この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-07-18 21:07:00

「ジェッタ:フォルクスワーゲン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

代車として赤の「ジェッタ」が待ってました。私のゴルフよりも上級グレードの 2000ccのターボ車です。(2.0FSI)しかも、オプションの本皮シートまで付いています

我が家の足として活躍してくれている、ジェッタ胸笋両ー蠅淵ぅ瓠璽犬任蓮埃をかぶって耐久性のある中近東のタクシーなのですが、妻の反応はいまいちです・・・

ジェッタの車検が近づいてきました。現在も我が家の純粋な足として活躍してくれていますが、この時期は買換えについて・・・悩んでしまいます。

VW GOLF5 WAGONは、北米ではJETTA SPORT WAGONという名前で販売されています。

ジェッタの雪道での問題その1。タイヤハウスがすぐに氷や雪で埋まってしまう。

ジェッタ(JETTA)に乗って、フロリダ    ディズニーランドワシントンDC(首都)バージニア州 リッチモンド(州都)

もうジェッタくんとは19年のつきあいになるな。。。ハンドルを握った者にしか解らないなんともいえない乗り味があるんだよね〜

なんでジェッタかというと、ゴルフに行くから、4ドアでターボでミッションがいいクルマ…って探していったら、コレになったわけですね。

今回も「ゴルフGTIもどき」。しかも、ゴルフGTIだけに認められた様々な特殊装備を、軽々しく他車に転用している。

で、車検中代車がジェッタ君(VW赤2.0TSI GT)でした。 なかなか聞き慣れない車名かもしれませんが“ゴルフ君”のセダンと説明したらいいでしょうか?

うちのジェッタですが、去年の冬はスタッドレスタイヤだけは、「ト」印での組み付けではありませんでした。

ジェッタの右ドアミラー、見づらいんですね左ハンドル車と同じ鏡面を使っているみたいで、外側4分の1くらいが湾曲して見えるんですよ・・・。

ジェッタ☆さん宅の愛車がぁ・・・・・一部破損しましたこれは後部座席にある「ブレーキを踏むと点等するランプ」です。

COZYにとってははじめてのフォルクスワーゲン車です!色も当時大好きなガンメタでしたし、めっちゃ嬉しかったのを覚えてる。

2.0リッターということもあり、エンジンの音が大きかったり、内装をみると、自分の車の贅沢さが感じられました。

旅の相棒はVWジェッタの限定バージョン、「GT Sport」でした。個性的なアルミホイールにハニカムグリルの組み合わせで、かなり精悍なイメージ。

挙動不審な動きをするジェッタくん。発進して1速〜2速、そして3速めにシフトアップする瞬間、グゥゥ〜ンとエンジンブレーキが掛かったように急減速

先日Bピラーを再度交換して、音が消えるかどうかでしたが、結局消えませんでしたorz。こうなると何回交換しても変わらないので放置モード。

ジェッタGTの点検整備の続きです。 フロントブレーキパッドの残量は約7.0mm、ローターは少し錆びが出ていますが、摩耗少なく大丈夫です。

ジェッタのワイパーブレードは純正のエアロワイパー。冬もそのまま使っていたら着氷のせいか

今は乗っていませんが 旦那の愛車ジェッタです(^^)☆この車 知ってる人はいませんかぁ〜^^?

「ジェッタ」っていう車を運転させてもらいました。フォルクスワーゲンの車です。ウインカーとワイパーが日本車と逆。ウインカー出すつもりがワイパー動かしちゃったよ

コレ見るとやっぱりジェッタがイイ♪(笑)次はサルサレッドのジェッタかな〜…なんて思ったりもしますが、やっぱり白がイイ♪

ジェッタに特別仕様車が出たらしい基本はジェッタのスポーツラインで、見た目をゴルフGTI風にしたもの

我が家にジェッタがやって来たなぜ、車を買ったのかというと、いろいろ理由はあったけど この子に決めたのは そうずっと、革シートの車に憧れていたから

JETTA TDI購入するかどうか迷ってますが一応調べ物だけはしておきます。北米仕様のジェッタ、実はアメリカだけでなくカナダでも購入できます。

距離にして往復330kmを高速で走っています。ほとんどとんぼ帰りなので休憩はありません。車はワーゲンジェッタTsi、外車ですが大衆車です。

我が愛車2代目1989年ジェッタGTも10万キロ5年前に6万6千キロで我が家に来てからようやく10万キロ達成!!

フォルクスワーゲンのジェッタの4ドアセダンです。一般道に高速道路、通勤に使っているのですが、印象は可も無く不可も無くというところでしょうか。

VW自慢の新エンジンユニットが、ゴルフファミリーの4ドアセダンをどのように変化させてくれるのだろう。好奇心が、いやがおうにも高まってくる。

ちょっと旧いVW好きの方は、まだ覚えていると思います。2代目ジェッタ。前期モデルはほとんど絶滅状態ですね。

上のジェッタはその代車です 1.4Tsi走行3700km新車の試乗車です 僕のbeeより高い(・_・;こういう所がDUOのにくい所です

第3回 VW ジェッタ〜1400?走るね〜ゴルフワゴンからの乗換え。

その走りはビューンと滑らかな走りでした。ものすごく素人に近い感覚しかないので、プロのクルマ批評家のような気の利いた表現は出来ませんが普通に良いクルマでした。

GTIを銀色ジェッタ顔にすると新鮮でカッコよくなりますが、逆パターンをやろうと思うなら380万はお得かもしれません

ついに新車のフォルクスワーゲン ジェッタが来ましたピカピカですが、ディーラーさんが自慢げに「ワックスもかけといたぜ」とおっしゃる通り近づくと、おもっきりムラ

VWジェッタ(伊豆ナンバー)なんと言ってもこのテール。ブレーキ&テールランプがLEDなのはもちろん、ウィンカーもオレンジのLEDでした。

うち来て2年とちょっと、約2万3千km走行のジェッタですが、ここらでこれまでの故障と不具合をまとめてみましょう。

”ヴァリアント”でも”ワゴン”でも無いこの車。アメリカ仕様の「ジェッタ スポーツワーゲン」だ。

実家のジェッタを乗ってきてくれましたので比較してみました。当方の車は2009年式ジェッタTDI、M君の実家の車は2006年式ジェッタ2.0です。

カテゴリ:フォルクスワーゲン|テーマ:ジェッタ:フォルクスワーゲン|更新日時:2017-07-23 02:07:26

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>