この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-11-12 07:11:24

「6シリーズ:BMW」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

5LV8エンジンが独特の音を響かせる中出発。たーぼくんよりトルク感があります。ちょっと踏んだだけで十分な加速力。踏み込んだらどっかへ行っちゃいそう。

まず試乗したのは650顱BMWで最も美しいとされるクーペです。ATの右ハンドルだから、すぐに動かせるだろうと思ったら、大間違い

BMW635CSI写真は最終87年モデルのカタログです。80年代に入ると、カマロなどのアメリカ車に代わり下町でも爆発的に増殖したのがBMW。

次期 BMW 6シリーズの予想CGが掲載されていましたが・フロントは先日のモーターショーで新しいBMWの提案:VISIONをモチーフにしたデザイン?

2010年っ以降発売のBMW6シリーズの顔ががらりと変わる・・未発表の8シリーズの顔にとっても似ていて・・

6シリーズクーペのトップモデルのM6は、M5と基本プラットフォームやパワートレインを共用しながらも、ボディに関しては様々な専用設定がなされている。

このコーナー、第2回目はBMW 6シリーズ(E24)です。『世界で最も美しいクーペ 〜BMW 6Series(E24)〜』

ガソリン車よりも、CO²の排出量が少ないディーゼルエンジンが脚光を浴びています。そんな中・・・BMW 6シリーズにも ディーゼルエンジン投入!

★BMW645ci★6シリーズ 2ドアクーペ 6ATです (画像が携帯なのが残念)どーでしょう!!価格は車両で990万円也・・・。

新しくやってくるのは、630iです♪車両価格は・・・・・・。とんでもない車ですな。N52の3リッターエンジンのくせになんでこんなに高いんですか!!!!!!

BMW 650i Cabriolet 『世界一美しいクーペ』と称された先代より、14年の時を経て復活した現代の6シリーズ。

今回はBMWの6シリーズのE24!!コレ大好きです^^大人になったら乗りたいです!!!!中古車もいいのがあるので絶対にゲットしたいと思っていますw

本日はBMW6シリーズについてお話いたします。事実上の前身モデル、8シリーズ(E31)の生産終了からおよそ5年。

3種類の異なる6シリーズを撮ってみました♪GパワーM6ハーマンM6アルピナ

次期6シリーズは「CSコンセプト」のデザインを大幅に取り入れ、ホイールベースを延長する一方でフロント・リアのオーバーハングを切り詰める。

6シリーズで〜す。ブラックのボディが決まってまス^^ホイルも変更してますね。かなりいい音してましたよ〜。

BMW 630i昔の6シリーズは「世界一美しいクーペ」と呼ばれていましたが今のもかなり美しいです。

BMW6シリーズ世界1綺麗なスタイルを持つ車めちゃくちゃオシャレだ〜

目シリーズ第3弾!獰猛な猛獣のような6シリーズ。小さめのデザインがフロントのボリューム感出すいいアクセントに。

次期戦闘機の候補の1つ、6シリーズ。Z3、Z4の親分的な存在とも言えるスポーツラグジュアリーカー。

グレーのBMW645にシート黒でくすんだ黒のホイルいって、テール黒にしてマーク黒にしてアーバンな感じで。

M6のカブリオレではないが、エレガントなデザインだ。キーを入れ、フットブレーキを踏みながら、スタート.ボタンを押すとV8エンジンが目覚める。

最近のBMWって足回りカッコいいですね!ビッグホイールに扁平タイヤなんか履いていて、なかなかシャレているなと思ってチェックしています!

今月車検〜 今まで車検を通すまでに壊れるか売却していたので いくらぐらいかかるのか不明〜

アイドリングは、単気筒故1500rpm位で最低でも2000rpm以上で走らないと、エンジンが可哀そうである。出来れば、2500rpmは確保したい。

初代6シリーズ 世界一美しいクーペって言われてる車の登場です。本当に美しい!私も昔から大好きな車です。

担当の営業の方とおしゃべり半分、たまたま650iが置いてあったので見せてもらいました。良い顔つきしてますな。後ろのラインも良い感じ

商品撮影でカブリオレを調達することになった。今回、車種はBMW。その6シリーズのカブリオレである。

スタイリングも最高だし、何てったってフロントのフェンダーは鉄では無く、樹脂で出来ているらしく押すと凹みます。ボンネットは確かアルミ?車重の軽量化ですね!

ニューBMW 6 シリーズ カブリオレ出ました・・・ニューBMW 6 シリーズ カブリオレ・・・カタログは勿論!請求・・・さて?買えるのか?(苦笑)

でも気になる車が1台BMWの650iカブリオレ!!なんか違いますね〜〜そうなんです、フロントバンパーが違います

650iカブリオレは、ホワイトボディ×ベージュ内装にホワイトディスクホイールを履かせた、爽やかな印象のカブリオレです。

でも、キャッチフレーズがエレガントな佇まいのラグジュアリークーペとしているだけあって5シリーズよりもエレガントさは上だと思いますね。

今回展示の車両はBMWのM6です。この車はアルミボディーで、ルーフはカーボンでできています。

貼った理由は後続車のヘッドライト、ちょうど同じなんですよね、高さが。夜の信号待ちなど、車内がみごとにライトアップされてしまうんですなw

人気メーカーのBMWにおいてはマイナーな車だと思います。でもそれだけにこの車を選んだ人はこだわりを持っているんだろうなと感じます。

9月6日に新しい車が来ました。BMW 650i カブリオレ(E64)です。実は前の車は首都高を走行中に、後ろからおかまを掘られ・・・

ショールームには、New650iがデーンと鎮座。リアはストップランプがトランク埋め込み式に変更になりました。

今度は650iのハンドルを握る。これは、ベースが5シリーズのようだが、全く別の車に仕上がっている。

かつて世界一美しいクーペといわれた6シリーズカテゴリとしてはラグジュアリークーペに属するが、当然お値段もラグジュアリー

かつてBMWが6シリーズをラインナップしていた70年代から80年代から待つこと14年。21世紀にその美しいクーペは再び姿を現しました。

ちまたには国産車ソアラとか六本木にはフェラーリ・ポルシェとかなんか変な感じだった頃、僕の仲間ではBMW6が人気だった。

自然吸気V型10気筒エンジン、ボタン一つで500ps以上のフルパワー仕様に出来るM6です凄いよ

6シリーズは630i, 650i, 650iカブリオレの三種類があるけど、そのうちの630i。いやぁ、すごいクルマだった〜

2トン近い重さを持つ重量級のクルマに、この軽さのステアリングは違和感あります。これも電動パワステで、スピードを上げるに従いパワステは重くなり違和感がなくなる。

BMW650iを試乗してみて「ええ車だなー」っていうのが率直な感想です。ゴージャス感、快適性が高く、それでいてスポーティな走りも快適に楽しめます。

エレガントな車ですね〜。5シリーズとほぼ同じボディサイズで、クーペですから贅沢な車です。

カテゴリ:BMW(ビーエムダブリュー)|テーマ:6シリーズ:BMW|更新日時:2017-11-24 07:11:05

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>