この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-05-23 22:05:52

「トゥインゴ:ルノー(RENAULT)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ルノー党のりまめさんからトゥインゴのRS(RS:ルノー・スポールの略) が面白そうな旨のコメントを頂きまして、ちゃっかり乗ってきました・・・。

日本市場では、プジョーにかなり遅れをとっているルノーではあるが、トゥインゴの投入で、フレンチコンパクトカーとしての存在価値が認められるか?

今、私が乗っている車はVitzですが、むかしむかし欲しいなぁと思っていた車は、Renault(ルノー)のTwingo(トゥインゴ)です 

フランス向けの『トゥインゴ』に限定モデル「Dolce Vita」(ドルチェヴィータ)を設定した。ドルチェヴィータは、若い女性をターゲットにした限定車。

トゥインゴRSは1.6リッターNAの16Vで133馬力を叩き出します。車重はほぼ1トン なので133馬力もあれば十分ですね。

9月24日、ルノージャパンから新型トゥインゴが発表されました。(写真上)旧型車(写真下)はホンダトゥデイの良く似たデザインでしたが、今回は一変してしまいました

エンジンオイルは約5000キロごとに交換して来ましたが、今日はその5回目。総走行距離は125,497kmで、500キロほどオーバーしてのオイル交換。

トゥインゴの給油。約290卅って24.2Lの給油。(バッテリー交換によりトリップメーターがいちどリセットされているので走行距離は今回 ”約” )燃費11.98/L

こちらもルノージャポンの展示車輌ですが、7月1日の正式発売前にお披露目いただきました。

人気のトゥインゴに用意されるオプションは、お洒落な雰囲気を強調できるアイテム群が揃うらしい。

先ほど合間の待ち時間を利用して、新型ルノー・トゥインゴGTに試乗して参りましたっ!

シトロエンもC2が導入中止になった為に、現在フランスで小型ハッチバックというとこのトゥインゴだけとなってしまいます。

このトゥインゴに乗りはじめて2年と2ヶ月。とうとうここまでやってきました。

新しいトゥインゴが日本導入になった。スタイリングはようわからんが、トゥインゴGTはすごい楽しそうだ。

新型トゥインゴ試乗した。ノーマルタイプだがはしりはかなりしっかりしている。ミッションはセンソドライブ。慣れるととても使いやすいぞ。

フランスでは、新型が出ていますが、トゥインゴと言えば、やはりこの形ですね。

ルノートゥインゴ☆もちろんマニュアル車☆☆あまり評判の良くないイージーにのるより、マニュアル乗っちゃった方が清いです。

結論を先に言うと、21世紀につくられ最新技術が詰め込まれているであろう国産小型車よりも1994年に発売開始された旧型トゥインゴの方がすべてにおいて魅力的だった

結構良いです。正面の顔も金魚みたいです。国産の車のような作りこみになってきましたがやはり、正面からの顔は個性的です。

こいつはトゥインゴのノーマル車ですが、「クイックシフト5」と言うMTベースのセミAT機械がクラッチ操作するヤツですね。

No.66 ルノートウィンゴ 水色今見ても愛らしさのあるデザインで、個人的には大好きなモデルです。乗りやすさ、遣い勝手の良さ、キュートさ、三拍子揃っていました。

う〜ん、コンパクト・フレンチ!!!たまらないですねぇ〜…そして、MT!!最近…大きすぎるクルマたちの中で、こういう選択される方々…ステキです!

代車はもちろんルノーの車両。名前を「トゥインゴ」とゆうそうな。もちろん初めて見た車。ハッチバックボディに愛嬌のある顔のクルマですな。

ルーテシアお兄ちゃんよりもトゥンイゴの方がヤンチャらしいですサイズも良いし、排気量も良いし、欠点と言えば居住性が小さすぎる感じでしょうか。

2モデルあるうちのベーシックグレード、5速クイックシフト(2ペダルマニュアル)のほうです。3ペダル5速マニュアルのGTは導入が遅れるようです。

昨年末の車検の時にオイルを交換し5ヶ月経過     前回の交換の時に貼ってくれたシールに書かれている走行距離を過ぎてしまいました

我輩のトゥインゴなんだけど、先日めでたく走行距離が80000kmを突破。

トゥインゴのジャッキポイントは左右に一箇所ずつしかない(!)のでどうジャッキアップすればいいのかわからない

機関的には極めて好調。燃費は安定して15km/L台で推移。“暫定税率暫定的緩和”のおかげもあってガソリン代はほとんどかかっていない。ちょっとアレなのが電気系。

昨日、ちょこっと紹介したルノー・トゥインゴです。以前も書いたことがあるかも知れませんが、個人的にトゥインゴには良い思い出があります。

数日前から運転席側の窓のパワーウインドウを操作する時に変な音が出ていたんですが・・・    昨夜・・遂に・・閉まらなくなってしまいました

381km走行して、22.5Lの給油。今回の燃費は、16.9km/Lの燃費でした。

早速ディーラーに向かうことに。ディーラーに着いて、一目でわかりました。やはり、トゥインゴのルノースポール!!

今回のトゥインゴ燃費、近況。まず燃費。417.6卅って、30.62ℓの給油。燃費、13.64/ℓ。

千葉まで乗りました!硬めの足回りはけっこう路面の入力を拾いますけど、ライントレース性はなかなか!

ボクのトゥインゴ('02のQS5)の場合、クランキングは問題ないのだけど、一発目の火が入らない状態だった

トゥインゴRSのタイヤは40扁平だとか。でも、乗り心地は意外とよかったっす。早速、店長さんに試乗コースを説明していただく。

今日は連休なので、子供と妻を実家に追いやってトゥインゴと仲良くなろうといろいろとした。

新型 TWINGO に試乗してきましたよー。まずはエクステリアを観察。フロントはルノーというより無国籍風。旧モデルの愛嬌のある顔の方が好みだなー。

カテゴリ:ルノー|テーマ:トゥインゴ:ルノー,RENAULT|更新日時:2017-05-21 00:05:14

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>