この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-09-11 19:09:34

「プジョー(PEUGEOT)1007」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

どうです?このミルさん、めっちゃ美しくないですかー?え?ぜひ壁紙に使いたい?どーぞどーぞ。は?誰もそこまで言うとらんってか?

写真をご覧になれば、おわかりのように、ほんと可愛い“プジョー1007”です。小さいお子様がいらっしゃるのに、ルームも非常にきれいにされてました。

プジョー1007 1.4に試乗してきました。1007は運転席、助手席とも電動スライドドアと日本車にも無いユニークな存在・・・

今まで乗ってたプジョー1007  (両面スライドドア 4人乗り)

”おしゃれな街乗りクルマ”として、外装は、ピニンファリーナとプジョー社のコラボのデザインだけに流石に流麗。

プジョー1007ってカタログ落ちしたのね! なかなか、スタイリッシュやったのに。両側スライドドア、ティプトロ、コンセプト良かったのに。

1007も一年点検から半年、高速道路の料金ももうすぐ安くなるの、オイル交換とワイパー交換をしてきました。

プジョー1007を納車してきました。オレンジの可愛い1007です。両側電動スライドドアで大きく開きますので、2ドアでも後部座席にスムーズに乗り込めます

1007といえば、両面電動スライドドア。狭いところでは使いやすいかも。。

今日ディーラーに行ってきました。今月初めの大雪で、愛車の1∞7(本当は1007です、peugeotです。)

新潟ナンバーのレンタカーを見ました。どこで借りれるん?

1月28日〜2月8日走行分のプジョー1007の燃費です。ガソリン価格は¥123/Lでした。走行距離 346.7km

10月22日〜10月27日走行分のプジョー1007の燃費です。ガソリン価格は前回給油時よりさらに¥3/L下がり、¥158/Lでした。

左右スライドドアだったり〜細かいパーツにもこだわっていたり〜ルーフレールあったり〜なんか遊び心満載で〜すごくかわいぃクルマ(^O^)/

12ヵ月点検に行きました。オイル交換とエレメント交換その他です。オイル交換したら軽く成ったようです。感じですから今一かな。

プジョー1007 最後の一台、が納車されました。少なくとも日本では最後の一台。。。

今日は、通勤の足を冬バージョンにしました。プジョー1007のスタッドレスはブリザックRevo 02を使っています。

プジョー1007と言います。全世界で恐らく1万台以下の出荷台数で、日本には3000台程度しか輸入されていないという、「希少車」です。

そのおばさんの車でお出かけしたんだけど、その車がこの写真の『プジョー100』両側スライドドアになってて、内装も可愛いの♪

そんな時こそ、実家のおかんの買った新車のプジョー1007を拝借だ。色は結局ブルーになりましたがまぁプジョーぽいからいいかと。

最近売り物を多数見かけます何故でしょう?理由は分かりませんもう飽きちゃったんでしょうか?これ売ってエコカーに乗り換えてるんでしょうか?

プジョー1007の続きです。メーカーサイトに問い合わせたら、発電機のクレーム情報は今のところなく、ディーラーで対応してくれということで、今日は店長と話し合い

プジョー1007ですいやぁ、ブラック、シルバー、イエローであれば結構好みのスタイルで、実用性はともかく、運転席まで電動スライドドア

プジョーの1007に乗っています。これで何台目だっけな車。。。プジョー1007の燃費はよくもなく悪くもなくですね。

特別番号にふさわしく…プジョーにしてはアイポイント高めで…らしくないこの1007ですが…気にはなります。

関東近郊の独車ディーラーさんから頂いてきたのが、07年のプジョー1007、1,6L、走行僅か3000キロ。ディーラーのデモカーじゃないですよ。

昨日は愛車プジョー1007のリコール修理に行きましたが、この地方でのディーラーは一つだけですから当然、修理の1007も集まってきます。

奥様と一緒に、ディーラーへ。無事?に、Peugeot1007 が納車されました。「無事に?」とは・・・。

代車として乗る期間は限られているので、早速かる〜くドライブなんか C2 と比べると、おもーーーーい感じ

プジョー初の4ケタ車名となった、「1007」。最大の特長は、両側スライドドア。と言っても、スライドドア2枚だけなのだ!

愛車1007の点検と日本デビューした308を拝見する為、PEUGEOT 世田谷に訪問。

ディーラーの方によると、1007はもうすぐ輸入を終了するとのこと。純粋フレンチが貴重となってきた!

なんとなく人目ぼれしたプジョーのこの車・・・プジョー1007って言うのですって

両面スライドドアと2トロニックの組み合わせで個性的なモデルであるプジョー1007の日本向けの生産停止によって国内在庫限りで日本での販売も終了となります。

プジョーからハガキが届きましたヽ(´ー`)ノ何だろと思って開けてみたら『リコールのお知らせ』_| ̄|○

私の愛車、プジョー1007にリコールがありました。こんなの、私の人生の中でも初めてのことです。それでも、事故に至らずにすんで、良かったです。

おせじにも、収納スペースがタップリとは言えない1007ですが・・・床下収納場所もあるのですね!運転席&助手席の後ろ側のリッド(蓋)を開けると・・・

愛車(プジョー1007)に乗って朝お出かけするときに…エンジンがかからずディーラーに電話して様子を見に来てもらったところ…

まずは、シートからです。CITROEN C2 の堅いシートに慣れていると、タッチは柔らかいが芯のあるソファーのようなかけ心地は新鮮です。

プジョー1007を去年の十月に再購入して早、一万キロ走りました。

1007って車初めて見たがなかなか面白い車、両側電動スライドドア。大きさは日産マーチくらい、それなのにいかにもプジョー!ってスタイルを強調している。

珍しい形のクルマを見つけたので写真を撮り後で調べたら「プジョー1007」でした。両面スライドドアの四人乗りらしいです。

一年点検の際不具合の見つかったシトロエンC6とは暫しのお別れとの事。そこで登場した代車は、綺麗な黄色のプジョー1007。

今日はプジョー仙台泉店へ1007を6ヶ月点検と、左スライドドアの不具合を診てもらう為に行ってきました。

カテゴリ:プジョー|テーマ:プジョー(PEUGEOT)1007|更新日時:2017-09-11 17:09:16

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>