この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-05-26 11:05:58

「CITROEN C4:シトロエン」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

仏シトロエンは、新型C4をモスクワショーに出展すると発表した。

お車はシトロエン・C4(5ドアセダン)です。一応、車名は変わってしまったものの僕のクサラの後継車です。自分の車と比べても、ずいぶんと美しいデザイン

愛車!というよりもスペインでリースしている車がシトロエンのC4 Picasso(ピカソ)です

お手入れが大変といえば、このシトロエンC4クーペって・・・ リアハッチのところに溜まった水がなかなか切れないです。。。リアハッチを開けるたびに水がポタポタ

フロント周りのデザインが変更になりましたね。PSAとBMWで共同開発した1.6ターボエンジンが搭載されるようです。

シトロエンC4のクーペです。以前 2.0VTSの右ハン5MTの購入を真剣に考えた時がありました。

相変わらず街乗りがほとんどで、距離の伸びないC4だが、サスペンションにあたりがついてきたのか、乗り心地がよくなってきた。

他のシトロエンよりも大人しいフロントマスクをしていますが、C4ピカソにはもっと注目すべき点があります☆

C4クーペについて少しご紹介させていただきます。逆方向に切れ込んだリアウインドウが特徴的な、一目見てそれとわかる個性的なスタイル。

いい機会なので、以前から気になりつつも見たことがなかったC4ピカソをじっくり見学。ふむふむなかなかいいクルマですなぁ〜。

先日、カタログを貰ってきました「シトロエンC4ピカソ」の試乗に行ってきました。

『シトロエンC4 ピカソ』パッと見デカイ。(室内で見た為です)形は・・・今時のミニバンっていうんでしょうか。

…そう!! 私とヨッチャンがホントに欲しかった車と、タイミングよく出会うことができたんです!!シトロエン C4 ピカソ〜!!

今回はコレ。CITROEN C4 2.0EX(マイナーチェンジ前モデル)CITROENはセレブっぽいイメージがあって、どこか一般人を寄せ付けにくい敷居の高いクルマかなぁ

今季も,王者セバスチャン・ローブが赤いC4 WRCをドライブします。同じくWRCを戦うSX4の先を行くクルマです。

しかもこのクルマ、ハンドルまわしても、真ん中(普通クラクションスイッチがある部分)が回らないなどなど、びっくりがいっぱいのクルマです。

シトロエンC4です!姉夫婦が購入しました。またまた誰も乗ってない車を買いましたね・・・私の欧州車購入計画に拍車をかけましたね・・・

そうそう。通勤車両が変わりました。って色だけですけど。車種はシトロエン C4。以前は黒だったのですが、今日からは銀?です。

シトロエン C4ピカソこの車の「ミニバンにしてはちょっと小さめな所」と「ギミックがいっぱいな所」が大変気に入っています。

寄らないわけにはいかないでしょう〜と言うわけでCITROEN C4 PICASSOの実車に触りたくてシトロエン宇都宮に行ってきた

評価点がすべて「5」というのも何ですが、無理にマイナス点をあら探しすることもない。高得点を連ねるだけの実力はある。

WRCで、一番好きな『セバスチャン・ローブ選手』仕様の車が出ました。かなりかっこいいです。赤というボディカラーも最高ですね。

CITROEN C4 カラーはグリアルミニウムか。 5ドアーで5人定員。リアシートのリアスペースもまずまず。リアハッチのラゲッヂスペースも十分!

気づかなかったぁ〜シトロエン C4ッ!!C4にはフットレストがなっかったんですか?

肝心のC4ですが、フランス車の凄みを改めて味わいました。特に真価は高速で発揮されました。

家から片道50kmの距離にある、ららぽーとTOKYO-BAY。中長距離しか、最近C4の出番がありません。

エアコン吹き出し口ダッシボード上の左右、中央2箇所、インパネの左右、中央2カ所、運転席・助手席・2列目座席足元の合計12箇所

シトロエンの条件を聞きに再度ディーラへ。まずは新型エンジンのC4の試乗車に乗る。

本日、シトロエン沼津に行き、我がC4のリアワイパーの勝手な動きを見てもらった。どうやら、ハーネスに問題があるらしいということになり

愛車「シトロエンC4」のエンジンオイル交換へとディーラーへと行って来ました!!現在の走行距離が6,500繊漸燭量簑蠅發覆快調〜快適そのものなのですが・・・

先日、愛車のシトロエンC4の後輪サスペンションを見てみたら、なぜか今まで見たことのない銀色のパイプが見える!

国産車に比べると乗りにくいけど値段もお手頃で街で同じ車に出会うことがないので個性を求める人にはぴったりの車です。

本日、待ちに待った「シトロエンC4ピカソ・1stアニバーサリーエディション」が納車されました。。遠く福井県からやってきました。。

まず最初に目に飛び込むのがこの圧倒的なフロントグラス!縦140cm、横最大142cmもある巨大なフロントグラスです。

No.15 シトロエンC4 VTSノワール(黒)のC4VTS。2ドアーの精悍なスタイルがやる気にさせてくれます。

前回から話は飛んでしまいますが、今回はシトロエンのC4という車について書きたいと思います。

先日見たシトロエンC4は白だったのだが、こういったヨーロピアンコンパクトは、あえて白でサラッと乗るのがお洒落だと思う。

ねえねえ、C4のウインカーやハザードの音がしないんだけど〜。それと、オーディオスイッチ入れるといつもおんなじ曲のおんなじところから始まるんだけど。

大好きな愛車C4についてのせたいと思います。本当のところ私は、プルリエルが欲しかったんですが、かわいすぎるということでC4になりました。

乗ってみて驚いた。運転席からの視界の広がりは、まさにパノラマ・ビューである。その圧倒的な開放感は、私がほかのどのクルマでも味わったことのないモノであった

C4はこれまでに所有していたC2とは、全く違った乗り味で足回りやシートの座り心地はゆったりとしており街中でもしなやかな走りでさすがシトロエンと思ってしまう具合

日本に32台しか生息していないC4です。 ベースは、C4 2.0VTSである。 ボディカラーは、シトロエン・スポールのオフィシャルカラー「ルージュ アーデン」

カテゴリ:シトロエン|テーマ:CITROEN C4:シトロエン|更新日時:2017-06-27 00:06:19

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>