この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-07-16 13:07:38

「フィアット」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

いよいよミニと同じく、フルモデルチェンジした新型500が国内販売です。中身はパンダと同じようなもんです。

かわいいっすよねこの 『フィアット500』 1240ccの直列4気筒 SOHC8バルブエンジン(69馬力)

第78回ジュネーブモーターショー2008で発表されるフィアット500アバルト。newフィアット500とチューナー、アバルト(サソリ)の融合。

こちらはベーシックグレードだそうです。ルーフがガラスでは無く装備も簡略化されています。

こうした話しは、私が理由にならない理由を付けて始まるのケースが多いのですが、今回ばかりは違います。何の話しかと言えば、奥さんが FIAT 500 を見たいと言う話です。

新型フィアット500が店頭に並んでました。やっぱりかわいいです。購入者には分厚いカタログがもらえるようで、ちらっと見せてもらいました。

今日見てきたFIAT500を紹介。いや〜、実物はかなり良かったです。NEWミニほど大きくなくって、個人的にはかなり好印象♪♪♪

ルパン影響が強かった?アバルトの影響が強かった?いいよねぇ。小さいし、カワイイし。三角窓がイイ!!

こちらは、可愛らしいフィアット500ですね。^^京都の街中では、まだ1台も見た事ないです。

「参考出品」というカタチで展示されていたのは、本国版500の6MT仕様。もちろん左ハンドルです。

2008年3月15日発売され見ただけで、ほしくなるクルマ。イタリア発のフィアット 500!!

フィアットパンダ1100です。後のエンブレムにはfireと入っていますが、ファイアーエンジンとかはここから来てるのでしょうか?

FIAT 500は北米にも進出していました。その名も、FIAT 500 America。

ホイールの隙間から覗く赤いブレーキキャリパーが、なかなかいい雰囲気。でも、アバルト仕様ならもっと良かったのにね

Fiat500に限って書く気になるのは妙ではある。その妙なトコロが、新生Fiat500の特徴・特性なのかも知れない。

きのう、ようやく納車されました。都内では注目度が高いです。

フィアット500に200万円を切るエントリーモデルが登場しました。 モデル名はFIAT500 1.2 8V ポップ です。価格は195万円。

カテゴリ:フィアット|テーマ:★フィアット(未分類)|更新日時:2017-07-28 15:07:53

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>