはなんか国産車並だね。

新型ゴルフが既に展示されています。一時主流となりつつあったあの「ワッペングリル」はその片鱗さえありません。

ゴルフのベルト交換をしました。オイルレベルゲージの隣のわっかをグイッと回せばテンショナーが緩みベルトが外れます。

今日は、我が家のゴルフ(スナフキン号)の内装紹介です。これまで大人のスポーツカーを目指して、コツコツ変更&追加したグッズ達です。

さて、ここ数日、とっても気になってるのが・・・『ゴルフ后。韮圍鼻。丕蕋鬘紕譯譯蕁!!

ちょっと古い記事になりますがGTIのディーゼル版が出るようです。最大出力は170ps、最大トルクは35.7kgm。

VW ゴルフも6になり5のモデルも先代になりましたが、デザイン的にも一世代前と感じません。ゴルフ5はややもっちりとしたボディーデザイン。

車種は「フォルクスワーゲンのゴルフワゴン」です(≧∀≦*)ノ念願の外車を購入しちゃった・・(ノ ̄∀ ̄)ノ

昨日の午後、友達の彼女のご厚意で、フォルクスワーゲンのゴルフ・ヴァリアントを運転させてもらった。

ディーラに置いてあった新型ゴルフを見て一番気にいったのはリヤワイパーの支点部のカバーに開口部がなくなったことです。

フロントの押しの強さの割りにリアセクションがやわらかなので、やっぱり、ニュル24時間耐久でクラス優勝した車両のようにリアウイングが欲しいところですね。

九州のオークション会場から 無事到着した ゴルフ権 予想通りのコンディションです★

<フォルクスワーゲン ゴルフワゴン GLi 1996年式 1,800cc AT>長女が乗っている車です、どうしてもこの車がいいと言って乗ってます。

先日 ゴルフに試乗してきました・・・。今は買えないのに、かなりの無理を言いまして、高速道路と長距離の試乗をさせてもらいたいと懇願して・・・・

横からのスタイルだけは少し悔しいが、テールは今のほうが好きだし・・・【中は現行モデル、下はひとつ前のモデル】

我が家のニューカマーです。GOLF R32R32と言ってますが、スカイラインGT-Rではありません汗

いやぁ、コンパクトカーは燃費も良くて税金も安くて、お金がかからずイイですよねぇ。

ドイツ本国では、ゴルフが、ゴルフ5から、ゴルフ6になった。いよいよ日本でも、ゴルフ5が、、終わりを告げようとしている。

それはエンジンからの異音1500〜2000回転のブースターが動く時、「ガラガラ」という音がします。

NEWワーゲン・ゴルフです。1400ccターボなのにとてもキビキビ走ります。まだ街中であまり見ないのと白は珍しいそうです。

yasuの1991年式のフォルクスワーゲン、ゴルフ供8紊蹐離疋▲離屬折れました。チャイルドロックしてましたので、中からも開けられません。

GOLFで一番人気は、やっぱりGTIで赤い枠の4灯グリルは憧れでした。GOLF1は当店でも、ものすごく売れた記憶があります。

結構みなさんご存知かも知れませんが・・・・。Golfに隠された機能が!?

VWから新型ゴルフGTIが発表されました。先代のゴルフ5シリーズでも高い人気を得たGTIモデル。

VW ゴルフ GT TSI は走りのレスポンスがとにかくすごい。軽快というものではなく、それを超えたもの爽快!そう気分爽快なのだ。

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:ゴルフ:フォルクスワーゲン|更新日時:2017-03-19 07:03:59

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>