この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-07-09 12:07:10

「バルケッタ:フィアット」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

バルケッタ!そんな言葉がぴったりの車でした。アクセルを踏みむとリヤを少し沈ませフロントを持ち上げて加速していく様は高級モーターボートです。

バルケッタをとうとう手放した。 2004年六月に購入したので、約5年間所有したことになるが、このクルマから本当に色々な感動をもらった。

NOVITECのローダウン・スプリング交換後のレポです。結果から言いますと、成功!(^^)コージ的には大変満足しています。

ミラノで見かけた路駐していたシルバーのバルケッタ。本国でもマツダロードスターより台数が少ないですね。

やはり当時多かった、カロッテェリア系の制作物であるらしくこれもピニンファリーナでボディ部分を制作されたものらしいとのお噂。

バルケッタを放置、いやいや、置いてもらっている嫁さんの実家から、屋根と壁の補修工事をする為の足場を組む関係

フィアット バルケッタ一度だけ車検で入庫して来ました。これまたなかなか面白かった!!

バルケッタのブレーキパッドを交換しました♪ 前のオーナーさんがDIXCELのダストが少ないパッドに交換してたから 納車当時はラッキー♪

この車が珍しく某自動車雑誌に取り上げられてた。読んでみたら・・・。「チープさの中にある個性」

本日 愛車バルケッタのテールランプをLEDに チェンジ(^_^)v バルケッタはテールランプが小さく 光が 弱いので 気になってましたが

狭いのよ(ρ_;)当然 ゴルフバックはNG ホンダS2000は ゴルフバック 収納できるみたいです 羨ましい

一度は憧れたことがあると思います・・そうオープンカーです☆それもお洒落なイタリアンオープン!!『小舟』という意味のバルケッタ。

その名は「バルケッタ」。意味は「小舟」だそうですが水陸両用車両ではありません。私の中でこれほどソソられるボディをした車はポルシェ以外にないですね。

自分もこの車の「ヒョコヒョコ」動く感じがあまり好みでないと言うか、乗ってて落ち着かなくてちょっと苦手です。

かわいいようなかっこいいような微妙なイタリアンデザインであったが乗って楽しい車であった。

愛車のフィアットバルケッタバルケッタって小舟って意味だって←×←〇総距離がご覧の通り

その代わりにやって来たのが、FIAT バルケッタ♪念願の左ハンドルのミッション車。そして、オープンカーである。

車名の由来は、イタリア語で「小舟」を意味するバルケッタ(Barchetta)である。ライトウェイトスポーツカーの典型的な車の1つとして評判が高い。

本日「バルケッタ」が来ました!!!パンダとのフィアット2台体制でおバカまっしぐらです。かわいらしいフロントマスク。

本日はお日柄もよく、F50様のルーフを外してバルケッタに変身です。と言っても、そう簡単には変身しません。

何度みても溜息がでる、ボディデザイン。小さくて赤い流線型をした車は、まさに地をはいながら走る「バルケッタ」(小船)

ワタシはあるクルマに恋をしておりました。 それは、このクルマ。フィアット・バルケッタ名車ユーノス・ロードスターのフィアット版。

私の父から 半強制的に譲り受けたフィアット バルケッタ。乗り始めて 1週間です。小さいので チョコチョコ動くには重宝してます。

3月も寒い日が続いたので、今日、今年初めてバルケッタの幌を開けました。

最初に悲しい出来事がありました。愛車バルケッタが、13,3500kmの(長いか短いかは判りませんが・・・)生涯を終えました

驚きですが、バルケッタはタイヤ・チェーン装着不可!のクルマです。

見て見てこれ----@僕ん家のオープンcar←しかも!!! なんと・・・!?左ハンドルですよwついでに、マニュアル@

FIATのBarchetta (フィアット バルケッタ) っていうイタリアのオープンカーです♪運転が下手なナノミニには小さくて運転しやすいし、何よりもとっても楽しい車なの

イタリアのフィアットという自動車会社の、バルケッタという車に乗ってます。 初期のマツダ・ロードスターに対抗するために出た車なので、思いのほか小さいです

日曜日 朝 突然 クラッチが やられちゃいました(ToT) ギアが どこにも 入らない 頭の中は¥に羽根はえて 飛んでいる(*_*)

バルケッタが車検から帰ってきました前回の交換から45,000kmくらい走ってるので、タイミングベルトを交換。

現在の愛車「フィアット バルケッタ」イエロー今がオープンにするのに最高のシーズンなんですが〜週末はドライブしよ!

今回栃木往復の総燃費は16.5km/Lであった。高速9割り(途中の渋滞を含む)、一般道1割の行程であり、高速道路ではメーター読みで大体100km/hを維持した。

で、バルケッタに決定です!!とりあえずは秋のフリマまで乗ってそん時に目玉でフリマ商品にするも良し、スタッドレスもついてるので越冬するも良し。

メンテは続くよどこまでも。次から次へと世話を焼かせてくれる、かわいいバルケッタ。

そうだ!フィアット・バルケッタ!お化けのQ太郎の弟みたいな名前ですが、なかなか伊達なイタリアンオープンです

今年の3月くらいにサヨナラしたバルケッタです私の前のオーナーさんが付け替えた黒いホイールとちょっといかついマフラーに

しかも“シフト”で“左ハンドル”!憧れのFIATバルケッタ。車雑誌で見てひとめ惚れ。しかしATも右Hもない車種。MTなんてかれこれ25年も前に自練で乗ったきり。

車検に出した 愛車バルケッタ 97年式 今年 大修理を 2月に いたしましたが やはり まだまだ 修理個所が 多く 足まわりは ドライブシャフト ブーツ

バルケッタの魅力は、スタイリングやオープンカーであることのみならず、とても良くできたライトウエイト・スポーツカーだってことです

カテゴリ:フィアット|テーマ:バルケッタ:フィアット|更新日時:2017-07-23 17:07:04

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>