この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-05-16 03:05:42

「プント:フィアット」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

このクルマって何かに似ているんですよね〜 マセラッティ違うな〜 でもとっても上品な感じがして好感が持てます。

新車が決定いたしましたヽ(´▽`)/新車の名前は〜フィアットの『グランデ プント』

女房の愛車、フィアット・プント・セレクタで・・・おいしくておなかいっぱい!大満足で帰ろうとしたところ・・・キーをひねっても、ウンともスンとも言わない

今度はプント。こいつは500に比べるとちょっと玄人受けしそうな雰囲気。でも、雰囲気はよう出てる。

友達の車だけど、「日本には未だ2台しか輸入されていないんだって」と言って妻が携帯で撮った写真を見せてくれた。

私のプントのシートはスポーツシートです。腿の部分のサイドサポートが高くなっています。

フロントの処理が・・・。悪い方向に進んでしまったか・・・。

今日は好きな車でも乗っけてみる。フィアットのグランデプントちゃん。フロントのデザインがとてもいいと思う。

乗ってみたら、とっても乗りやすい。まるで自分の車みたい。パンダとはちょっと違う。気に入っちゃった♪

不人気で地味なプント。「イマドキ黒バンパーかよ!」って言われそうです。

私の愛車はFIATのPUNTO SPORTING ABARTH、通称スポアバなんですが、実は調子が良くない。

ムルと同じ場所にムルと同じ色のプントが「おとーさん、ムルはプントがあるよ」「ムルは入院、検査だよ」

ボイジャーネタはお休みで、同じ時期に購入したレッドのプント君お初のイタ車でイタ車は右も左もわからぬまま購入

プントに乗り換えて3ヶ月、気がつきゃこんな道ばっかり選んで走っています。(高速にも乗らず)

この車のデザインの妙は そのリヤビュー大胆なまでにエッジを利かせたトランクとリヤテールランプ...粋です

フィアット*プント*ELXスピードギア*カリプソオレンジ

そのクルマとは、FIAT Grande Punto 1.4 Dualogic Giga(クロスオーバーブラック)です。って、はい、またプントです。二代目プンちゃんとなりました。

あのカレーパンマン、いやいや、グランデプントのマイチェンモデルですー。今回のマイチェンでは、エンジン性能、環境性能に特に力を注いだらしく

僕の相棒はフィアット・プント(前期型)ですが、ラテンカーながら、比較的に質素なデザインはロゴに通ずるところがあると感じております。

フィアット(Fiat)のプント(Punto, 188a1)に乗っています。グレードは HGT Abarthという、1.75リッター DOHCエンジン搭載モデルです。

フィガロを購入したので、手放そうと思っているフィアット・プント・カブリオレです。

先週末、我がプントが3回目(内自身2回)の車検を終え早速ディーラーに引き取りに向かった。

電動オープンが良かったですね〜カラーリングもイタリアンでよろし。チョット深めの黄色にホロが紺ですよ!ジャパニーズには発想外でしょう?!

9月15日開幕のフランクフルトモーターショーで正式に発表される予定のグランデプントのマイナーチェンジ版。名前も変更になって、"プント エボ"に。

新しい仲間 プント君がきてくれましたぁとうちゃんがしょう君の学校まで行けたらいい ってことで・・・ちっちゃい プント君にきてもらいました

ってことで、プント・アバルトを見に、南千束まで出かけてみました。

夜昼トンネルを抜けての八幡浜への道中では今まであまり経験しなかったグラプンの「ネコ足ぶり」を堪能しました。

名前はFIAT PUNTO HLX Speedgear  ・・・ プン太と命名1240ccのDOHC4気筒16バルブエンジンの5ドアハッチバック、5人乗り色はカプリソ・オレンジ

マセラティ顔がウケたのか本国ではバカ売れらしい確かにいい顔してるもんな〜スゲぇ欲しいんだよね、この車

で、これ。イタリア車で、FIAT (フィアット) の、Punto (プント) って言ぃます。イタリアの大衆車って感じッス!!

プントを購入してから来月で5年。細かい傷が目立ってきたのと鉄粉が気になってきたので、プントへの日頃の感謝の意も込めて磨き&コーティングに出しました。

フィアット・プント』 一応 イタリア車なんですが、流石、20万円車検つきで購入できただけあって作りは大雑把で、結構いい加減(爆)

今日もフィアット車。お馴染み、「プント」です。写真の車両は、1999年から2005年に販売された、2代目モデルの後期型となります(2003年12月〜)。

プントにリコールが実施されます。内容は「デフロスタの配線の取り回しが不適切なため、金属部分と接触して最悪の場合デフロスタが作動しなくなる」というものです。

日常の生活に、いつもと違った軽快な風を感じることの出来るクルマはいかがでしょうか?イタリア生まれ、FIAT PUNT(1300)

じゃじゃぁーん、FIATのプントっていうニクイやつです。むはぁー、ええやん生まれて初めて新車買ったし

プントの高速道路試乗は期待以上でした。1.2リッター80馬力ってスペックじゃ、さも、うるさかろう、加速も、じれったかろう、きっと、ボディも悲鳴を・・・

相変わらずプントは調子良く走っています。 手に入れてから、オイルは3000卷茲砲っちり交換、添加剤までいれる溺愛ぶり(笑)でプンプン走ってきました。

正解は「プントが変な色に!!」です。昨年11月に妻の運転中にプントがつっこまれて、全損になりました。そこでまたプントに買い替えました。

もらった当初は10年ぶりくらいのMT車に戸惑ったもんだが今では楽しくってしょうがない。

私、フィアットプントに乗っております。はい・・・。中々街で走っているのを見ないため、地味ですが目立ちます。(どっちだ!!)

プジョー206、ルノールーテシアを見に行ったり、試乗した結果最後に見に行ったフィアット・プントをいたく気に入って試乗して即決!!

ついに、遂に、キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!フィアット プント HLXスピードギア。

車検の見積もりが出ました今回は、タイミングベルト・ウォーターポンプなどの消耗品に加えタイヤとボディがあたっていたので、板金も一緒にお願いしました

プントは昔から好きな車で一度は乗りたいと思っていましたので、今回代車として借りることが出来きたのは幸運でした。乗ってみて驚いたのはシートの出来の良さです

カテゴリ:フィアット|テーマ:プント:フィアット|更新日時:2017-05-17 20:05:32

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>