この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-03-22 10:03:44

「レンジローバー:ランドローバー」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

この威風堂々としていますが、なんだか古典的なこの箱型のスタイルが好きで、最近のクルマに多い丸い感じがいっさい感じられないところに好感が持てます

JLRJから拝借しているスーパーチャージャー510馬力!!JAGUAR XK5.0L convertibleでも体感しましたが

その点ではやはり私はレンジローバーが好きだ。もっと欲張って言えばあくまで初代が好きだ。

 先日受け取ったクロームメッキのエンブレムを前後ともに貼り換えました。 元々付いているモノをノリ剥がしを使いながら丁寧に剥がし、

以前に注文しておいて、本日夜に受け取ったのがこのメッキのレタリング。エンブレムって言った方がいいのかな・・・。

フレッシュエアインテーク(プレナムエアインテーク)のプレフィルター、こんな感じになっていました。

 さて、早速届いたカバーとOリングをハンドセットに。 ワタシのレンジはちゃんとハンドセットが2つと予備キーが1つ付いていました。

どうせならと、リアハッチも開閉にしちゃいます。 上部のウィンドウ部分をカットしました。

2ndレンジローバーはキー操作をしてもアンサーバックをしません。もともとは音とハザードでアンサーバックするそうな。

今年5月、3rdレンジローバーのフロントドライブシャフトに関するリコールが発表された。写真は、その対策が施された部分

ワタシのレンジローバーにははじめから黒いウレタンのオーバーフェンダーがついていました。正式にはホイールアーチプロテクターといい、

18日にレンジ君が工場から戻ってきました。結局、カップリングファンの交換、フロントドライブシャフト交換でした

んん・・・ 嫁に渡ったレンジの天上が垂れてきた。これは欧州車には良くあることなのだが、家のにもついにきた。

本日は仕事で移動して、待ち時間があって、って繰り返し。なもんで暇な時間にシートクリーニング (^^;

いつ寝てるか・・・寝てません (^^;だって、レンジが待ってるんですモン (^^;で、朝っぱらから駐車場へ。昨日出がけに届いたドアバイザーを取り付けに (^^;

目の前に見知らぬ扉が?もとい、見知らぬ車が。 あわてて、カメラ取り出し、撮影するも時間がないため、リアだけ、、、、、。

個人的にはヴォーグの4.4V8が好みですね、加給機はいらない。ショールームでじっくり見る機会があったのですが、なかなか気に入ってしまいました。

 さて、スピーカーも揃ったので作業開始。 まずは自宅内でスピーカー用のバッフルボードをベニヤ板で作成。電動ノコなどないので糸鋸で手動でシコシコ作ります (^^; 

クラシックレンジローバーの300Tdi・マニュアルミッション、英国直輸入車輌です。私が知る限りでも日本国内には5本指で数えて余るほどコアな車輌です。

完全受注生産のモンスター「レンジローバースポーツスーパーチャージド」!何でも某モーターショーに出展のためにやって来た車で、東京へ戻る前に寄ったらしい。

つっ、ついにカメラ&モニターシステムが開発されて装着されたようである!キノコがとれたフロントマスク。

12万キロ 達成!! と喜んでいられない。メンテナンスノートを開くと、定期交換すべき項目表がある。

“砂漠のロールスロイス”という別名を持つだけあって内装のしつらえなど高級感は抜群です。

レイブリックにも1996年モデルの2ndレンジローバーのデモカーがある。社内では、「ボナティー」あるいは「ボナティー号」と呼ばれている。

下グレードのHSEとの違いは、概観においては然程ありませんが内装の違いが歴然 流石は上級SUVレンジローバーのフラッグシップモデルです

外装は特に変わりはないのですが、走行性能、内装に変化が・・エンジンは、イートン製スーパーチャージャー装着で最大出力510ps 最大トルク63.8kgm なるパワー

ボスのレンジローバー新しくなってた(昨日来たらしい)ボディでか内装ヤバイよめっちゃオシャレやんっ

昨日のウィンドウレギュレーター交換とスピーカー加工で、いよいよ車体の配線を引き直し、スピーカーをすべて交換していきます。

2010年モデルのレンジローバースポーツは、心臓部ともいえるエンジンが、4.2リッターV8から5.0リッター直噴V8に換装されます

セカンドレンジが3rdレンジに変わった時も衝撃的だった気がするけど、次はどう変わるんだろう・・・と思っていた矢先・・・

レンジローバーの4.6HSEというのなんですが、2月下旬の長野への旅行の帰り道から本格的におかしくなっちゃったんです。

レンジローバーです。実際に試乗した事はないですが、モーターショーなどでは必ず乗るようにしています。

クラシック・レンジローバーの標準タイヤサイズは205R16。現在は、この表記のサイズはどのメーカーさんからも発売されていない

昨日ついに車が壊れましたーー以前からサスペンションの調子が悪かった、うちの愛車レンジローバーくん

デモカーの2ndレンジローバーのエアサスペンションがエラーを表示した。テスターで調べたところ、左フロントのハイトセンサーからの数値が正常ではない。

私のレンジローバーが11年を経過し、110,000Kを超えても好調なのは日々使っているからに他ならない。

レンジローバー乗りたいな〜って思ってるんですよ。3年ぐらいずっと。で、何気にインターネットで検索してたら、箕面の八光にて掘り出しモノをはっけ〜ん

ランドローバー レンジローバー 2000年式 4.0Sです。なかなか通好みの布張りシート。

今日、会社へ出勤し暫くしてエンジンをかけようとしたらレンジのバッテリーが上がってました(T_T)

クラシックレンジローバーに手を出してしまいました。この前まで載っていたディスカバリー気らの乗り換えです。

レンジローバー純正カメラシステムです。  最終型です。もうすぐ新型に変わってしまいます。  そして、この純正のカメラシステムの取り付けも最後でしょう。

約10日間、仕事で往復100キロ超えの走行をして、無事5万キロの走行距離に達したレンジ君。今日オイル交換してあげました。

不要となったサイドウインカーサイドウインカーは、ただの飾りとなってしまった。さて、どうしようか??と思案。。。

質実剛健な風情が好きだった。LEDチカチカはどうよ。内装はオフロード色が抜けてラクシュアリーに振られた。

先週、自称 “王室のお車・レンジローバー” が、短期入院をしました。  入院目的は、初回3ヶ月点検です。

で、レンジローバーはジャガーに近い気がします。それは、乗り心地、いろんなタッチや運転している時の感覚ですね。良い悪いは別として、好みの問題だと思います。

乗鞍からの帰りに、エアコンのブックマークが点灯。温度を Hi にしたら助手席側から冷たい空気が出る感じ。

レンジローバースポーツとは、全くの別物でした。背が高い分見晴らしがよく、もちろん見切りもいい。なんといっても内装が、高級で乗り心地が静かでした。

ラジエータキャプを外してミネラルウォーターを飲み込ませる。ケッコー入るなーと2本目を入れたらジャーと漏れてるやん。冷却水のプレッシャタンクに亀裂が・・・。

外観はキノコミラーがとれてかっこよさ度があがってます内装もゴージャス感がアップしましたパワーもアップしてスーパーチャージドは375kw(510ps)/625Nm

かねてからの問題、我がクラシックレンジローバー(通称電子レンジ)のラジエター交換が終了した。

『レンジローバー』プラド購入を検討していたときから、そう、かれこれ2年前から乗りたい乗りたいとずーーーと思いあこがれていた車。

ダッシュボードが劣化で変形し、フロントガラスとの境目がみっともなくなった。

暖房はエンジンが温まらないと効きませんが、レンジのシートヒーターは1分もすればシートがほんのりと暖かくなってくるので寒い朝の出勤時にはこれが重宝します。

カテゴリ:ランドローバー|テーマ:レンジローバー:ランドローバー|更新日時:2017-03-22 12:03:12

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>